マットレスを選ぶ

【口コミ付】サータ(Serta)マットレスの種類と選び方!腰痛効果はある?

サータのサムネイル完成版

アメリカに人気マットレスブランド3Sの1つ「サータ(Serta)」。サータは全米売上No.1のマットレスです。アメリカだけでなく日本でも一流ホテルで採用されていて、その寝心地からついつい感動のツイートをしてしまうほど。日本でも耐久性が高い、寝心地が良いという評判が多くあります。

このページでは、サータ(Serta)が選ばえる理由と、口コミ評判、こんな人におすすめ、というのを紹介していきます。高級なマットレスだからこそ、失敗しないように購入前にサータについて深く研究していきましょう。

サータマットレスが選ばれる理由

サータのマットレスの基本情報としては、ポケットコイルで、価格は数十万円する高級なベッドマットレスです。

特徴
種類 ポケットコイル
使い方 ベッドマットレス
値段 12~35万
厚さ 30~40cm
製造元 テンピュール・シーリー・インターナショナル

より具体的に、サータの寝心地を良くする技術と工夫を見てみましょう。

①体圧分散が高い

体圧分散とは、横になったときの体の局所的な圧力を、体全身に分散させる性能のことです。体圧分散が高いことで、腰や肩への負担が軽減し、腰痛や肩こりの軽減に貢献します。

サータのベッド・マットレスでは、「コイルの配列」と「ゾーニング」によって、体圧分散を高めています。

コイルの配列
並行配列
並行配列
交互配列
交互配列
コイルの配列方法によって、敷き詰められるコイルの数が変わり、硬さも変わります。
ゾーニング
3ゾーン
3ゾーン ポケットコイル 並行配列
5ゾーン
5ゾーン ポケットコイル 超高集積・並行配列
体の部位によっても重さが異なります。腰が一番重いので、腰の部分を硬めのコイルにすることで、寝姿勢を綺麗にし、耐圧を分散させます。

②コイルの耐久性が高い

サータのベッドマットレスでは、JIS規格で最高級の耐久性のある「SWRH82B C種」の線材をポケットコイルに使用。

  • SWRH:硬鋼線
  • 82:反発力(値が大きいほど良い)
  • B:耐久性(A<B)
  • C種:強度(A<B<C)

世界の一流ホテルが認めるアメリカのマットレスブランド3Sで比較してみても、サータマットレスの耐久性の高さがわかります。

サータ SWRH82B C種
シーリー SWRH72B C種
シモンズ SWRH82A C種

③フィット感を生み出す詰め物形状

ピローソフトタイプ

高級なベッドマットレスでは、スプリング部分と人の体との間に、詰め物をしきつめて、スプリングよりも細かなふんわり感を生み出します。サータのマットレスの場合、詰め物の形状にこだわり、体にフィットする低反発素材が敷き詰められています。

下の画像のように、スプリングで体をしっかり支えられた上で、詰め物によって体の凹凸に入り込み、包まれるような寝心地をつくります。

サータのマットレスの体圧分散

\ポイントが付いてお得!/
公式ページ

サータの口コミ評判

サータのマットレスは高級なホテルだけでなく、一般家庭にも広がっていて、評価の高いクチコミが数多く寄せられています。以下ではその口コミをまとめてみました。

①腰痛や肩こりが良くなった

サータのような高級なマットレスを購入する人の多くが、睡眠に悩みを持つ方。中でも腰痛や肩こりといった悩みが解消された、軽減されたという口コミがあります。

②寝心地が良いという口コミ

睡眠の悩みだけでなく、純粋に体をしっかり支えてくれて寝心地が良いという評判も数多くあります。

\ポイントが付いてお得!/
公式ページ

サータの種類と選び方

サータのベッドマットレスには大きく次の6つのシリーズがあります。

サータのおすすめは、一番のスタンダードモデル「ポスチャー」、ちょっと予算に余裕があれば「iSeries」、高級で柔らかい寝心地なのが「スーペリアデイ」です。

シリーズ 特徴
iSeries
iSeries(アイ・シリーズ)
硬すぎず柔らかすぎない寝心地をお好みの方におすすめ。「ジェルメモリーフォーム」という低反発を詰め物に使用して、寝心地と体圧分散を向上。
iSeries HYBRID
iSeries HYBRID(アイ・シリーズ ハイブリッド)
より柔らかめの寝心地をお好みの方におすすめ。ジェルメモリーフォームにチタンの粒子を加えた「EFTジェルメモリーフォーム」を詰め物に採用。 
ポスチャーセレクト
ポスチャーセレクトシリーズ
しっかりめの寝心地をお好みの方におすすめ。絶妙な寝心地の違いをラインアップしているため、拘りのある方でもお好みの寝心地に出会えます。
ポスチャー
ポスチャーシリーズ
しっかりめの寝心地をお好みの方におすすめ。サータジャパンのラインアップのなかで最もロングランの人気スタンダードシリーズです。
スーペリアデイ
スーペリアデイシリーズ
より柔らかめの寝心地をお好みの方におすすめです。サータマットレスの技術が集約されたフラグシップモデルです。
MOTION PERFECT
MOTION PERFECT
サータリクライニングベッド(モーションパーフェクト)用のマットレスです。

各シリーズではさらに、コイルの種類と配置、詰め物によって寝心地が変わります。寝心地の違いを生み出す構成要素と特徴を一覧でまとめました。面倒な方は次の表は読み飛ばしてしまって大丈夫です。

コイル形状
9インチ樽型
9インチ樽型コイル
硬め
6.8インチ樽型
6.8インチ樽型コイル
やや硬め
5.8インチ樽型
5.8インチ樽型コイル
やや柔らかめ
7.7インチ円筒形
7.7インチ円筒形コイル
柔らかめ
コイル配列
並行配列
並行配列
柔らかめ
交互配列
交互配列
硬め
平行配列よりもコイル数が多くなって、しっかりと支えます。
ゾーニング
ゾーニングは、硬さの違うコイルの配置の種類です。3ゾーンなら腰部と両端を硬めのコイル、5ゾーンなら腰部とマットレス周りを硬めのコイルにしています。腰部を硬くすることで腰のサポートを強め寝姿勢を綺麗にし、マットレス周りを硬くすることで寝返りの落下防止や、ベッドから起き上がりやすくなります。
3ゾーン
3ゾーン ポケットコイル 並行配列
柔らかめ
5ゾーン
5ゾーン ポケットコイル 超高集積・並行配列
硬め
詰め物形状
ノーマル
ノーマルタイプ
一般的な形状
BOXトップ
ボックストップタイプ
表面のテンション(引っ張り)を緩和
ソフトトップ
ピローソフトタイプ
ソフト感をプラス
立体ソフト
立体ピローソフト
よりソフト感とフィット感をプラス

 

各シリーズの全てのサータのベッドマットレス一覧が次のようになります。微妙な違いが気になった方は、さきほどのサータマットレス構成要素の表を見ながら、比べてみてください。

iSeries(アイ・シリーズ)【コスパで選ぶなら】

サータiseriesバナー

サータのiSeries(アイ・シリーズ)は、硬すぎず柔らかすぎない寝心地をお好みの方におすすめ。

「ジェルメモリーフォーム」という低反発を詰め物に使用して、寝心地と体圧分散を向上。低反発フォームのメリットは残しながら、デメリットの通気性と復元力を改善した先進的なフォームです。

種類
構造・機能 コイル配列・形状 キルト・詰め物
ノーマルBOXトップ
iSeriesノーマルBOXトップ167,400円

←ハード ソフト→
□□□■□□□
3ゾーン
交互配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
BOXトップ
表:11層 裏:9層
ジェルメモリーフォーム使用
ファームピローソフトiSeries ファームピローソフト 253,800円 ←ハード ソフト→
□□□□■□□
5ゾーン
交互配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
ソフト2トップ
表:14層・裏:14層
ジェルメモリーフォーム使用
210,600円 ←ハード ソフト→
□□□□■□□
5ゾーン
交互配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
ソフト1トップ
表:14層・裏:9層
ジェルメモリーフォーム使用
スイートピローソフトiSeries スイートピローソフト 253,800円 ←ハード ソフト→
□□□□□■□
3ゾーン
並行配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
ソフト2トップ
表15層・裏:15層
ジェルメモリーフォーム使用
210,600円 ←ハード ソフト→
□□□□□
■□
3ゾーン
並行配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
ソフト1トップ
15層・裏:9層
ジェルメモリーフォーム使用

 

iSeries ハイブリッド【柔らかめ】

サータiseriesハイブリッドバナー

サータのiSeries ハイブリッドは、より柔らかめの寝心地をお好みの方におすすめ。

ジェルメモリーフォームにチタンの粒子を加えた「EFTジェルメモリーフォーム」を詰め物に採用。 より底づき感のない安定性を生み出しながらも、さらにソフトで優しい寝心地を追求しています。

「iSeries Cool素材」は接触冷感性があり、蒸れにくいウレタンマットレスです。夏場でも快適に眠ることができます。

種類
構造・機能 コイル配列・形状 キルト・詰め物
ボックストップiSeries ハイブリッド ボックストップ199,800円 ←ハード ソフト→
□□□■□□□
3ゾーン
交互配列
樽型(6.8インチ)
ジャンプキルト
BOXトップ
表:14層・裏:9層
EFTジェルメモリーフォーム
ピローソフトiSeries ハイブリッド ピローソフト232,200円 ←ハード ソフト→
□□□□■□□
3ゾーン
並行配列
樽型(6.8インチ)
ジャンプキルト
ソフト1トップ
表:18層・裏:9層
EFTジェルメモリーフォーム
クール 6.8インチiSeries ハイブリッド クール 6.8インチ170,640円 ←ハード ソフト→
□□□■□□□
3ゾーン
並行配列
樽型(6.8インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:7層・裏:7層
iSeries Cool素材
クール 9インチ
iSeries ハイブリッド クール 9インチ203,040円
←ハード ソフト→
□□□□■□□
3ゾーン
並行配列
樽型(9インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:7層・裏:7層
iSeries Cool素材

 

ポスチャーセレクト【好みの硬さを選べる】

サータポスチャーセレクトのマットレスは、しっかりめの寝心地をお好みの方におすすめ。

コイル高の違いによる反発力の差、コイル配列の違いによる支持力の差を用いて、 絶妙な寝心地の違いをラインアップしているため、拘りのある方でもお好みの寝心地に出会えます。

種類
構造・機能 コイル配列・形状 キルト・詰め物
5.8 F1Pポスチャーセレクト5.8 F1P108,000円 ←ハード ソフト→
□■□□□□□
3ゾーン
並行配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:6層・裏:6層
ハードウレタン
5.8 F1Nポスチャーセレクト5.8 F1N118,800円 ←ハード ソフト→
■□□□□□□
3ゾーン
交互配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:6層・裏:6層ノーマルトップ
ハードウレタン
6.8 F1Pポスチャーセレクト6.8 F1P118,800円 ←ハード ソフト→
□□■□□□□
3ゾーン
並行配列
樽型(6.8インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:7層・裏:7層
6.8 F1Nポスチャーセレクト6.8 F1N129,600円 ←ハード ソフト→
□□□■□□□
3ゾーン
交互配列
樽型(6.8インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:7層・裏:7層
7.7 F1Pポスチャーセレクト7.7 F1P140,400円 ←ハード ソフト→
□□□□■□□
5ゾーン超高集積
並行配列
円筒型(7.7インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:8層・裏:8層
高触感ウレタン
7.7 F1Nポスチャーセレクト7.7 F1N151,200円 ←ハード ソフト→
□□□□□■□
5ゾーン超高集積
交互配列
円筒型(7.7インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:8層・裏:8層
高触感ウレタン

 

ポスチャー【しっかりめ】

サータのポスチャーシリーズは、しっかりめの寝心地をお好みの方におすすめ。

サータジャパンのラインアップのなかで最もロングランの人気スタンダードシリーズです。サータマットレスの基礎がここに詰まっています。

「ZCウレタン」とは、表面に凹凸加工を施したプロファイル加工がされた素材です。体を点で支えるので体圧分散が高まり、空気の層をつくって通気性をよくする性能があります。

種類
構造・機能 コイル配列・形状 キルト・詰め物
ノーマルポスチャーノーマル124,200円 ←ハード ソフト→
□■□□□□□
3ゾーン
交互配列
樽型(5.8インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:9層・裏:9層
ZCハード6.8サータ ポスチャーZCハード6.8140,400円 ←ハード ソフト→
□■□□□□□
3ゾーン
交互配列
樽型(6.8インチ)
ジャンプキルト
ノーマルトップ
表:7層・裏:7層
ZCウレタン
ハードウレタン
ZCハード6.8
ボックストップサータ ポスチャーZCハード6.8ボックストップ162,000円
←ハード ソフト→
□□■□□□□
3ゾーン
並行配列
樽型(6.8インチ)
ジャンプキルト
BOXトップ
表:11層・裏:7層
ZCウレタン
ハードウレタン

 

スーペリアデイシリーズ【高級マットレス】

より柔らかめの寝心地をお好みの方におすすめです。

サータマットレスの技術が集約されたフラグシップモデルです。贅沢に仕上げた何層もの詰め物層と、超高集積のポケットコイルが、きめ細やかな触感とサポート力を生み、 一言では言い表せない、優しく上質な寝心地を実現しています。

種類
構造・機能 コイル配列・形状 キルト・詰め物
ロイヤルスーペリアデイ ロイヤル307,800円 ←ハード ソフト→
□□□□□□■
5ゾーン超高集積
並行配列
円筒型(7.7インチ)
ジャンプキルト
立体ソフト1トップ
表14層/裏7層
高触感ウレタン
ジェルメモリーフォーム
プレミアムスーペリアデイ プレミアム345,600円 ←ハード ソフト→
□□□□□■□
5ゾーン超高集積
並行配列
円筒型(7.7インチ)
ジャンプキルト
立体ソフト1トップ
表16層/裏7層
高触感ウレタン
ジェルメモリーフォームx2

 

MOTION PERFECT【電動ベッド用】

サータリクライニングベッド(モーションパーフェクト)用のマットレスです。

種類
構造・機能 コイル配列・形状 キルト・詰め物
PERFECT
102,600円
並行配列
樽型(5.8インチ)
キルトなし
表:6層・裏:5層
3ゾーンウレタン
PERFECT
ムマクウレタン
129,600円
並行配列
樽型(5.8インチ)
キルトなし
表:7層・裏:5層 
ムマクウレタン

サータ(Serta)マットレスがおすすめな人

サータの特徴や評判を見てきました。自分が購入すべきなのかまだ検討中の方に向けて、こんな人におすすめだよ、ってういのを解説していきます。

①腰痛や肩こり

体のラインにそって沈み込み、また腰の部分は硬めにしているので、体をしっかり支えて耐圧を分散してくれます。腰や肩こりへの負担が小さいので、腰痛や肩こりにお悩みの方にサータはおすすめです。

②睡眠姿勢別

睡眠時の寝姿勢には、仰向けや横向き、うつ伏せなどあります。サータのマットレスには、複数の硬さがあるので、寝姿勢でだいたいにおすすめのシリーズを分けると、次のようになります。目安にしてみてください。

寝方 おすすめの種類
仰向け ポスチャー
横向き寝 iSeries
うつぶせ寝 ポスチャー
\ポイントが付いてお得!/
公式ページ

サータ(Serta)のベッドマットレスを購入しないほうがいい人

サータの特徴や良い評判を紹介してきましたが、メリットもあればデメリットもあります。サータのデメリットは次のとおり。

  • 値段が高い
  • 寝心地を詰め物に頼りすぎている
  • お客様都合での返品は不可能
  • ローテーションしずらい

それぞれどう対処すべきかを見ていきましょう。

①15万円の予算のない方

サータは高級ホテルで採用されるほどのマットレスです。安いものでも15万円程度から、高いものだと30万円もします。予算的に厳しいという方は、5万~10万円程度のベッドマットレスをこちら「マットレスおすすめランキング」から探してみてください。

②詰め物に頼らない寝心地のマットレスをお探しの方

サータのデメリットが詰め物に寝心地を頼っている点です。確かにスプリングの耐久性は高いのですが、詰め物がへたってしまうと、詰め物による寝心地が失われることで、マットレス全体の寝心地の低下を招きます。特に詰め物は低反発素材で、比較的へたりやすい素材なので、耐久性が気になる方は、詰め物ではなくポケットコイルで寝心地をつくりだす「シーリー」や「シモンズ」を選びましょう。

③長期保証のマットレスが良い方

サータのマットレスの保証期間は2年間です。保証期間が短いと感じる方は、12年間保証のマニフレックスや、10年間保証のテンピュールを選ぶとよいでしょう。

④場合によっては返品したい方

2年間の保証といって、保証されるのは品質保証で不具合がなければサータの返品や交換はできません。マットレスは最終的に数日寝てみないと自分に合っているかわからないのが懸念点。いっそのこと、2~3ヶ月試してダメだったら返品したいという方は「返金保証の付いたマットレス一覧」を参考にしてみてください。

⑤重いものを持てない方

サータはスプリング系のマットレスなので、比較的重いです。シングルサイズでも30kg程度します。マットレスは長持ちさせるために、ローテーション(前後裏表の入れ替え)を行いますが、ご年配の方や、力のない女性にとっては難しいです。心配な方には、サータと同じ寝心地でもっと軽い高反発マットレスの「マニフレックス」がおすすめです。

サータ(Serta)のベッドマットレスの製品情報

製造元

製造元 テンピュール・シーリー・インターナショナル
製造国 日本製

サイズ(縦の長さ/横幅)と重さ

サータのマットレスでは、クイーンやキングサイズだけでなく、セミキング、パーソナルシングルなど、よりたくさんのサイズの種類があります。

スプリングのベッドマットレスなので重めです。

サイズの種類 縦の長さ 横幅 重さ
ユーティリティー
シングル
196cm 81.5cm 20~30kg
パーソナルシングル 196cm 97cm 22~32kg
シングル 196cm 102cm 25~35kg
セミダブル 196cm 122cm 30~40kg
ダブル 196cm 139cm 35~50kg
クイーン1 196cm 150cm 40~55kg
クイーン2 196cm 163cm 42~52kg
セミキング 196cm 180cm 45~55kg
キング1 196cm 97cm x2 50~60kg
キング2 196cm 102cm x2 50~60kg

厚さ

厚さは30~40cmなので、サータはベッドマットレスとして使用しましょう。必ず床との間にすのこベッドやベッドフレームを使って、通気性を良くしましょう。

耐久性

スプリング製のマットレスは、線材から耐久性を推定できます。サータのベッドマットレスは「SWRH83B C種」という規格なので、10~15年は購入時と同じようなスプリングの性能を発揮します。ただし、この耐久性はスプリングについての耐久性で、スプリングを包み込んでいる、詰め物は別です。

サータマットレスの耐久性表示

硬さや反発力

サータのマットレスはコイルの形状や配列によって、マットレスごとの硬さが大きく変化します。シリーズごとで、柔らかい順に並べると次のようになります。

  • スーペリアデイ
  • iSeries HYBRID
  • iSeries
  • ポスチャー

シリーズの中でもさらに柔らかさが異なるので、上の「サータの種類と選び方」を再度御覧ください。

素材

詰め物の素材は、わたとウレタンで、外装はポリエステルでできています。

保証

サータには2年間の品質保証がついています。保証期間が短いと感じる方は、12年間保証のマニフレックスや、10年間保証のテンピュールを選ぶとよいでしょう。

品質保証なので、購入後のお客様都合による返品や交換はできません。もし、実際に数晩寝てみないとわからない、と考えている方は、こちらの「返品保証の付いたマットレス一覧」を参考にしてみてください。

サータマットレス

価格 167,400円
寝具の種類 ポケットコイル
厚さ 30~40cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□□■□□□ 柔
耐久性 8〜12年
保証 2年間品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルクイーンキング
体の一番重い腰を支えるマットレス部分を硬めにし、コイルの密度が高くなるよう交互配列にしたことで、体圧分散を向上。腰への負担が小さいので腰痛対策のマットレスとしても良いです。高級ブランドの3S(サータ・シモンズ・シーリー)の中で最もコイルの耐久性が高いのがサータマットレスです。
\ポイントが付いてお得!/
公式ページ

なぜ結局、高反発マットレスがコスパ最高なのか

マットレスはポケットコイル・ボンネルコイル・高反発・低反発など種類がたくさんあり、マットレス選びが難しくて、結局買わないで数ヶ月経ってしまう、ということがよくあります。「人生の3分の1は睡眠」というように、睡眠の質を後回しにすればするほど、腰痛や肩こりを発症したり、骨盤や姿勢が歪んだり、勉強や仕事への集中力が下がったりします。

体に不調を感じたり、現在の寝具がヘタっていたりしているなら、マットレスを早めに買い換えましょう。

マットレスの購入を後回しにしないよう、複雑なマットレスの種類と性能を整理したので、次の表をご覧ください。

種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 重 さ 安 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ボンネルコイル+体圧分散
ノンコイル
高反発
低反発
低反発&高反発
ファイバー  ◯

簡単に説明しておきます。コイル系は製造が複雑で大量生産が難しいので、寝心地の良いコイルマットレスを求めると値段が高くなります。一方、ノンコイル系の高反発は寝心地の性能が全体的に高い上に、製造しやすいので安くてコスパが高い種類です。

予算8万円以上ならコイル系、8万円以内なら高反発マットレスを選ぶということを覚えておいてください。

ついでに、3,000個のマットレスの中から選んだ、使い方別でおすすめのマットレスを紹介するので参考にしてみてください。

予算8万円以内の高反発

【床に置くマットレス1位】腰痛対策モットン

価格 39,800円
寝具の種類 高反発マットレス
厚さ 10cm(ベッドマットレス/床置き/マットレストッパー)
硬さ 硬 □■■■□□□ 柔
耐久性 5〜8年
保証 90日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
体重ごとに設計された3種類の硬さからマットレスを選ぶので、適度な沈み込みと反発力で、体圧分散が高く、寝姿勢がきれいになります。90日間お試しで使用でき、もし自分に合わなければ無償で返品ができるので安心。腰痛や肩こりでお悩みの方も購入しています。
\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
➤腰痛対策モットンの口コミ

【ベッドマットレス1位】マニフレックス

価格 39,204円
寝具の種類 高反発マットレス
厚さ 16cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 12~15年
保証 12年品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルワイドダブルクイーン
マニフレックスは高反発マットレスでありながらも、硬すぎず柔らかすぎない寝心地のマットレス。耐久性が高く、12年間の品質保証もついており、購入当時の寝心地を長く感じられます。エリオセルという独自技術で空気の入れ替えがされるので、ウレタン素材の唯一の欠点である通気性も克服。スプリング系のベッドマットレスと違って軽いので、お年寄りや腰痛持ちでも手入れしやすいのも魅力です。

【マットレストッパー1位】エムリリーエコヘルスシリーズ

価格 14,980円
寝具の種類 高反発&低反発マットレス
厚さ 5cm(マットレストッパー)
硬さ 硬 □□□□■□□ 柔
耐久性 5年
保証 1年間品質保証
サイズの種類 セミシングルシングルセミダブルダブル
エムリリーエコヘルスシリーズのマットレスの特徴は2層構造にあります。上層が柔らかい低反発、下層が硬めの高反発で、適度な沈み込みをし、しっかりとした寝姿勢のサポートをします。だいたいのマットレストッパーは2,3年でヘタってしまいますが、エムリリーエコヘルスは5年ほどは購入時と同様の寝心地を維持します。

予算8万円以上のコイルマットレス

シモンズマットレス

価格 167,400円
寝具の種類 ポケットコイル
厚さ 30~40cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 10〜15年
保証 2年間品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルクイーンキング
高級なマットレスブランドの中でもトップクラスのポケットコイル技術を持つ「シモンズマットレス」。ポケットコイルの耐久性もトップクラスで10年以上は、購入当時と同じような寝心地を感じられます。上質なマットレスで睡眠の質を向上させたい方におすすめです。
\ポイントが付いてお得!/
公式ページ
➤シモンズマットレスの口コミ

シーリーマットレス

価格 150,000円
寝具の種類 ボンネルコイル
厚さ 30~40cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 8〜10年
保証 2年間品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルワイドダブル
シーリーマットレスはの種類はボンネルコイルに属しますが、重みに応じて反発力の変わるポスチャーテックコイルで、点に近い支え方をするので、ボンネルコイルの耐久性・寝返りのしやすさと、ポケットコイルの体圧分散を取り入れたトップクラスのマットレスです。腰痛持ちの方におすすめのブランドです。
\ポイントが付いてお得!/
公式ページ
➤シーリーマットレスの口コミ

カツミン

まだ購入検討中の方は、このページを保存しておきましょう

\ポチッ/

マットレス比較

床置きマットレス(厚さ8~20cm)

ベッドマットレス(厚さ20cm~)

マニフレックスと他を比較する
13層やすらぎと他を比較する
シモンズマットレスと他を比較する
シーリーと他を比較する
サータと他を比較する
テンピュールと他を比較する
フランスベッドと他を比較する
日本ベッドと他を比較する
コアラマットレスと他を比較する
スリープルと他を比較する

マットレストッパー(厚さ3~7cm)

エアウィーヴと他を比較する
オクタスプリングと他を比較する

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには「厚さによる使用目的の種類」と「素材や構造の種類」があります。

使用目的 厚さ 種類
マットレストッパー 3~10cm 低反発ウレタン
高反発ウレタン
床に敷くマットレス 6~15cm 高反発ウレタン
ベッドマットレス 10~30cm ポケットコイル
ボンネルコイル

【選び方】
●マットレストッパーなら低反発か高反発ウレタン(➤おすすめのマットレストッパー

●床に敷くマットレスなら高反発ウレタン
(➤おすすめの床に敷くマットレス

●ベッドマットレスなら高反発ウレタンかポケットコイル(➤おすすめのベッドマットレス
床置マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床に置く・ベッドの上に置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
現在使用している寝具の硬さが普通〜柔らかいと感じたり、底付き感を感じていて、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「高反発」で寝心地が向上します。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード
       
«
»
X
\LINEで寝具相談受け付け中/

身長や体重を入力するだけで、あなたにピッタリのマットレスを紹介します❗

addfriends_ja
line@追加コード