マットレスランキング

【口コミ付】Nスリープの種類比較と選び方【ニトリマットレス】

nスリープトップバナ0−

お値段以上でおなじみのニトリが販売しているNスリープマットレス。寝心地が良いという口コミが多く、気になる一方で、種類が多くてどうやって選べば良いかわからなかったりします。

このページでは、Nスリープのベッドマットレスの特徴から、口コミ評判、種類比較と選び方、メリットとデメリットを解説していきいます。マットレス選びは種類が多くて難しい割に、値段も高いので、購入に失敗しないように入念に読み進めていってください。

Nスリープマットレスが選ばれる理由

Nスリープシリーズは、1つ1つのコイルが地面に垂直に配列された「ポケットコイル」という種類のマットレスです。硬すぎず柔らかすぎない感触が口コミでも高評価を受けていて、さらにベッドマットレスとしては安いので「まさにお値段以上」とも言われています。

特徴
種類 ポケットコイル
使い方 ベッドマットレス
値段 4万~10万円
厚さ 20~40cm
製造元 株式会社ニトリ

なぜNスリープマットレスが寝心地が良いのか、というと次の3つの工夫に理由があります。

  • 体圧分散
  • 寝姿勢サポート
  • 落ち込み防止

①高い体圧分散

体圧分散とは、体の中でも重くて、一番マットレスに接触する部分にかかる圧力を、からだ全身に分散する性能をさします。耐圧分散が高いことで、腰や背中の負担が小さくなるので、腰痛や肩こりといった体の悩みの解消に繋がります。

ニトリのNシリーズのマットレスでは、ポケットコイルという、地面に垂直に立ったコイルによって、体の部位に合わせて点で支えるので、体にフィットして体圧分散が高まります。

ニトリのnスリープマットレスの体圧分散効果

②寝姿勢サポート

マットレスは柔らかければ柔らかいほど、体との接触面積が広がるので、さきほどの体圧分散が高まりますが、柔らかくて腰が沈み込みすぎてしまうと、骨盤や背筋が歪んで、逆に腰の負担が高まってしまいます。

体圧分散と同時に大切なのが寝姿勢のサポートです。

ニトリのNスリープでは、ポケットコイルが2層構造になっていて、上層が柔らかめ(体圧分散層)、下層が硬め(寝姿勢サポート層)になっています。体圧分散を高めつつ、寝姿勢を綺麗にして寝られるため、体の負担を限りなく小さくしたマットレスになっています。

nスリープのポケットコイル2層構造

③マットレス端の落ち込み防止

マットレスの端に圧力をかけた場合、圧力を支えるコイル数が少ないので、沈み込みやすくなるというポケットコイルの欠点があります。ニトリのNスリープでは、マットレスの周囲を固めのウレタン、もしくは固めのポケットコイルで囲うことで、沈み込みを防止しています。

端の沈み込みが防止されるメリットは以外に大きく、中央と端で硬さが均一になるので、睡眠の有効面積が広がります。また、高齢の方や、腰痛持ちの方にとって、端に腰掛けて朝起き上がるのが楽になります。

Nスリープの落ち込み防止

\お得に購入するなら/
公式ページ

Nスリープの口コミ評判

Nスリープの口コミや評判をTiwtterをはじめとするSNSで調べてみると、寝心地の良さに感動する声、寝心地に対して価格が安いことに感激する口コミが多数ありました。その中かピックアップして投稿されている口コミを紹介します。

①寝心地が良いという口コミ

一番多かった口コミが寝心地の良さに関するものでした。柔らかすぎず、硬すぎない寝心地で、入眠時、起床時ともに快適な睡眠生活になったという声がたくさんあります。好評かな口コミをしている人は「プレミアムモデル」を購入した方が多いようです。

②お値段以上という口コミ

「お値段以上」というフレーズでお馴染みのニトリ。ベッドマットレスの相場が8~12万円なのに対して、相場的にはNスリープは安いにもかかわらず、値段以上の寝心地を高評価する口コミが多数目立ちます。

\お得に購入するなら/
公式ページ

Nスリープの種類と選び方

Nスリープのベッドマットレスの種類には大きく次の4つがあります。硬すぎず柔らかすぎないで、一番コスパ良くておすすめなのが「Nスリープ プレミアムP1-02(37,692円)」です。

モデル 特徴
プレミアム 2層構造で上層が柔らかめ、下層が硬めで体圧分散が高いマットレス。ベッドマットレスをコスパ重視で選ぶ方におすすめ。
ラグジュアリー プレミアムのトッパー部分の素材とコイル配列を変えて、より体圧分散を高めたマットレス。ちょっと予算に余裕がある方におすすめ。
ハード コイルの線径を太くして感触を硬くしたマットレス。腰の沈み込みを抑えるので腰痛の方におすすめ。
スタンダード スタンダードなモデル。3万以内でおさまるので、あまりお金をかけたくない方におすすめ。

それぞれのモデルの中でも、構造やスプリングの違いから種類が分かれるので、それぞれ解説していきます。店頭や公式サイトで見ても、違いがよくわからなかった方でもわかるように解説しました。

①Nスリーププレミアム【コスパ重視向け】

ポケットコイルのベッドマットレスの相場が8~12万円なのに対して、Nスリープのプレミアムモデルは安い値段で寝心地も良いので、一番コスパが良いモデルです。最大の特徴は2層構造になっている点になります。どれも30年品質保証がついていて安心です。

種類 構造・機能 スプリング 詰め物
P1-02Nスリープ プレミアム P1-0237,692円
←ハード      ソフト→
□□■□□□□
上下2層コイル構造
端の落ち込み防止
(ウレタン)
並行配列
上層:線径1.4mm 6巻
下層:線径1.8mm 5巻
ウレタン
波形ウレタン
P1-CR
Nスリープ プレミアム P1-CR39,900円
←ハード      ソフト→
□□□■□□□
上下2層マット構造
端の落ち込み防止
(ウレタン)
並行配列
上層:線径1.4mm 6巻
下層:線径1.8mm 5巻
ウレタン
波形ウレタン
P2-CR
Nスリープ プレミアム P2-CR46,204
←ハード      ソフト→
□□□□■□□
上下2層マット構造
低反発トッパー付
端の落ち込み防止
(ウレタン)
並行配列
上層:線径1.4mm 6巻
下層:線径1.8mm 5.5巻
ウレタン
P3-CR
Nスリープ プレミアム P3-CR59,900円
←ハード      ソフト→
□□□□■□□
上下2層マット構造
低反発トッパー付
端の落ち込み防止
(ウレタン)
並行配列
上層:線径1.4mm 6巻

下層:線径1.8mm 5.5巻
カルファイバー
ウレタン

②Nスリープラグジュアリー【予算6~10万向け】

Nスリープラグジュアリーモデルは、1つ前のプレミアムモデルに比べて少し値段が上がります。プレミアムに比べて、低反発トッパーに羽根が加わり、さらにスプリングの配列方式が交互配列になったことによって、より体圧分散が高まっているマットレスです。

種類 構造・機能 スプリング 詰め物
L1Nスリープ ラグジュアリー L164,692円
←ハード      ソフト→
□□□□□■□
上下2層コイル構造
羽根+低反発トッパー付
端の落ち込み防止
(ウレタン)
交互配列
上層:線径1.4mm 6巻
下層:線径1.8mm 5巻
ウレタン
L2
Nスリープ ラグジュアリー L275,492円
←ハード      ソフト→
□□□□□■□
羽根+低反発トッパー付
上下2層コイル構造
低反発&高反発トッパー
交互配列
上層:線径1.4mm 6巻
下層:線径1.8mm 5巻
ラテックス
ウレタン
L3TR
Nスリープ ラグジュアリー L3TR99,900円
←ハード      ソフト→
□□□□□□■
上中下3層コイル構造
交互配列
上層:線径1.0mm 8巻
中層:線径1.4mm 6巻
下層:線径1.8mm 5.5巻
波形ウレタン
ウレタン

②Nスリープハード【腰痛向け】

Nスリープハードモデルは、コイル線の直径を太くするkとおで、耐久性と強度を高め、硬めの感触のあるマットレスです。腰の沈み込みすぎを防ぐので、腰痛でお悩みの方におすすめです。

種類 構造・機能 スプリング 詰め物
ハード
Nスリープ ハード画像29,900円
←ハード      ソフト→
□■□□□□□
端の落ち込み防止
(スプリング)
並行配列
外側:線径2.2mm 5巻
内側:線径1.8mm 5巻
ウレタン
ハード H1-CR
Nスリープ ハード H1-CR画像
39,900円
←ハード      ソフト→
■□□□□□□
上下2層マット構造
並行配列
上層:線径1.6mm 6巻
下層:線径1.8mm 5.5巻
ハードウレタン
ウレタン
ハード H2-CR
Nスリープ ハード H2-CR画像
49,900円
←ハード      ソフト→
□□■□□□□
上下2層マット構造
並行配列
上層:線径1.6mm 6巻
下層:線径1.8mm 5.5巻
ラテックス
ウレタン
ハード H3-CR
Nスリープ ハード H3-CR画像59,900円
←ハード      ソフト→
□■□□□□□
上下2層マット構造
並行配列
上層:線径1.6mm 6巻
下層:線径1.8mm 5.5巻
カルファイバー
ウレタン

①Nスリープスタンダード【低予算向け】

Nスリープスタンダードは、一番安いモデルのニトリのマットレスです。上で紹介してきたモデルとは異なり、2層構造ではないので、適度な沈み込みの調整力が低下するので、寝心地が若干下がります。

種類 構造・機能 スプリング 詰め物
C1
Nスリープ C1画像19,900円
←ハード      ソフト→
□□□
■□□□
端の落ち込み防止
(スプリング)
並行配列
外側:線径2.2mm 6巻
内側:線径1.8mm 6巻
波形ウレタン
ウレタン
ラテックス C2
Nスリープ C2画像29,900円
←ハード      ソフト→
□□□
■□□□
端の落ち込み防止
(スプリング)
並行配列
外側:線径2.2mm 6巻
内側:線径1.8mm 6巻
ラテックス
ウレタン

ポケットコイルマットレスを選ぶ豆知識

ニトリのNスリープのモデルを紹介してきました。各モデルの構造やスプリングに微妙な違いによって、微妙な柔らかさや体圧分散が変わります。それぞれの微妙な違いの項目を紹介しておきます。

要素 特徴
コイル配列 コイルが縦横綺麗に配列されているものを「並行配列」、斜めに配列されているものを「交互配列」と予備、交互配列のほうが柔らかさが増す。
コイルの線径 コイルの太さを線径と呼び、細いほど感触が柔らかくなる。
コイルの巻き数 コイルの巻数が増えるほど柔らかい感触になる。
トッパー部分 1本1本のポケットコイルよりもさらに細かい人の動きに反応するために、トッパーに低反発や高反発のクッション素材が使用される。
コイル構造 上下2層に分かれて、上層が柔らかめ、下層が硬めになることで、適度な沈み込みと、がっちりとした支えになる。

Nスリープマットレスがおすすめな人

ここまでNスリープのベッドマットレスの特徴や種類を紹介してきましたが、自分が購入すべきかまだピンと来ていない人に向けて、こういう人にNスリープがおすすめ、というご紹介をします。

①予算4~5万円の方

予算が4~5万円の方にとっては、寝心地・耐久性・保証から見ても、お値段以上のコスパ良いマットレスです。特にNスリープの中なら「プレミアムモデル」が一番おすすめです。

②自分に合わなければ返品したい方

マットレスは店舗で一瞬寝ても、自分に合わないというケースも少なくありません。マットレス選びで絶対に失敗しない方法は、使用しても返品可能なマットレスを選ぶこと。ニトリのNスリープなら、30日間までなら実際に寝て、返品ができるので安心して購入できます。

②睡眠姿勢別

寝姿勢は人の好みによって異なります。柔らかさや構造でおすすめの種類が変わり、ニトリのマットレスはいろんな種類があるので、寝方別でおすすめの種類を紹介します。

寝方 おすすめの種類
仰向け P1-CR
横向き寝 P1-02
うつぶせ寝 P1-CR
\お得に購入するなら/
公式ページ

Nスリープマットレスを購入しないほうがいい人

Nスリープのメリットを紹介してきましたが、一方でデメリットも存在します。

  • 寝心地良いが柔らか気味
  • コイル技術は高くない

①腰痛持ちの方

ニトリのNスリープは少し柔らかめなので、腰痛持ちの方にとっては、腰の安定感がないため、少し不安に感じる方がいます。腰痛対策になるマットレスの選び方は「高反発ウレタン」「硬めのマットレス」です。腰痛持ちの方は、こちらの「腰痛持ちにおすすめのマットレスランキング」を参考にしてみてください。

②コイル技術の高いマットレスを選びたい方

ニトリはマットレス業界では長年研究開発をしているわけではないので、数十年の歴史を持つマットレスメーカーに比べると、コイル技術は高くはありません。コイル技術を要求すると、15万円以上になってはしまいますが、よりコイルの性能・耐久性が高いマットレスをお探しの方は「ベッドマットレスおすすめランキング」を御覧ください。

Nスリープマットレスの製品情報

製造元 株式会社ニトリ
製造国 ベトナム製

サイズ(縦の長さ/横幅)と重さ

クイーンサイズ以外は一般的な横幅ですが、一般的なクイーンサイズが160cmに対してNスリープは170cmなので、購入前にベッドフレームの横幅を確認しておきましょう。重さは種類によってかなり違い、2層構造になっている種類は特に重いです。高齢者や腰痛持ちの方にとっては、持ち上げるのがつらい種類もあるので、プレゼントする場合は相手のことを考えるといいですね。

サイズの種類 縦の長さ 横幅 重さ
シングル 197cm 97cm 20~45kg
セミダブル 197cm 120cm 25~50kg
ダブル 197cm 140cm 30~65kg
クイーン 197cm 170cm 35~80kg

厚さ

Nスリープの厚さは20~40cm。使い方としては、ベッドフレームやすのこベッドの上に乗せるベッドマットレスがいいです。

耐久性

スプリングマットレスの耐久性は、使用しているスプリングの線材からおよそを推定できます。ニトリのNスリープのマットレスの線材は「SWRH72A C種」と呼ばれるもので、耐久年数はおよそ6~8年くらいです。4万円のモデルを購入した場合、だいたい年間1.5万円のコストという感じですね。

硬さや反発力

Nスリープの硬さは、「Nスリープの種類と選び方」でまとめているので、そちらを参考にしてください。

素材

Nスリープでは、中の詰めものにポリエステルやウレタン、外装生地にポリエステルを使用しています。マットレスの種類によっても若干異なるので、アレルギーなどがある方は、購入前にご確認ください。

保証

ニトリの保証はかなり充実しています。高級なブランドのマットレスでは、品質保証が2年間程度のものが多いなかで、ニトリのマットレスは、30日間の返品保証と、5年または30年間の品質保証がついています。

返品保証はもし実際に使用して自分に合わなければ返品できるという太っ腹な保証で、品質保証は通常の使用でコイルが破損した場合に、交換もしくは無償修理をしてくれる精度です。保証が充実しているので、安心して購入できます。

プレミアム
P1-02 30年品質保証 
P1-CR 30年品質保証 
P2-CR 30年品質保証 
P3-CR 30年品質保証 
ラグジュアリー
L1 30年品質保証 
L2 30年品質保証
L3TR 30年品質保証
ハード 
ハード 5年品質保証
H1-CR 30年品質保証 
H2-CR 30年品質保証 
H3-CR 30年品質保証 
スタンダード
C1 5年品質保証 
C2 5年品質保証 

安く購入できる場所

購入できる場所によっても、若干の値段やメリットの違いがあります。今回はNスリープの中でもおすすめな「Nスリープ プレミアムP1-02」のシングルサイズで比較してみます。

値段(税込) メリット
公式ページ 37,692円
amazon 販売なし
楽天 37,692円 楽天ポイントがつく

相場的にはどうか

ベッドマットレスのポケットコイルの相場はおよそ8~12万円です。Nスリープの高いモデルでも10万円で、十分な寝心地のシリーズでも4~5万円なので、コスパが良いマットレスです。

【ニトリ製品】Nスリープ

価格 37,692円
寝具の種類 ポケットコイル
厚さ 28cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 6~8年
保証 30年品質保証・30日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルクイーン
ニトリが製造しているNスリープマットレス。上下硬さの異なるポケットコイルが2層で寝心地を生み出しています。ニトリの合言葉である「お値段以上」を実現していて、ベッドマットレスの中では比較的安い値段設定にもかかわらず、寝心地が良い上、30年の品質保証と30日間の返品保証がついている、購入に安心感のあるマットレスです。
\お得に購入するなら/
公式ページ

カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
マットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。 ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。


構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。
種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発


高反発ランキング
低反発ランキング
ボンネルコイルランキング
ポケットコイルランキング
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方
当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

サイズの選び方
1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。
使い方の種類
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
マットレスの使い方の種類解説
床置薄型マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード
       
«
»
X
\売り切れる前にお早めの購入を/

売り切れ
大量生産が難しいマットレスは、一度売り切れると再入荷が未定になったり、1ヶ月後になったりします。

いいな、と思ったら在庫があるうちにお早めに購入をご検討ください。