マットレスランキング

【口コミ評判】スリープマジックのメリットとデメリット徹底解説

ライズのスリープマジックと高橋尚子

ライズTOKYOが開発している評判の良い高反発マットレス「スリープマジック」。ネットやテレビ通販で見かけて、実際どういう特徴があるのか、利用者はどう感じたか気になりますよね。このページではスリープマジックのメリットとデメリット、口コミ評判を紹介していきます。

スリープマジックが人気の理由3つ

Qちゃんで親しまれている元日本女子マラソン選手の高橋尚子さんが、女性とスポーツ選手の2つの視点から製品開発アドバイザーとして関わったライズ(RISE)の高反発マットレス「スリープマジック(SLEEP MAGIC)」。

特徴
種類 高反発マットレス
使い方 トッパー/床置き/ベッドマットレス
値段 1.5万円~3万円
厚さ 4cm, 8cm, 12cm
製造元 ライズTOKYO株式会社
公式ページ www.risetokyo.jp/sleep_magic/

ライズのスリープマジックの凹凸構造

スリープマジックの最大の特徴は、マットレスの凹凸構造にあります。

一般的な高反発マットレスがスポンジで支えられるような感触である一方で、スリープマジックでは凹凸構造をつくることで、点(もしくは線)の形状を生み出しています。

じゃあこの形状によってスリープマジックにはどんなメリットがあるのか、他にもどんな特徴があるのかを、人気の理由3つとしてご紹介していきます。

人気の理由①好みの寝方で種類が選べる

スリープマジックは「ウェーヴ形状」「ブロック形状」の2種類からマットレスを選ぶことができます。

ウェーヴ形状は、隙間がたくさんあるため、寝転がったときの感触がややソフトになります。ブロック形状は逆に、隙間が小さいのでやや硬めの感触です。

スリープマジックのウェーヴ形状とブロック形状

マットレスは柔らかければ良い、硬ければ悪いというわけではありません。大切なのは、自分が横になっときに、適度に沈むことです。

なので、ウェーヴ形状は女性や痩せ型な方、仰向けで寝る方におすすめで、ブロックは男性や筋肉質の方、横向きに寝る方におすすめの構造になっています。スリープマジックを選ぶときには、この構造の特性を理解して選びましょう。

ウェーヴ ブロック
支え方
寝姿勢 仰向け 横向き
寝心地 ややソソフト 硬め
おすすめ 女性 主に男性

人気の理由②凹凸構造で体圧分散&綺麗な寝姿勢

自分に合わせた凹凸構造を選ぶことで、体圧分散が高くなり、綺麗な寝姿勢で負担のない睡眠ができます。

体圧分散を初めて聞いた方に簡単に説明すると、体圧分散とは体の一部にかかる負担を、全身に分散させるマットレスの性能のことです。体圧分散が高いほど、寝心地が良く、腰痛改善にも役立ちます。

下の写真は、一般的な敷布団で寝た場合と、スリープマジックで寝た場合を比較したものです。

スリープマジックのほうが、重い腰の負担が小さくなり、マットレスと体の密着度が高いことがおわかりいただけるでしょう。

ライズのスリープマジックで体圧分散

正直、「体圧分散が高いマットレス」というのはこれまでにも数多くありました。基本的にマットレスが柔らかければ体圧分散が高くなるので、体圧分散を高めることは実は簡単なんです。

しかし、やわらかすぎると腰が沈み込みすぎてしまい、骨盤が歪んだり腰痛を悪化させる恐れがあります。

腰への負担を小さくするためにも、体圧分散が高いこと意外にも注目しなくてはいけないのが「寝姿勢がきれいになるか」です。

ライズTOKYOが開発したスリープマジックは、この「体圧分散を高めつつ、寝姿勢も綺麗にする」という技術が、ユーザーからの評判が高い理由の1つとなっています。

ライズのスリープマジックで綺麗な寝姿勢

体圧分散、寝姿勢と来て、その次に寝心地に重要なのが「寝返りのしやすさ」。

寝返りがしゃすいことで、血液やリンパ液の流れをよくしたり、日中に生じた体の歪みを補正したりし、同じ姿勢でかかる体の負担を和らげてくれます。

スリープマジックは、高い体圧分散、綺麗な寝姿勢の維持、寝返りのしやすさに長けているので、高い評判を得られています。

人気の理由③高い通気性で寝汗や湿気を逃がす

スリープマジックの素材は高反発ウレタンです。ウレタンは、加工しやすくて、製造コストが低いというメリットがある一方で、湿気が溜まりやすいとうデメリットを抱えています。

普通の高反発マットレスだと、寝汗が逃げずに蒸れてしまい、朝起きたらびっしょり濡れているなんてことがあります。特に夏に起こりやすいです。

ライズのスリープマジックは通気性抜群

スリープマジックはその点、ここまで紹介してきた凹凸構造が通気性改善に貢献し、さらには寝心地ではなく空気が通り抜けしやすいようにスリット(切れ目)があります。

睡眠に大切な寝床内温度(ふとんの中の温度)が調整されるので、深い眠りに就けます。

公式ページ
\お得に購入するなら/
お得に購入

スリープマジックがおすすめな人と口コミ評判

スリープマジックの特徴がわかったところで、次に、どんな人におすすめなのか、実際に利用した人はどう感じたかを口コミとともに確かめてみましょう。

①寝心地良く熟睡したい方

まずはこれまで紹介してきたとおり、スリープマジックは寝心地に重要な「体圧分散」「綺麗な寝姿勢」「寝返りのしやすさ」「通気性」をすべて兼ね備えているので快眠できます。

実際にスリープマジックで寝てみたら寝心地が良くなったというツイッターの投稿をご紹介します。

②腰痛持ちの方

マットレスを探している方の中で、悩みを抱えている方に多いのが「睡眠中の腰痛がつらい」ということ。

腰痛こそ腰の沈み込みを防ぐべきで、しっかり体圧分散しつつ、腰を支えてくれるスリープマジックはおすすめです。

インスタグラムの口コミでも、腰痛持ちの方がスリープマジックの体験談を投稿しています。

転職して腰痛に苦しんでいたらサンタ奥さんがクリスマスプレゼントでマットレスをくれました🙌✨ めっちゃいいっすよ❕昨日寝て全然違いましたよ😁(@yoshi4o6

うん!!腰が沈まない👍
…ってか、逆に持ち上がってる感覚👀 …これが、夕べの話し。

今朝…目覚めると…首、腰が痛くないかも(*^^*) 今日は特に用もないので、ほぼ1日中ゴロゴロ…

久々に 爆睡しましたぁ~😅
@pasupasumama

③睡眠姿勢別

スリープマジックには、ウェーヴ形状とブロック形状の2種類があり、それぞれ寝方によって適切なタイプに分かれています。もし購入を検討している方は、入眠するときに自分が横を向いて寝るか、仰向けのまま眠るか確認しましょう。

寝方 おすすめタイプ
仰向け ウェーヴ
横向き寝 ブロック
うつぶせ寝 ウェーヴ

④子供用としても

スリープマジックは子供用としても活躍します。

公式ページ
\お得に購入するなら/
お得に購入

購入前に確認!スリープマジックの種類と選び方

スリープマジックには使い方としての種類が3つ、形状としての種類が2つあります。

  1. 使い方
    • パッド:他の寝具に重ねて使う
    • 敷布団兼用:床に敷いて1枚で使う
    • 極厚プレミアム:ベッドに敷いて1枚で使う
  2. 形状による寝方と硬さ
    • ウェーヴ:女性や仰向け寝向き
    • ブロック:男性や横向き寝向き

使い方→形状で選べば、自分に合ったマットレスを選べますよ。

厚さ 形状 反発力 硬さ
4cm
パッド
ウェーヴ 140N 普通
ブロック 180N
8cm
敷布団兼用
ウェーヴ 240N 硬め
ブロック 220N
12cm
極厚プレミアム
ウェーヴ 280N しっかり

スリープマジックのデメリット

ここまでスリープマジックのメリットばかりを紹介してきましたが、たった1つデメリットが存在します。それは「お客様都合による返品ができない」ということ。

そもそも返品できるマットレス自体がほぼないんですけど、もしスリープマジックを購入をして、硬さを間違えてしまったり、実際に寝てみたら思ったものと違うという場合に、返品して、返金してもらうことはできません。

ただ寝心地における性能も全部満たしていますし、口コミの評価も高く、製品自体が自分の性別や寝方に合わせて選べるので、失敗するリスクは他のマットレスと比べてもかなり低いです。

公式ページ
\お得に購入するなら/
お得に購入

スリープマジックの製品情報

ここからは、公式ページにも載っている情報を簡単にまとめていきます。すでに購入を検討している方は、公式ページへ進んでしまって大丈夫です。

製造元

スリープマジック(SLEEP MAGIC)の製造元は「ライズTOKYO」という会社です。中国製ではありますが、品質が高く、テレビ通販でときどき登場するほど、知名度もあります。

製造元 ライズTOKYO株式会社
製造国 中国製
公式ページ www.risetokyo.jp/sleep_magic/

値段

値段は次のとおり。種類(厚さ)とサイズによって値段が変わります。

種類 サイズ 値段
パッド
厚さ4cm
シングル 14,990円
セミダブル 19,990円
ダブル 24,990円
敷布団兼用
厚さ8cm
シングル 29,990円
セミダブル 34,990円
ダブル 39,990円
極厚プレミアム
厚さ12cm
シングル 39,990円
セミダブル 49,990円
ダブル 59,990円

サイズ(縦の長さ/横幅)と重さ

シングルとセミダブルが1人用、ダブルが2人用です。

サイズの種類 縦の長さ 横幅 重さ
シングル 200cm 100cm 6kg
セミダブル 200cm 120xm 7kg
ダブル 200cm 140cm 8kg

耐久性

スリープマジックの耐久性はかなり高いです。難しい用語にはなりますが、高反発マットレスの耐久性の指標となる復元率が98.2%、密度が30D(4cmのパッドは40D)となっています。5年以上の寿命があるとされる数値です。ただし、使い方によってヘタってしまうので、寿命は前後します。

硬さや反発力

厚さ 形状 反発力 硬さ
4cm
パッド
ウェーヴ 140N 普通
ブロック 180N
8cm
敷布団兼用
ウェーヴ 240N 硬め
ブロック 220N
12cm
極厚プレミアム
ウェーヴ 280N しっかり

素材

  • 中材:ウレタンフォーム
  • カバー:ポリエステル

保証

スリープマジックには3年間の品質保証がついています。保証内容は、もし一定のヘタリが生じた場合に、中材(ウレタンフォーム本体)を無償で交換してくれます。ただし、ライズの直営サイトのみが保証対象なので、購入する場合には保証をつけるために「公式ページ」から購入をしましょう。

スリープマジックのよくある質問

安く購入できる場所

最安値で購入できる場所はどこなのか、調べてみました。3年間保証付きの公式ページがやはり購入によさそうです。比較している種類は厚さ8cmのシングルサイズです。

値段 メリット
公式ページ 29,990円 3年間保証付き
amazon 29,991円
楽天 29,990円

相場的にコスパはどうか

十分。コスパよし

子ども用として

子供用として仕様して問題ありません。中学生未満であれば柔らかめのウェーヴ形状のスリープマジックを選ぶと良いでしょう。

洗濯できるか

水洗いなどの洗濯はできません。カバーのポリエステルのほうはできます。洗剤のウレタンフォームは水に濡れると変形する恐れがあるので気をつけましょう。

匂いってどう

ウレタンの独特の匂いが少しする場合もありますが、郵送されて開封して1~2日経てば消えます。

そのまま一枚で寝るのは可能?

厚さ4cmの場合は1枚で寝るには無理があります。8cmと12cmのスリープマジックなら、畳やフローリングなどの床に敷いて1枚だけで底付き感なく快眠できます。

三つ折りにたためる?

どのサイズも三つ折りに畳んでコンパクトに押入れに収納できます。一番薄い4cmのものは、丸めることもできるので持ち運びもしやすいです。

【高い体圧分散】RISEスリープマジック

価格 29,990円
寝具の種類 高反発マットレス
厚さ 8cm(床置マットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 5~8年
保証 3年間品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
ライズのスリープマジック(SLEEP MAGIC)は、2種類の表面の凹凸構造を選べる高反発マットレスです。ウェーヴ形状なら女性や仰向けで寝る方にフィットして、ブロック形状なら男性や横向きで寝る方が肩の負担なく眠れます。ウレタン素材のデメリットである通気性も、スリット(切れ目)をマットレスに入れることで解消。体圧分散・綺麗な寝姿勢・寝返りのしやすさが、コストに対して高いパフォーマンスを発揮するマットレスです。
公式ページ
\お得に購入するなら/
お得に購入

0%

AIで分析!マットレス診断

【問1】購入するマットレスはどう使う予定ですか?

【問2】ご予算はどれくらいですか?

【問3】体型を教えてください

【問4】健康や体の状態を教えてください

AIで分析!マットレス診断
診断結果【マニフレックス】

診断結果【エムリリーハイブリッド】

診断結果【フランスベッド】

診断結果【エムリリー優反発】

診断結果【モットン】

診断結果【エムリリーエコヘルス】

診断結果【トゥルースリーパー】

診断結果【エアウィーヴ】

Share your Results:

カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
マットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。 ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。


構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。
種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発


高反発ランキング
低反発ランキング
ボンネルコイルランキング
ポケットコイルランキング
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方
当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

サイズの選び方
1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。
使い方の種類
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
マットレスの使い方の種類解説
床置薄型マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード
       
«
»
X
\Amazonギフトをプレゼント/
売り切れ
当サイトで紹介している対象のマットレスの写真と体験談を送信するだけでAmazonギフト券500円がもらえる!

対象マットレスや応募条件の詳細は「体験談投稿フォーム」よりご確認ください。