マットレスを選ぶ

夫婦2人で寝るマットレスの選び方・おすすめランキング

このページでは、夫婦2人で寝る場合のマットレスの選び方から、おすすめのマットレスをランキング形式で紹介します。

夫婦2人でゆっくり体を休めたい方は、ぜひ参考にしててください。

夫婦2人で寝るマットレスの選び方

選び方1:サイズは「ダブル」か「クイーン」サイズ

ダブルサイズとクイーンサイズの違い

夫婦で一緒のベッドに寝る場合、選ぶべきサイズは「ダブル」か「クイーン」サイズになります。

「ダブル」はちょうど2人の大人が横になって寝られるサイズで、「クイーン」はダブルよりも少しゆとりができるサイズです。もし小さなお子さんも一緒にねるのでしたら、「クイーン」を選びましょう。

「セミダブル」というサイズがありますが、ダブルよりも狭く、「1人用」のマットレスサイズなので、2人用として購入しないよう注意してください。

選び方2:マットレスの種類は「ポケットコイル」か「高反発ウレタン」

夫婦で寝る場合、1人で寝るときと大きく異なる点は、「横の1人が寝返りと打つと、その振動がもう1人にも伝わる」という点です。

マットレスにもいくつか種類があり、夫婦で寝るのに適しているものと適していないものがあります。

  • 「ボンネルコイル」:マットレスの中のコイルが全体的に重なり合っているもの
  • 「ポケットコイル」:コイル1つ1つが独立しているもの
  • 「高反発ウレタン」:沈み込みにくいもの
  • 「低反発ウレタン」:沈みやすいもの

各種類をまとめて、夫婦に向いているかを評価すると次のようになります。

 夫婦向き1人の寝返りの
もう1人への影響
ボンネルコイル大きくある
ポケットコイルあまりない
高反発ウレタンあまりない
低反発ウレタン少しある

夫婦で寝る場合には、「ポケットコイル」か「高反発ウレタン」を選ぶようにしましょう。

夫婦2人で寝るのにおすすめのマットレスランキング

まとめると、夫婦2人で寝る場合の、マットレスは次のようなものを選ぶようにしましょう。

  • サイズは「ダブル」か「クイーン」
  • 種類は「ポケットコイル」か「高反発ウレタン」

下のランキングでは、上記のものに加えて、価格なども考慮してラニング付けしております。

1位:雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム

価格 39,800円
耐久性 5~10年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 17cm(床置き/ベッドマットレス)

2位:モットン

腰痛対策モットン

価格 39,800円
耐久性 5〜8年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 10cm(ベッドマットレス/床置き)
\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
腰痛対策モットンの口コミ

3位:エムリリー

エムリリー優反発シリーズ

価格 29,980円
耐久性 5~8年
寝具の種類 高反発&低反発マットレス
サイズの種類 セミシングルシングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 11cm(床置き/ベッドマットレス)

4位:オクタスプリング

オクタスプリング

価格 19,800円
耐久性 3~5年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 7cm(床置き)

5位:スリープル

スリープル

価格 49,000円
耐久性 3年
寝具の種類 敷布団
サイズの種類 シングル
厚さ(高さ) 17cm(床置き/ベッドマットレス)
\お得に購入するなら/
公式ページ
スリープルの口コミ

       
«
»
X
\LINEで寝具相談受け付け中/

身長や体重を入力するだけで、あなたにピッタリのマットレスを紹介します❗

addfriends_ja
line@追加コード