マットレスを選ぶ

一人暮らしの社会人のマットレスの選び方・おすすめランキング

一人暮らしの社会人なら、仕事の疲れを癒やすためにも、自分にあったマットレスえ熟睡することが重要です。

このページでは、一人暮らしの社会人のマットレスの選び方と、おすすめの人気マットレスを紹介します。

仕事疲れを次の日に持ち越さず、しっかり仕事に集中したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしの社会人にマットレスの選び方

一人暮らしの社会人がマットレスを選ぶときのポイントは「安さ」「耐久性」「体圧分散」「自分の体重に合ってるか」「サイズ」にあるでしょう。

選び方1:安さ

一般的にマットレスは次のような価格帯です。

  • 安い:1万〜3万円
  • 普通:4万〜6万円
  • 高い:7万〜20万円

価格が上がれば上がるほど、耐久性や寝心地が高まります。ただし、マットレスには手入れが必要なため、高級なものを買っても、時間に余裕のない一人暮らしの社会人では、手入れが行き届かず、耐久性を下げてしまう可能性があります。

普通の価格帯のマットレスでも十分に寝心地はあるので、4万〜6万円を目安にマットレスを選びましょう。

選び方2:耐久性

価格が上がれば上がるほど、耐久性は上がりますが、同じ価格帯でも耐久性にも少しばらつきがあります。耐久性はマットレスの密度(D)で決まります。

  • 10~20D:数ヶ月~1年
  • 20~25D:2~5年
  • 30D前後:5~8年
  • 40D以上:8~10年

20D以上のマットレスを選ぶようにしましょう。

選び方3:体圧分散

「体圧分散」とは、体重を支える負担を、腰や頭や背中といった一部分ではなく、体全体に分散させる性質のことです。同じ価格帯でも、耐圧分散に違いもあるので、耐圧分散は高いものを選びましょう。

選び方4:自分の体重にあった硬さ

マットレスの硬さはニュートン(N)という単位で表されます。ニュートンは数値が高ければよいのではなく、自分の体重に合ったニュートンを選ぶことが重要です。

  • 体重が50kg以下:60ニュートン
  • 体重50~80kg :150ニュートン前後
  • 体重80~100kg:180ニュートン前後
  • 100kg以上  :200ニュートン

選び方5:サイズ

よく聞くサイズには次のようなものがあります。

  • セミシングル(1人用:縦195cm/横80cm)
  • シングル(1人用:縦195cm/横100cm)
  • セミダブル(1人用:縦195cm/横120cm)
  • ダブル(2人用:縦195cm/横1400cm)
  • クイーン(2人用:縦195cm/横160cm)
  • キング(3人用:縦195cm/横180cm)

一人暮らしの社会人の部屋は、広くないと思いますので、1人用の「セミシングル」「シングル」「セミダブル」を選びます。部屋のサイズも事前に測っておきましょう。寝返りが多い人は「シングル」「セミダブル」がおすすめです。

セミシングル・シングル・セミダブルの違い

一人暮らしの社会人におすすめのマットレスランキング

一人暮らしの社会人なら次の視点でマットレスを選びましょう。

  • 値段は4万〜6万円
  • 耐久性は2~5年のもの
  • 耐圧分散が優れたもの
  • 体重50~80kgの人は150ニュートン前後
  • サイズはセミシングル・シングル・セミダブル

上記の軸をもとに一人暮らしの社会人におすすめなマットレスをランキング付けしました。

1位:腰痛対策モットン

価格 39,800円
耐久性 5〜8年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 10cm(ベッドマットレス/床置き)
\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
腰痛対策モットンの口コミ

[kumo-yasuragi name=”2位:”] [mlily name=”3位:”] [octaspring name=”4位:”] [air-tree name=”5位:”]
       
«
»
X
\LINEで寝具相談受け付け中/

身長や体重を入力するだけで、あなたにピッタリのマットレスを紹介します❗

addfriends_ja
line@追加コード