マットレスを選ぶ

雲のやすらぎプレミアムのクイーンサイズやキングサイズの購入方法

このページの要約
  • 雲のやすらぎにクイーンやキングサイズはない
  • クイーンサイズベッドにはセミシングル2つ並べれば良いが、雲のやすらぎにはセミシングルがない
  • キングサイズベッドにはシングルサイズを2つ並べて使う
  • クイーンやキングサイズなら小さいマットレス2つを並べたほうが良い
サイズを間違えても交換や返金できるように、雲のやすらぎは「雲のやすらぎ公式ページ」から購入をしましょう。

雲のやすらぎにクイーンサイズやキングサイズはある?

雲のやすらぎプレミアムのサイズには、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズの3種類があります。シングルサイズはとセミダブルサイズは1人用、ダブルサイズが2人用です。

サイズ厚さ重さ
シングル200cm100cm17cm6.7kg
セミダブル200cm120cm17cm8.0kg
ダブル200cm140cm17cm9.4kg

雲のやすらぎプレミアムは残念ながら、クイーンサイズやキングサイズを販売していません。しかし対処法があります。

雲のやすらぎをクイーンサイズやキングサイズのベッドに使う方法

実はマットレスはクイーンサイズやキングサイズのベッドに対して、必ずしもクイーンサイズ・キングサイズのマットレスが必要なわけではありません。マットレスを2つ並べて、クイーンサイズやキングサイズと同じサイズにして使うこともできます。

クイーンサイズベッドに雲のやすらぎは使える?

まずはクイーンサイズベッドで並べるマットレスのサイズを見てみましょう。

クイーンサイズは一般的に160cmです。一般的なセミダブルサイズのマットレスは80cmなので、セミダブルサイズを2つ並べるとちょうどクイーンサイズと同じ横幅になります。

しかし、雲のやすらぎプレミアムはセミダブルサイズを販売していないため、クイーンサイズのベッドで雲のやすらぎプレミアムを使用することは諦めましょう。

セミシング2つでクイーンサイズと同じ

夫婦2人、家族3人一緒にクイーンサイズで寝たいという希望を雲のやすらぎプレミアムは叶えられないので、対処法を2つご紹介します。

  1. セミシングルの別のマットレスを選ぶ
  2. クイーンサイズの別のマットレスを選ぶ

それぞれおすすめのマットレスを簡単に紹介します。

①セミシングルならエムリリー

雲のやすらぎプレミアムの代わりに、セミシングルサイズを取り揃えている「エムリリー」というマットレスがおすすめです。ちょうどセミシングルサイズが横幅80cmなので、2つ並べればクイーンサイズになります。

エムリリーは比較的安価で、セミシングルサイズの厚さ11cmであれば27,980円。2つ購入で約5万円ほど。値段の割には雲のやすらぎプレミアムに劣らない寝心地なのでコスパも最高です。


クイーンサイズならマニフレックス

正直クイーンサイズはあまりおすすめしません。マットレスを長持ちさせるためにローテーション(使用する向きを定期的に変更する手入れ)がありますが、クイーンサイズとなると大きくて重くなり、手入れが大変になるからです。

手入れのデメリットの代わりに、どうしてもクイーンサイズが良いという方におすすめなのが「マニフレックス」。

あまり高反発マットレスでクイーンサイズが用意されていませんが、人気のマニフレックスのマットレスではクイーンサイズの販売がありました。寝心地や耐久性は雲のやすらぎプレミアム以上ではありますが、高級なマットレスのため少しお高めです。

\お得に購入するなら/
公式ページ
マニフレックスの口コミ

キングサイズベッドに雲のやすらぎは使える?

キングサイズも①キングサイズのマットレスを使う、②2つのマットレスを並べて使う、の2つの選択肢があります。しかし、一般的にキングサイズ単体よりも、②2つのマットレスを並べて使うほうがおすすめです。(1つか2つかのメリットとデメリットは後述します)

キングサイズベッドの横幅は194cm。雲のやすらぎプレミアムのシングルサイズは100cmなので、シングルサイズを横に2つ並べれば、ほぼキングサイズと同じになります。

モットンのシングル2つでキングサイズと同じ

雲のやすらぎプレミアムのシングルサイズは値段39,800円ですが、実は公式ページから購入すると、2枚目が5,000円やすくなります。もしキングサイズベッドように、雲のやすらぎのシングルサイズを2つ購入する場合は公式から購入しましょう、

  • 通常:79,600円(= 39,800円 + 3,9800円)
  • 公式:746,00円(=39,800円 + 34,800円)

雲のやすらぎプレミアム

価格 39,800円
耐久性 5~10年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 17cm(床置き/ベッドマットレス)

マットレスを2つ並べるメリット・デメリット

クイーンサイズやキングサイズのベッドに合わせるために、①ちょうどのサイズ1つか、②半のサイズを2つか、の2つの選択肢があります。それぞれのメリット・デメリットを押させて、どちらにするかは考えておきましょう。

①マットレス1つのメリット・デメリット

キングサイズのベッドにキングサイズマットレス、クイーンサイズのベッドにクイーンサイズのマットレス、というように、ベッドとマットレスを1対1で組み合わせると次のメリットがあります。

  • マットレスがベッドからズレにくい
  • 2つ並べた場合と違い溝がないので寝ている間きにならない

一方で次のようなデメリットがあります。

  • ヘタり対策のために立てかけたり、反転させるのが難しい
  • 巨大なシーツが必要になる
  • 巨大なシーツを洗濯して干さなくてはいけない
  • 1人の寝返りの振動がもう1人に伝わってしまう

著者としてはデメリットが大きいため、下で紹介する②をおすすめします。

②マットレスを2つ並べるメリット・デメリット

2つめの方法が、キングサイズベッドにシングルサイズのマットレスを2つ、クイーンサイズベッドにセミシングルサイズのマットレス2つを並べる方法です。このマットレスの使い方のメリットは次の通り。

  • 立てかけたり反転させたりしやすい
  • シングルサイズのシーツの種類が豊富
  • 洗濯しやすい、干しやすい
  • 1人の寝返りの振動がもう1人に伝わらない

デメリットは次の2つです。

  • マットレス同士の溝が寝ているときに気になる
  • マットレスがずれやすい

メリットのほうが大きいので、マットレスを2つ使うほうがおすすめです。

クイーンは別のマットレス、キングは雲のやすらぎシングル2つ

 

雲のやすらぎプレミアム

価格 39,800円
耐久性 5~10年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 17cm(床置き/ベッドマットレス)

       
«
»
X
\LINEで寝具相談受け付け中/

身長や体重を入力するだけで、あなたにピッタリのマットレスを紹介します❗

addfriends_ja
line@追加コード