【マットレスの基礎知識】敷布団との違い・種類

マットレスの購入を考えているけれど、そもそもマットレスを知らない方って意外と多くいます。

マットレスの種類や特徴を知らないまま、ネットの情報で良さそうだから購入してしまうと、マットレス自体が腰痛や肩こりの原因になってしまいます。

このページで、マットレスの種類や特徴などの基礎的な知識を見つけていきましょう。

マットレスとは

マットレスとは、睡眠を補助する弾力性のある寝具です。

マットレスと敷布団の違い

どの家庭でも「敷布団」もしくは「マットレス」の上で睡眠をとることになります。敷布団とマットレスの違いはなんでしょうか。それぞれのメリットを見てみましょう。

 寝心地弾力性場所を取らない手入れの楽さ 
マットレス
敷布団

マットレスと敷布団の違いをまとめると、下記のようになります。

  • 「マットレス」は寝心地は良いが、手入れが面倒
  • 「敷布団」は寝心地は良くないが、手入れが楽

敷布団と違ってマットレスには、ヘタリを予防するために3ヶ月に1度くらいの間隔で上下裏表を入れ替えるローテーションという手入れがあります。また、一般的なマットレスは洗濯できません。

しかしマットレスは手入れがかかる分、寝心地は断然高いです。手入れの面倒よりも、睡眠や起床後の生活の質を重視する方は、敷布団よりもマットレスを選ぶことをおすすめします。

マットレスの種類

「高反発マットレス」「スプリングマットレス」といろんな名前を聞くマットレス。マットレスの種類は大きく、中の芯材「ウレタン製」「スプリング製」で分けられます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

ウレタン製

ウレタン製とはポリエステルの仲間の素材で、軽量で耐久性が高く弾力性のあるのが特徴です。ウレタンの硬さによって高反発と低反発の2種類にさらに分けられます。

高反発のほうが硬く、低反発のほうが柔らかい性質があります。

スプリング製

スプリング製はバネです。弾力性が高いので寝返りがしやすく、高級なバネだとへたりにくく耐久性も優れます。マットレスの中にあるバネの組み合わされ方によって「ボンネルコイル」「ポケットコイル」の2種類に分けられます。

ボンネルコイルは、バネが横に連結されていて、人の体を面で支えます。比較的安価ですが、体の形に合わせた沈み込みがないので、フィット感もなく寝心地はそこまでよくないです。耐久性は比較的高め。

ボンネルコイルとポケットコイルの違い

ポケットコイルはバネが独立していて、人の体を点で支えます。点ごとに体に合わせて沈み込むので、フィット感があり寝心地が良いです。ただ、1つ1つのコイルに負荷がかかるので、耐久性はそこまで高くはありません。

複合型

複合型は複数の素材が組み合わさったものを指します。高反発ウレタンとポケットコイル、高反発ウレタンと低反発ウレタン、という組み合わせが主流です。

マットレスの中だと、一番寝心地が良く、耐久性に優れ、寝返りもしやすいのが「高反発ウレタンとポケットコイル」の組み合わせ。でも、その分ちょっと高いです。

マットレスの種類比較

高反発、スプリング、複合型それぞれのマットレスをまとめました。

マットレスの種類寝心地価格帯
ウレタン製高反発ウレタン3万~15万円
低反発ウレタン0.5~3万円
スプリング製ボンネルコイル1万~5万円
ポケットコイル5万~20万円
複合型高反発&ポケットコイル10万~20万円
高反発&低反発3万~15万

お財布に余裕がある方や、腰痛改善を意識したい方は「高反発&ポケットコイル」が良いでしょう。この種類で人気なのが「13層やすらぎマットレス」。

それなりの寝心地でコスパの良いマットレスを選ぶなら「高反発ウレタン」か「高反発&ポケットコイル」がおすすめ。特に「モットン口コミ)」「雲のやすらぎ口コミ)」をよくみなさん購入しています。

マットレスの使い方

マットレスの使い方には次の3種類があります。

マットレスの使い方おすすめ度
①ベッドの上に敷いて使う方法
②床に直接敷く方法
③布団の下に敷いて使う方法

マットレスは直接マットレスの上で寝ることを想定しているため、一般的にマットレスの正しい使い方は1か2の方法です。

特にベッドを置いたままでで生活できるなら「①ベッドの上に敷いて使う方法」がおすすめです。置いたままだと生活の邪魔になるので立てかけてスペースを確保したいなら「②床に直接敷く方法」で使うと良いでしょう。

「③布団の下に敷いて使う方法」はマットレスの反発性を無効化してしまうため、誤ったマットレスの使い方です。マットレスの上に敷布団を敷いて寝ないようにしましょう。

マットレスと一緒に揃えるもの

  • ベッドフレーム
  • ベッドパッド(汚れ防止)
  • ベッドパッド(寝心地調整・スプリングタイプに使用)
  • 敷きパッド(夏・冬・春秋)
  • 敷カバーorシーツ
  • 除湿シート
  • 滑り止めシート
  • 乾燥機
マットレスランキング

【失敗しない】マットレストッパーおすすめ比較ランキングtop5

マットレスの種類

日本でも使用が増えてきたマットレストッパー。意外と普通のマットレスとマットレストッパーの違いも知らない方も多いですが、活用することで睡眠の質を向上させることができます。 このページではマットレストッパーの特徴から、種類と […]

マットレスランキング

【寝心地最高】低反発マットレスおすすめランキングTOP6

トゥルースリーパーを置いてみた

体圧分散が高くて包まれる寝心地の低反発マットレス。製品同士が似ていてどれを選んだらいいかわかりにくいですよね。 このページでは、低反発マットレスの特徴から、メリットとデメリット、選び方とおすすめランキングを紹介していきま […]

マットレスランキング

【寝心地最高】ポケットコイルマットレスおすすめランキングTOP9

マットレス

寝心地が高いと評判のポケットコイルマットレス。製品どうしが似ているようで、微妙に違うので、どれを選ぶべきかよくわからない、とう方が多いと思います。 このページではポケットコイルの特徴から、メリットとデメリット、選び方とお […]

マットレスランキング

ボンネルコイルの特徴と選び方【おすすめマットレス3選】

マットレスの種類

ボンネルコイルってどんなマットレス?ポケットコイルとの違いは何?どっちを選べばいいの? コイルマットレスに属するボンネルコイル。似たようなマットレスが多くて違いが分からずに、とりあえず購入して失敗する方もいます。 このペ […]

マットレスランキング

【口コミ付】東京ベッドマットレスの種類比較と選び方・腰痛に効く?

東京ベッド・マットレスのトップバナー

創業90年のポケットコイルマットレスの老舗「東京ベッド」。長年にわたる顧客ニーズや睡眠研究技術によって製造されたマットレスが高く評価されています。 このページでは、東京ベッドマットレスの特徴から、口コミ評判、種類の違い、 […]

X
\売り切れる前にお早めの購入を/

売り切れ
大量生産が難しいマットレスは、一度売り切れると再入荷が未定になったり、1ヶ月後になったりします。

いいな、と思ったら在庫があるうちにお早めに購入をご検討ください。