マットレスの平均的な重さ・どれくらい重いか?|サイズ別の重さ付き

マットレス

マットレスの購入時に見落とされがちなのが「重さ」です。

腰痛持ちであったり、非力な女性や高齢者での一人暮らしの場合、マットレスを購入したものの、玄関まで配達された後、1つ上の階に持ち上げなくては行けなかったり、ベッドのところまで運ぶのも苦労する場合があります。

マットレスの平均的な重さと、それがどれくらいの重いのか予め知って、購入後の搬入からベッドまでの移動を自分でできるのか確かめておきましょう。

マットレスの重さごとの特徴

まずだいたいのマットレスは、10kg~30kgの重みです。

10kg、30kgと言われても、どれくらい重いのか想像しにくいので、簡単にどれくらい重いのか説明します。

重さ 特徴
10kg 女性でも簡単に持ち上げが可能な重さ
15kg 女性だと持ち上げられないが、移動させたり向きを変えるのは可能
20kg 女性だと移動させたり向きを変えるのがギリギリ可能
25kg 女性1人だと手入れが難しい。男性も少しキツく感じる重さ。
30kg 男性1人が持ち上げたり、移動させるのをキツく感じる重さ。

軽いことのメリット

マットレスは基本的に重いより軽いほうが良いです。軽いメリットは次のようなものがあります。

  • 搬入後のベッドへの移動を自分1人でできる
  • 模様替えするときに楽
  • 処分するときに自分で外に持っていける
  • ローテーションを一人で簡単にできる
  • シーツやカバーの取り付けが簡単
  • 掃除するときに移動させるのが簡単になる

種類別のマットレスの重さ平均

マットレスは大きく「高反発ウレタン」「低反発ウレタン」「ボンネルコイル」「ポケットコイル」の4種類に別れます。

それぞれで、シングルサイズの場合の平均的な重さは次のようになります。

※厚さも平均的な厚さを想定しています

種類 重さ
高反発ウレタン(厚さ10cm) 8kg
低反発ウレタン(厚さ5cm) 5kg
ボンネルコイル(厚さ18cm) 18kg
ポケットコイル(厚さ18cm) 18kg

サイズ別のマットレスの重さ平均

先程の平均的なマットレスの重さはシングルサイズを想定していました。

今度は、他のサイズごとでの平均的な重さを紹介します。

セミダブルサイズ

種類 重さ
高反発ウレタン(厚さ10cm) 9kg
低反発ウレタン(厚さ5cm) 6kg
ボンネルコイル(厚さ18cm) 22kg
ポケットコイル(厚さ18cm) 22kg

ダブルサイズ

種類 重さ
高反発ウレタン(厚さ10cm) 10kg
低反発ウレタン(厚さ5cm) 7kg
ボンネルコイル(厚さ18cm) 26kg
ポケットコイル(厚さ18cm) 26kg

クイーンサイズ

種類 重さ
高反発ウレタン(厚さ10cm) 12kg
低反発ウレタン(厚さ5cm) 9kg
ボンネルコイル(厚さ18cm) 30kg
ポケットコイル(厚さ18cm) 30kg

キングサイズ

種類 重さ
高反発ウレタン(厚さ10cm) 14kg
低反発ウレタン(厚さ5cm) 11kg
ボンネルコイル(厚さ18cm) 34kg
ポケットコイル(厚さ18cm) 34kg

マットレスの重さまとめ

  • 20kg以上だと女性1人で運ぶのに苦労する
  • 購入前に必ず重さを確認する