マットレスの簡単お手入れ方法一覧|必須リストから、カビ・ダニ・汚れ・ヘタリ対策まで

マットレス

✅マットレスの手入れは何をすればいい?
✅手入れに必要なものはある?

このページでは、マットレスのお手入れ方法を、必須のメンテナンスリスト、カビ対策、ダニ対策、汚れ対策、へたり対策の5つに分けて紹介していきます。

マットレスを5年、10年、30年と使い続けたい方は、長く使い続けるための細かなお手入れ方法を実践しましょう。

カツミン

20万円する高級マットレスも、カビやダニが繁殖すれば1年で使えなくなってしまうので、お手入れには気をつけましょう

マットレスに必須のお手入れ・メンテナンスリスト

まず最初に紹介するのが、マットレスを購入したら必須のお手入れリストです。

最低限、マットレスの寿命を伸ばすために必要な項目4つを、どれくらいの頻度でやるべきかと合わせて紹介していきます。

必須の基本の手入れ
  • へたる
    →ローテーション
  • カビる
    →陰干し
  • ダニが繁殖する
    →掃除機をかける
  • 汚れる
    →カバーやシーツを洗濯

ローテーション(頻度:1ヶ月~2ヶ月ごと)

マットレスを同じ面、同じ向きばかりで使用していると、同じ箇所に圧力がかかるため、特に腰部分がヘタリやすくなります。

ヘタリを防ぐために行うのが「ローテーション」です。

ローテーションは、裏表、前後左右を2ヶ月~3ヶ月の定期的な間隔で入替えます。

ローテーションが必要なマットレスは、ポケットコイル・ボンネルコイル・高反発・低反発それぞれ当てはまります。

ただし、裏表で硬さや素材が違うマットレスの場合は、前後だけ入れ替えましょう。

ローテーション頻度
  • 裏表の硬さや素材に違いなし
    →2ヶ月に1度、裏表前後を1つずつ入れ替える
  • 裏表の硬さや素材に違いがある
    →1ヶ月に1度、前後を入れ替える

陰干し(頻度:1ヶ月~2ヶ月ごと)

マットレスは下にしている面のほうに湿気が溜まり、敷いたままだと湿気が逃げられずにカビるということがあります。

カビの対策として1ヶ月~2ヶ月に1度はマットレスを風通しの良いところに立てかけて、湿気を逃してあげましょう。

陰干し頻度
  • スプリングマットレスをベッドの上で使用している
    基本的に陰干ししなくても大丈夫。湿気の多い部屋なら3ヶ月に1度
  • 高反発ウレタンマットレスをベッドの上で使用している
    2ヶ月に1回
  • 高反発ウレタンマットレスを床に直接敷いて使用している
    1ヶ月に1回

掃除機(頻度:月に1度)

マットレスの表面を掃除機でかけます。目に見えないホコリがマットレスに付いていたり、ダニのフンや死骸が溜まってアレルギーの原因になっていたりします。

月に1度の頻度でマットレスに掃除機をかけることで、ホコリやダニのフン・死骸を吸い取ることができます。

※掃除機ではほとんど生きているダニを吸い取ることができないので、この後に紹介する「ダニ対策のマットレスのお手入れ方法」をご覧ください。

カバーやシーツを洗濯(頻度:1~2週間ごと)

人は1回の睡眠にコップ1杯分の汗をかくと言われているほど、知らないうちにカバーやシーツが汗や蒸気を吸湿しています。

マットレスに付けているカバーやシーツは薄めなので、吸湿した汗や蒸気がそのまま放置されると、マットレスにも移ってしまったり、カビの原因にもなります。

理想的には週1~週2に1回の頻度で、カバーやシーツを洗濯しましょう。

カビ対策のマットレスのお手入れ方法・メンテナンスリスト

除湿シート(予算3,000円)

マットレスと床、またはマットレスとベッドの間に溜まる湿気を吸い取るアイテムに「除湿シート」があります。

ベッドフレームやすのこマットの使用(予算1万~2万円)

畳やフローリングの床に直接マットレスを敷くと湿気が溜まって、カビが生えやすくなります。その対策の1つとして、ベッドフレームやすのこマットをマットレスの下に敷いて、風の通り道を高める方法があります。

布団乾燥機(予算1万円)

日本の夏の多湿の時期だと、除湿シートやベッドフレームだけでは、そもそも部屋の湿度が高いため、除湿が完璧でない場合があります。

そんなときに完全にマットレス内の除湿を行う方法が布団乾燥機です。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

ダニ対策・ホコリやハウスダスト予防のマットレスのお手入れ方法

布団クリーナー(予算5,000円)

布団クリーナーは、布団専用の小型の掃除機です。布団やマットレスの表面についたダニの死骸・フン・ホコリを吸い取ります。1週間から2週間に1度の頻度で行うのがおすすめ。

防ダニシーツ(予算3,000円)

普通のシーツではなく、防ダニ加工がされたシーツを使用することで、ダニをマットレスに寄せ付けさせない対策ができます。

ダニ避けスプレー(予算500円)

ダニ避けスプレーは、月に1度マットレスに吹きかけるだけで、ダニを寄せ付けないよう保護します。

汚れ対策のマットレスのお手入れ方法・メンテナンスリスト

もし汚れたら乾いた雑巾で汚れを取り除く

汚れたときには、乾いた雑巾などでポンポンと当てるようにして汚れを取り除きましょう。このときに、こすると汚れの範囲が広がるので注意が必要です。

防水プロテクター(予算3,000円)

防水プロテクターは、液体が染みるのを防ぐアイテムです。シーツやカバーだけでは防ぎきれない汚れもシャットアウトします。

敷きパッドを使用する(予算3,000円)

マットレスを保護するのカバーやシーツは薄めなので、少し厚みのある敷きパッドを敷くことで、より汚れがマットレスに移るのを防ぎます。また、敷きパッドは肌触りも良くなるので、快適に眠れます。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

ヘタリ対策のマットレスのお手入れ方法・メンテナンスリスト

マットレストッパーを使用する(予算2万~3万円)

マットレストッパーとは、敷布団やマットレスの上に敷いて寝心地を高める、厚さ3cm~5cm程度の薄めのマットレスです。マットレストッパーを使用することで、マットレス本体への負担が小さくなるので、ヘタリの対策につながります。

ベッドパッドを使用する(予算5,000~1万円)

ベッドパッドは、マットレストッパーよりも薄いクッション性のある寝具で、敷きパッドのように汚れ防止としても役立ちます。

お手入れが簡単なマットレスの種類

マットレスのお手入れは面倒だと感じる人は多いです。普通のマットレスは大きくて重いですからね。

でも中には手入れが楽なマットレスの種類もあります。

お手入れが簡単なマットレスの条件
  • 湿気が溜まりにくい・通気性が高い
  • 重くない

エアウィーヴは水洗いができる

これらの条件を満たすマットレスの種類が「高反発ファイバー素材マットレス」です。ファイバー素材は、ポリエステルの繊維を絡ませたような作りで、通気性が高く、もし汚れても洗える特徴があります。

ファイバーマットレスだとクッション性が低いので、寝心地も考慮して選ぶのなら、高反発マットレスがおすすめです。ポケットコイルやボンネルコイルといったスプリング系マットレスは、どうしても重量があるので、手入れの面倒さがありますね。

マットレスのよくある間違った手入れ方法

天日干しをする

敷布団はベランダで天日干しして、布団叩きでパンパン叩かれているイメージがあるせいで、マットレスの手入れで天日干しをしようとする方がいますが、天日干しは間違いです。

綿素材の敷布団とは違い、高反発や低反発マットレスはウレタンという化学物質でできています。このウレタンは紫外線に長時間さらされると、変色や変形を起こすことがあるため、直射日光や紫外線が当たらないように注意しましょう。

ボンネルコイルやポケットコイルのようなスプリングマットレスも、詰め物(表面のクッション部分)にウレタン素材を使っていることがほとんどなため、天日干しはNGです。

汚れたときに洗う

敷布団は綿素材なので水で洗えますが、マットレスはウレタン素材やスプリング素材なので、水で濡らすとウレタンは変形したり、スプリングはサビたりします。また、乾きにくくてカビが生えたりもします。

カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類

マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。(➢ポケットコイルマットレスランキング ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。(➢ボンネルコイルマットレスランキング
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。(➢高反発マットレスランキング 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。(➢低反発マットレスランキング

構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。

種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル(スプリング)
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方

当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

マットレスの硬さ診断はこちら

サイズの選び方

1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。

使い方の種類
マットレスの使い方の種類解説
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
床置薄型マットレスとは

床置き薄型マットレス

床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。→おすすめ薄型マットレス

ベッドマットレスとは

ベッドマットレス

ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。→おすすめベッドマットレス

マットレストッパーとは

マットレストッパー

マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。→おすすめマットレストッパー

マットレスと敷布団の違い

どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。

体圧分散とは

体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。

ローテーションとは

ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?

高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?

店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。

重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧

何万円のマットレスを購入すればいいの?

安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。➤コスパの高いマットレスランキング

高級なマットレスの購入が怖いです

マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧