人生の3分の1は睡眠。
睡眠の質に大きく影響を与える
「寝具」にはこだわりを。

快眠寝具生活みんかつは、ユーザーと寝具のミスマッチを防ぐために、製品の素材・構造を分析して、どういう人にその寝具が合うのかを紹介する、寝具業界最大級のメディアです。

睡眠に必要な寝具の種類・選び方

睡眠に必要な最低限の寝具をまとめました。

ここで紹介する寝具は睡眠の質に大きく影響を与えるので、寝心地を向上させたいという場合には、現在の寝具を交換したり、追加で購入したりしてみましょう。

マットレス|予算目安3万円~15万円

マットレス

マットレスとは、スプリングやウレタンで体を支える寝具です。クッション性・反発性があり、睡眠の土台の役割を担います。マットレスは底付き感がなく、寝姿勢を安定させるので、敷布団よりも最近は人気になっています。腰痛対策として高齢者の方もよく購入されています。

AIマットレス診断

あなたの体型・悩みに合ったマットレスをAIが分析します。

身長

体重

性別

悩み

寝姿勢

使い方

使い方別 特徴
マットレス薄型敷布団タイプのマットレス 床に直接敷いたり、ベッドフレームの上で使える厚さ8cm〜15cm

ベッドマットレスベッドマットレス ベッドフレームの上でつかう厚さ15cm~30cm

マットレストッパーマットレストッパー マットレスや敷布団の上に重ねてつかう厚さ3cm~8cm

敷布団とは、中に綿、羊毛、羽毛等の繊維が詰められている、床に直接敷いて寝る日本古来の寝具。厚さは10cm未満の薄めのものが多い。おすすめの敷布団はこちら

枕・ピロー|予算目安1万円~3万円

枕

枕は首や肩の負担が小さくなるように、背骨のラインと一致するよう頭の位置を高くする寝具です。呼吸の楽さ、肩や首の凝りの解消・疲労回復に影響を与えます。

AIまくら診断

あなたの体型・寝姿勢に合った枕をAIが分析します。

身長

体重

性別

体の特徴

寝姿勢

寝具の硬さ

(秋冬用)掛け布団・羽毛布団|予算目安3千円~3万円

掛け布団

秋冬用の掛け布団・羽毛布団は、厚みのあるフワフワの中綿を使用した寝具。睡眠の質を上げるのに必要な、保温性・吸湿性に影響します。

(春夏用)肌掛け布団・タオルケット|予算目安3千円

肌掛け布団

春夏用の肌掛け布団・タオルケットは、薄めで熱を溜めず、お腹が冷えないように少しだけ保温する寝具です。放熱性・放湿性で、高温多湿な季節でも快適に睡眠できます。

寝具の基本の組み合わせ

寝具にもいろいろ種類があり、どれを必須で買わなくてはいけないのか分かりづらいですよね。

以下では「床に直接敷く場合」「ベッドに敷く場合」の2つに分けて、基本の寝具の組み合わせをご紹介します。

①床に直接敷く場合の寝具の組み合わせ

床に直接敷く

床に直接マットレスや敷布団を敷く場合には、下記3つだけで寝心地を感じられます。

ただし、マットレスは、底付き感がなく、かつ通気性が悪くならない10cm程度の厚さを選ぶようにしましょう。

②ベッドに敷く場合の寝具の組み合わせ

ベッドに敷く

ベッドにマットレスを敷く場合には、下記の4つの組み合わせが基本となります。

ベッドマットレスは厚みがあり値段が高く(7万円以上)、その上ベッドフレーム(1万~2万円)も揃える必要があるため、ベッド使用は予算が必要になります。

一緒に買い揃えるサブ寝具の種類

大きく寝心地に影響を与えはしませんが、自分好みに寝具の寝心地や手入れをカスタマイズするために、一緒に買い揃えるものをまとめました。

寝具 役割
ベッドフレーム 通気性向上
すのこマット 通気性向上
敷きパッド 肌触り向上・汚れ防止
ベッドパッド 寝心地向上・汚れ防止
カバー・シーツ 肌触り向上・汚れ防止
毛布 保温性向上
除湿シート カビ湿気対策
布団乾燥機 カビ湿気対策

ベッド(フレーム)|予算1万円~3万円

pixta_54210898_M

ベッドフレームは、脚が付いていて、マットレスを床から離して通気性を高める寝具です。タイプによっては、脚にできた空間を収納スペースとして使用できたり、折り畳めるタイプもあります。

すのこマット|予算目安5千円前後

pixta_58465531_M

すのこマットは、ベッドのような脚はなく、値段が5千円前後の安めで通気性を高められる寝具です。(おすすめ:すのこマット風-kaze-

敷きパッド|予算目安3千円~5千円

敷きパッドをマットレスに装着する

敷きパッドは、シーツの上に敷いて、肌触りを良くしたり、マットレスの汚れを防止したり、放熱性・保温性を向上させる寝具です。

ベッドパッド|予算目安3千円

ベッドパッド・マットレスパッド

ベッドパッドは、シーツとマットレスの間に敷いて汚れを防止する、少し厚みのある寝具です。ベッドパッドと敷きパッドとの違いは、ベッドパッドは直接肌に触れないのに対して、敷きパッドは直接肌に触れます。また、ベッドパッドは少し厚みがあるので、寝心地を柔らかくします。

寝具のカバー・シーツ

ボックスシーツをマットレスに装着する

カバーは肌触りをよくしたり、通気性を少しアップしたり、寝具への汚れ防止に役立ちます。マットレス・敷布団・掛け布団・枕それぞれにカバーがあります。

毛布|予算目安1万円

毛布

毛布は、掛け布団の上に重ねて使ったり、掛け布団の下で肌に直接触れる位置で使ったりする、より保温性を高めるための寝具です。

除湿シート|予算目安3千円

除湿マット

除湿シートは、床に直接マットレスを敷く場合に、マットレスと床との間に除湿シートを敷いて、湿気がたまらないようにする寝具です。(おすすめ:調湿シートからっと寝

布団乾燥機|予算目安1万円前後

布団乾燥機

布団乾燥機とは、掛け布団・敷布団の中に温風を送り込んで、中の湿気を飛ばして、乾燥させる寝具です。布団乾燥機を使用することで、秋冬は入眠前に温かい布団が用意でき、春夏は除湿をしてカビの繁殖を抑えます。

季節ごとで快眠するための寝具の種類

気候変動の激しい日本では、季節ごとに使い分ける寝具があります。

以下では春夏、秋冬にわけて、おすすめの寝具を紹介します。

春夏|湿気カビ対策・通気性向上・暑さ対策

  • 除湿シート(湿気カビ対策)
  • すのこマット(湿気カビ対策・通気性向上)
  • 冷感敷きパッド(暑さ対策)
  • 冷感枕カバー(暑さ対策)

秋冬|結露カビ対策・保温性向上

  • 除湿シート(結露カビ対策)
  • すのこマット(結露カビ対策)
  • 敷きパッド・ベッドパッド(保温性向上)
  • 毛布(保温性向上)
  • ピローパッド(保温性向上)

寝具の新着記事一覧

イーズ™ バイ テンピュール®・サムネ イーズ™ バイ テンピュール®を体験レビュー PR TIMESサムネ 夫婦のベッドの寝方に関するアンケート結果【新婚時は1枚に一緒が最多だが、現在は2枚に別々が最多】 敷布団とマットレスの違い マットレスと敷布団の違い【メリットvsデメリット比較】 NELLマットレス体験レビュー NELLマットレスを体験レビュー【過去最高レベルでした】 ポケットコイル・ボンネルコイルの違い見た目 ポケットコイルとボンネルコイルマットレスの違い【どっちを選べばいい?】