高反発枕おすすめランキング5選【高さ調整可能なものから、横向き寝しやすいものまで】

寝具・枕・ベッド

✅高反発枕ってどれがいいの?
✅失敗しない選び方を教えて!

このページでは、高反発枕の正しい選び方から、おすすめの高反発枕を人気ランキング形式で紹介していきます。

コスパが高い高反発枕を、高さ調整可能なものから、横向き寝しやすいものまで様々な種類を揃えているので、自分に合った枕を探してみて下さい。

AIまくら診断

あなたの体型・寝姿勢に合った枕をAIが分析します。

身長

体重

性別

体の特徴

寝姿勢

寝具の硬さ

高反発枕の選び方

高反発枕の選び方を解説していきます。選ぶポイントはつぎの3つに別れています。

  • 素材
  • 形状
  • 高さ

素材の種類

高反発枕の素材には「高反発ウレタン」と「高反発ラテックス」の2種類があります。

高反発ウレタンよりもラテックスの値段が高く、寝心地性能も高いのが特徴です。

高反発ウレタン
  • 感触
    やや硬め
  • メリット
    頭をしっかり支える。寝返りがしやすい。
  • デメリット
    自分に合った硬さ・形状選びが難しい
ラテックス
  • 感触
    やや硬め
  • メリット
    頭をしっかり支える。寝返りがしやすい。高反発ウレタンよりも高級。
  • デメリット
    自分に合った硬さ・形状選びが難しい、値段が高い

形状の選び方:寝方で選ぶ

寝方に応じて適した高反発枕の形状があります。横向きに寝る人なら波型、仰向けに寝るなら標準型を選びましょう。

寝方形状
横向き寝波型(ウェーヴタイプ)
仰向け寝標準型
くぼみ型
首元カーブタイプ
寝返りが多い両端高めタイプ
うつぶせ寝U字型
コの字型
ひし型

高さの選び方

体型に応じて寝姿勢がきれいになるように、適した高反発枕の高さがあります。

仰向けで寝る人の場合の、適した枕の高さは次のとおり。

※横向きに寝る人は、横向きに寝たときの肩幅分、頭の位置が高くなるので、「高めの枕」を選ぶのがおすすめです。

体型高さ高さcm
肥満体型
筋肉質
高め10cm~12cm
ふつうふつう7cm~10cm
痩せ型低め5cm~7cm

高反発枕おすすめ人気比較ランキング4選

おすすめの高反発枕をランキング形式で紹介していきます。

ランキングの作成には次の3つの項目を重視して選びました。

高反発枕ランキング作成基準

  • コスパ(値段の安さx耐久性)
  • 機能性(高さ調節など)
  • 人気や評判

選ぶのに迷った方は、使用後に返品できる「高反発枕モットン」を試してみるのがおすすめです。

No1【ウレタン・横向き寝しやすい波型・高さ調整可能・返金保証付き】モットン 高反発まくら

高反発枕モットンは、肩こりや首こりでお悩みの人におすすめの枕。

最大の特徴が、高さを自宅で6段階調整できる点。4枚の調節シートと、2枚のハーフサイズの調節シートにより、全体的な高さ、首元の高さを自分好みに調節できます。

複数の調節シートがあるため、仰向けで寝る人、横向きに寝る人どちらでも、モットン枕がちょうど良い高さになります。これにより、寝返りのしやすさ、体圧分散が高くなるため、肩こり・首コリの解消の評判が多く上がっています。

また、モットン枕には90日間の返金保証が付いています。店頭だと、数分寝心地を確かめることしかできませんが、モットン枕の場合は、自宅で何日も寝心地を確認できます。

モットン 高反発まくらの口コミと評判を確認

おすすめポイント
  • 6段階の高さ調整可能
  • 90日間の返金保証付き
90日間返金保証付き
※返金保証は公式のみ

No2【ラテックス・横向き寝しやすい波型】シーリー エルゴノミック

シーリーピローは、柔らかくて反発力のあるラテックス素材を使用しているので、寝心地が高い特徴があります。

高反発や低反発と呼ばれる枕のウレタン素材と比べて、ラテックス素材は通気性と弾力性が高い高級素材です。値段も少し上がりますが、寝心地が良いと評判があります。

また、波形型になっているため、上下を入れ替えることで枕の高さを選べ、頭部と首元(頚椎)にフィットして支えます。

シーリー エルゴノミックの口コミと評判を確認

おすすめポイント
  • 横向きに寝やすい
  • オープンセル構造&空気穴があり通気性高い
  • 店舗でお試し可能
お得に購入するなら

No3【ファイバー素材・高さ調整可能・洗える】エアウィーヴ ピロースタンダード

エアウィーヴの枕は、枕本体の「リングコア」と、高さを調節する「シートコア」の構造をしています。

シートコアは出し入れができ、何も入れない状態、1枚入れた状態、2枚入れた状態と、3種類の高さ調整が可能です。

エアウィーヴの枕は自宅で自分に合った高さに調整できるので、フィット感が高くなりやすく、寝心地がよくなるので、良い評判に結びついています。

また、高反発や低反発のウレタン素材のように、中に熱や湿気がこもりにくく、通気性抜群。通気性が良いだけでなく、そのまま自宅のシャワーで洗うことができます。

エアウィーヴ ピロースタンダードの口コミと評判を確認

おすすめポイント
  • 高さ調整可能(フィット感高い)
  • ファイバー素材(通気性が高い&軽い)
  • 水で洗える(清潔)
お得に購入するなら
※amazonは返品保証なし

No4【ウレタン・高さ調整可能・アスリートに人気】東京西川 AiR 3D

東京西川のエアーピローは、サッカーの三浦知良、野球の田中将大、大谷翔平、ゴルフの松山英樹など、トップアスリートが選ぶエアーマットレスの、枕バージョン。

マットレスで培った、負担の分散性、通気性を枕に応用したシリーズです。

ひとりひとりに合った眠りのフォームを保つことのできる3次元特殊立体構造ピロー。

東京西川 AiR 3Dの口コミと評判を確認

おすすめポイント
  • 仰向け・横向きに寝やすい
  • 表面が凹凸構造で通気性良い
お得に購入するなら
カツミン

枕が決まりませんか?こちらの「枕おすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個の枕から選びました。