敷きパッドおすすめ5選。オールシーズンタイプから暖かい秋冬用まで

敷きパッドをマットレスに装着する

肌触りの向上や、マットレス/敷布団の汚れ防止に役立つ寝具「敷きパッド」。

このページでは、敷きパッドの選び方から、おすすめの敷きパッドを5つ紹介していきます。

夏の暑さを涼しく、冬の寒さを暖かく過ごせるとっておきの敷きパッドを選んだので、ぜひ参考にしてみてください。

敷きパッドの種類

ベッド

敷きパッドはたくさん種類がありますが、大きなちがいは素材にあります。一般的には綿/コットン素材が多く、最近の接触冷感素材はレーヨンです。

素材肌触り特徴
コットン(綿)さらさら吸水性が高い。オールシーズンOK。
リネン(麻)さらさら通異性、吸湿性、放湿性が高い。夏向き。
シルク(絹)つるつる なめらか保温性、保湿性が高い。光沢がある。一番肌触りが良い。冬向き。洗濯に弱い
ウール(羊)ごわごわ さらさら保温性、断熱性が高い。冬向き。
レーヨンつるつる吸湿性と吸水性は良いが、縮んだりシワになりやすい。洗濯に弱い。
ポリエステルさらさらシワになりにくく、乾きやすい。吸湿性は低い。毛玉ができやすい。
ナイロンつるつるシワになりにくい。吸湿性は低い。肌触りが良い。

選び方:春夏用or秋冬用orオールシーズン

季節ごとで適した感触や肌触りの素材があります。

タイプ特徴
春夏用接触冷感機能のある素材または、麻/リネン素材。
秋冬用動物繊維素材(絹/シルク, 羊/ウール)
オールシーズン季節で入れ替えできるリバーシブルタイプか、コットン素材。

敷きパッドおすすめ5選

【リバーシブル】最強接触冷感&ワッフル素材敷きパッド ★おすすめ

【リバーシブル】最強接触冷感&ワッフル素材敷きパッド ★おすすめ

リバーシブルの敷きパッドで、夏は強力な接触冷感でひんやりと、冬場は反対面のふわっとした面でポカポカを味わえます。オールシーズン対応の敷きパッドでありながら、抗菌防臭で長く使え、洗濯機での丸洗いも可能。当サイトで一番おすすめの敷きパッドです。(接触冷感 Q-max0.516)

価格2,780円
種類オールシーズン
素材表地:ナイロン100%,裏地:ポリエステル100%
肌触りひんやり・さらさら
ブルー,グレー,ミント,ホワイト
サイズシングル,セミダブル,ダブル,クイーン,キング
その他機能リバーシブル,接触冷感,洗濯機丸洗い可能,抗菌防臭

【秋冬におすすめ】羊/ウール100%温かい高級敷きパッド

【秋冬におすすめ】羊/ウール100%温かい高級敷きパッド

高品質な日本製のウール(羊)100%の敷きパッド。高い吸湿性と放湿性で蒸れにくい。冬の寒い時期に、掛ふとんは温かいけどマットレスが寒いという方におすすめ。全身が暖かく包まれます。

価格6,012円
種類秋冬用
素材表面:綿/コットン,中綿:羊/ウール100%
肌触りふんわりさらさら
ベージュ
サイズ
その他機能洗濯機丸洗い可能

敷きふとんカバーカテゴリAmazon1位 綿100% 通気性高いメッシュ加工

敷きふとんカバーカテゴリAmazon1位 綿100% 通気性高いメッシュ加工

通気性優れたメッシュ素材で、吸水速乾のコットン100%敷きパッド。就寝中の寝汗もしっかり吸水し、適度な保温効果もあります。春夏秋冬使用できるオールシーズン対応です。

価格2,880円
種類オールシーズン
素材綿/コットン100%
肌触りさらさら
ブルー,パープル,ネイビー,グレー,アイボリー
サイズシングル,セミダブル,ダブル,クイーン
その他機能メッシュ素材,抗菌防臭加工,洗濯機丸洗い可能,防ダニ

麻/リネン100% 通気性高い敷きパッド 麻夢物語

麻/リネン100%  通気性高い敷きパッド 麻夢物語

通気性、吸水速乾性、耐久性に優れた麻/リネン素材100%の敷きパッド。高温多湿な夏でも快適に眠れる生地です。表面の凹凸加工によって、肌との接触面を減らし、通気性を向上。ムレや熱のこもりを防ぎます。

価格4,380円
種類オールシーズン
素材麻/リネン100%
肌触りさらさら
ベージュ
サイズ洗濯機丸洗い可能,凹凸加工,
その他機能

【夏におすすめ】接触冷感ひんやり敷きパッド 昭和西川

【夏におすすめ】接触冷感ひんやり敷きパッド 昭和西川

近年睡眠中の暑さ対策として多くの方が取り入れている接触冷感敷きパッド。その中でも安めで、寝具老舗メーカー「昭和西川」が販売しているこちらの敷きパッド。(接触冷感 Q‐max値 0.252)

価格1,782円
種類春夏用
素材ポリエステル,ナイロン,レーヨン
肌触りひんやりさらさら
ブルー
サイズシングル,セミダブル,ダブル
その他機能接触冷感,洗濯丸洗い可能

敷きパッドのよくある質問

夫婦でマットレス選び

そもそも敷きパッドは必要?

敷きパッドは必ず敷布団やマットレスに必要な寝具ではありません。日本は気温や湿度の変化の激しいので、「最近寒いな」「最近暑いな」と感じた時に微調整のために敷きパッドが活躍します。

敷きパッドとシーツはどっちが上?下?

敷きパッドの上にシーツを敷くのは間違いです。正しくは、シーツの上に敷きパッドを敷きます。( >>おすすめシーツ一覧はこちら

敷きパッドとベッドパッドの違い

敷きパッドと似ていて間違えてしまうのが「ベッドパッド」です。違いは簡単で、敷きパッドが直接肌に触れるものに対して、ベッドパッドは直接肌に触れません。ときどき敷きパッド/ベッドパッドどちらで使用してもOKな寝具もあります。

重ね順寝具役割
1敷きパッド肌触り・汚れ防止
2シーツ汚れ防止
3ベッドパッド湿気対策・寝心地向上
4マットレス寝心地の土台

敷きパッドの洗い方:洗濯ネットを使う

敷きパッドの多くはご家庭の洗濯機で丸洗いが可能です。

洗う際には敷きパッドが入る特大洗濯ネットを使うのがおすすめ。タオルを洗っていると肌触りが硬くなるように、敷きパッドも痛んでしまうので、ネットに入れて洗ってあげましょう。

洗濯ネットのおすすめはこちら↓

敷きパッドの洗濯頻度:1週間~2週間

人は寝ている間にコップ1杯の汗をかいているので、衛生を考えて、敷きパッドの洗濯頻度は1週間から2週間ごとで行うようにしましょう。

冷感敷きパッドがひんやりする理由

触るとひんやりする接触冷感敷きパッドが、冷たく感じる理由は、敷きパッドの素材が熱伝導率(熱の伝わりやすさ)が高いため、触れた瞬間に、肌の熱が敷きパッドに移動するからです。

接触冷感はQ-MAX値が0.2以上のものを選ぶ

接触冷感の数値は製品ページに「Q-MAX値」と書かれていて、値が大きいほど冷たく感じやすい製品になっています。一般的に0.2以上を選ぶようにしましょう。大きいものだと0.5のものがあります。

記事が見つかりませんでした。

まだ記事が投稿されていません。以下でキーワードやカテゴリーから記事を探すことができます。

以下のカテゴリー一覧から記事を探すこともできます。