マットレスの選び方|硬さから素材、サイズの選び方まで分かりやすく解説

マットレス

マットレス選びが難しいと感じた人に向けて、商品ページの何を見ればよいのか、どういう基準で選べばよいのかを分かりやすく解説していきます。

とりあえず腰痛持ちだから硬めを選ぶ、見た目が同じだから安いほうを選ぶと、失敗する可能性が高くなるので、お金が高い分、じっくり選び方も勉強していきましょう。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

マットレス選びに重要な寝心地3要素

「マットレスは寝心地が良いものを選ぼう」とよく説明されますが、寝心地には一体何が必要なのかわからないですよね。

マットレスで寝心地を高めるために必要な要素は次の3つです。

寝心地の要素① 体圧分散

マットレスの体圧分散

マットレスは体圧分散が高いものを選ぶと寝心地が高くなります。

「体圧分散」とは、マットレスの上で体の一部にかかる負担を、体全体に分散させる性能のこと。

睡眠中、体の凸部分、腰や背中に負担が集中します。体圧分散が低いと、この負担が大きくなり、腰痛や肩こりを引き起こしたり悪化させることがあります。

凸部分だけでなく、凹部分にもマットレスが密着することで、体圧分散が高まり、負担のない寝心地を感じられます。

寝心地の要素② 綺麗な寝姿勢

マットレスの寝姿勢サポート

睡眠中の寝心地には「寝姿勢が綺麗になること」も大切です。

マットレスの上での理想的な寝姿勢は、仰向けであれば綺麗なS字になること、横向きであれば背筋が一直線になることです。

もし寝姿勢が崩れていると、腰や背中への負担が大きくなったり、関節が痛くなったり、睡眠中の筋肉が緊張して疲労回復しなかったりします。

綺麗な寝姿勢をサポートするマットレスを選ぶようにしましょう。

寝心地の要素③ 寝返りのしやすさ

マットレスの寝返りサポート

あまり意識されていない人も多いですが、寝心地に重要なのが「寝返りのしやすさ」です。

寝返りは、同じ姿勢でいるときに、負担のかかる体の部位を入れ替えることで、負担を分散する働きがあります。

寝返りがしづらいと、同じ箇所への負担が大きくなって体が痛くなったり、寝返りに筋肉を使ってしまい、肩こりが発生したり、疲労回復しなかったりします。

朝起きたときに、体が軽く、スッキリ起きるためには寝返りのしやすさが大切です。

寝心地3要素のバランスを保つのが「マットレスの硬さ」

マットレスの硬さ選びの重要さ

体圧分散・綺麗な寝姿勢のサポート・寝返りのしやすさは、どれか1つだけ高まると、他が下がってしまいます。

例えば、体圧分散が高すぎると、腰が沈み込みすぎて寝姿勢が崩れ、寝返りもしづらくなります。

そこで体圧分散・寝姿勢のサポート・寝返りのしやすさをバランス良く高めるために必要なのが「自分に合ったマットレスの硬さ」を選ぶことです。

マットレスは硬さ選びが重要

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

マットレスの選び方

マットレスの硬さも含めて、マットレスを選ぶときに重要な項目をまとめました。

項目 解説
硬さを選ぶ 自分の体型・体重・好みに合った硬さを選ぶことで、マットレスの寝心地の3要素を満たす。
コスパを調べる 安いだけでなく、値段に対しての耐久性、つまりコスパを見る。基本的には値段が高ければ耐久性は高くなるが、値段だけに惑わされないようにする。
厚さを選ぶ マットレスの厚さごとで使い方が変わります。
素材を選ぶ マットレスの中身の素材によって寝心地や耐久性が変わる。
サイズを選ぶ 1人用、2人用でもサイズの種類がそれぞれ複数あるので間違いないように選びましょう。

それぞれより詳しく説明していきます。

硬さを選ぶ=寝心地を高める

マットレス選びで一番重要なのが、自分に合った硬さを選ぶことです。

腰痛には硬めが良い、体重が軽い人は柔らかめが良いとよく聞きますが、マットレスの硬さは、その人の体重と体型によって感じ方が変わります。

そこで当サイトでは、マットレスの硬さを7段階表記し、また、体型ごとでおすすめの硬さを示しています。

体型 マットレスの硬さ
超肥満体型 硬■■□□□□□柔
超固め〜硬め
ぽっちゃり 筋肉質 硬□■■□□□□柔
硬め〜やや硬め
普通体型 硬□■■■□□□柔
硬め〜ふつう
痩せ型 硬□□□■■■□柔
普通〜柔らかめ

より自分に合った硬さを知りたい方は、次の診断ツールに生体情報を入力してみましょう。

マットレスの硬さ診断

身長

体重

性別: 男性 女性



あなたに合う硬さ

※硬さの基準に世界的な基準はないため、上記は当サイトのみで使用できる独自調査に基づいた基準です

コスパを調べる=値段に対する耐久性が高いもの

マットレスを選ぶときに値段だけ見がちですが、値段が安くても、それ以上に耐久性が低いと、すぐに買い換えることになりコスパが悪くなります。

専門的には、マットレスの耐久性を示す値として、復元率や、スプリングの線材の種類などの項目がありますが、一般ユーザーからすると良くわからないものとなっています。

そこで当サイトでは、各マットレスにおよその寿命を示しています。

値段に対する一般的なマットレスの寿命は下記のようになります。参考にしながら、コスパが良いのか判断してみてください。

値段 寿命
5千円~2万円 1年~3年
3万円~5万円 3年~6年
5万円~10万円 5年~15年
10万円~20万円 5年~20年

厚さを選ぶ|使い方ごとで決める

マットレスの厚さには3cm〜30cmと、かなり幅があり、何cmの厚さを選べばよいか迷いがちです。

マットレスの厚さは「マットレスをどのように使うか」で適した厚さが決まっています。

ベッドの上で使う 床に直接敷く 寝具に重ねる
厚み15cm以上
※15cm以下でも使用可
厚み6cm~15cm 厚み3cm~6cm
5万円~15万円 3万円~6万円 2万円~3万円
  • ベッドフレーム(1万円~3万円)を買う必要あり
  • カビ対策を気にする必要あり
  • 今お使いのマットレスか敷布団の上に重ねる
  • 現在の寝具の処分不要

素材の種類を選ぶ

マットレスにはスプリング系の「ポケットコイル」「ボンネルコイル」や、ウレタン系の「高反発」「低反発」などの種類があります。

素材ごとで特徴が全く異なるので、購入するときにどの種類なのかは気をつけましょう。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。(➢ポケットコイルマットレスランキング ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。(➢ボンネルコイルマットレスランキング
高密度スプリング
高密度スプリング連結部分を工夫したことで、従来のボンネルコイルの面で支える働きを点で支える働きに近づけた寝心地良い高級マットレス。
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。(➢高反発マットレスランキング 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。(➢低反発マットレスランキング
低反発&高反発 ファイバー
低反発&高反発ハイブリッドマットレスの解説図 ファイバーマットレスの解説図
低反発&高反発は、2層構造になっていて、適度に沈み込み上層の低反発と、体をしっかり支える高反発で、低反発と高反発のいいとこ取りをしたマットレス。 ファイバーは、ウレタン素材ではないクッション性のある特殊な繊維で、ウレタンの通気性の改善と、水洗いを可能にしたマットレス。(➢高反発ファイバーマットレスランキング

素材ごとで、硬さや値段、使い方がだいたい決まっています。

自分がどの種類を選べばよいか、下記の表で確認してみましょう。

素材 特徴
ポケットコイルポケットコイル解説図

硬□□□■■■■柔
普通〜超柔らかめ

  • 値段 :5万円~100万円
  • 耐久性:5年~15年
  • 厚さ :15cm~30cm
  • 使い方:ベッドの上
  • 通気性:◯
  • 重さ :重い
ボンネルコイルボンネルコイル解説図

硬■■□□□□□柔
超硬め〜硬め

  • 値段 :1万円~3万円
  • 耐久性:2年~5年
  • 厚さ :15cm~30cm
  • 使い方:ベッドの上
  • 通気性:◎
  • 重さ :重い
高密度スプリング高密度スプリング

硬□■■□□□□柔
硬め〜やや硬め

  • 値段 :5万円~20万円
  • 耐久性:5年~15年
  • 厚さ :15cm~30cm
  • 使い方:ベッドの上
  • 通気性:◎
  • 重さ :重い
高反発高反発ウレタン解説図

硬■■■■□□□柔
超硬め〜ふつう

  • 値段 :1万円~10万円
  • 耐久性:1年~10年
  • 厚さ :3cm~30cm
  • 使い方:床の上 or ベッドの上で使う
  • 通気性:◯
  • 重さ :軽い
低反発低反発ウレタン解説図

硬□□□□■■■柔
やや柔らかめ〜超柔らかめ

  • 値段 :1万円~3万円
  • 耐久性:1年~3年
  • 厚さ :3cm~5cm
  • 使い方:敷布団やマットレスの上に重ねる
  • 通気性:△
  • 重さ :軽い
低反発&高反発低反発&高反発ハイブリッドマットレスの解説図

硬□□□■■□□柔
ふつう〜やや柔らかめ

  • 値段 :3万円~10万円
  • 耐久性:3年~10年
  • 厚さ :5cm~30cm
  • 使い方:床の上 or ベッドの上で使う
  • 通気性:◯
  • 重さ :軽い
高反発ファイバーファイバーマットレスの解説図

硬■■□□□□□柔
超硬め〜硬め

  • 値段 :3万円~5万円
  • 耐久性:2年〜5年
  • 厚さ :5cm~10cm
  • 使い方:床の上 or ベッドの上で使う
  • 通気性:◎
  • 重さ :軽い

サイズを選ぶ

エムリリーの優反発シリーズのマットレスサイズ

マットレスを1人で使う場合、2人で使う場合、それぞれでもいくつかサイズの種類があります。

サイズ 用途 横幅
セミシングル 1人用 80cm~90cm
シングル 1人用 97cm
セミダブル 1人用 120cm
ダブル 2人用 140cm
クイーン 2人用 160cm
キング 2人用 / 親子3人用 180cm
カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類

マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。(➢ポケットコイルマットレスランキング ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。(➢ボンネルコイルマットレスランキング
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。(➢高反発マットレスランキング 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。(➢低反発マットレスランキング

構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。

種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル(スプリング)
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方

当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

マットレスの硬さ診断はこちら

サイズの選び方

1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。

使い方の種類
マットレスの使い方の種類解説
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
床置薄型マットレスとは

床置き薄型マットレス

床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。→おすすめ薄型マットレス

ベッドマットレスとは

ベッドマットレス

ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。→おすすめベッドマットレス

マットレストッパーとは

マットレストッパー

マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。→おすすめマットレストッパー

マットレスと敷布団の違い

どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。

体圧分散とは

体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。

ローテーションとは

ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?

高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?

店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。

重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧

何万円のマットレスを購入すればいいの?

安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。➤コスパの高いマットレスランキング

高級なマットレスの購入が怖いです

マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧