アンネルベッドのマットレスの口コミ評判!おすすめの種類と選び方

アンネルベッドマットレス

種類がたくさんあるけど、サイトの商品説明だと製品の良さが伝わりにくいアンネルベッドマットレス。

このページでは、3,000個のマットレスを見てきた筆者が、コイルの数・巻き数・長さから、詰め物の種類などを細かに独自で分析して、アンネルベッドのマットレスを徹底的に解説していきます。

おすすめのアンネルベッドマットレスも紹介しているので、選ぶさいにぜひ参考にしてみてください。

アンネルベッドの概要
  • コスパ高い
  • 腰部分の補強
  • コイルの耐久性高い
価格 68,000円
寝具の種類 ポケットコイル
使い方 ベッドマットレス
厚さ 22cm
硬さ 硬 □□■□■□□ 柔(やや硬め,やや柔らかめ)
寿命 10~15年
保証 なし
サイズの種類 シングルセミダブルダブルワイドダブル
\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト

店舗よりも通販が安いことも

アンネルベッドマットレスの口コミ評判

アンネルベッドのマットレスの口コミには、寝心地が良い、腰痛が改善したという評判が見られます。

View this post on Instagram

我が家に新しい仲間が来ました。 購入してから2週間。待ったわー、2週間長かったわー アンネルベッド HCゾーン ネオ こだわっただけあって寝心地最高です! これで、人生の1/3がバラ色笑 というのも先月、ウイルス性肝炎になって結構家で寝てたんですが、持病の腰痛が悲鳴をあげ、そうだベッドを買おう!の流れに。調べに調べた結果、新井家具さんに出会う。良いものを安く、コレが本当に安い。ネットよりも。マジで。 回し者じゃないです笑 でもベッドの説明、価格、応対、ホント素晴らしかった。 アンネルベッド とか普通知らないもんね!説明聞かなかったら絶対買ってないf^_^; 今では軽いベッドマニアです笑 ご検討されている方は是非ご相談下さい。 肝炎の方はというと、今はただのお酒飲めない人。7.18解禁予定です、お誘い待ってます! 長文失礼しますた。 #ベッド #bed #アンネルベッド #新井家具 #人生の3分の1 #肝炎 #お酒飲めない #お酒飲みたい #待ちに待った

A post shared by Kazunori Maeda (@kznote619) on

\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト

 

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

アンネルベッドのマットレスの特徴

アンネルベッドマットレスの画像

アンネルベッドは広島に本社のある、昭和9年からある老舗マットレスブランド。

ポケットコイルのベッドマットレスをメインに販売しています。介護用のベッド・マットレスにも力を入れているようです。

アンネルベッドの概要
特徴
種類 ポケットコイル
使い方 ベッド・マットレス
値段 6万円~20万円
厚さ 20cm~30cm
会社名 株式会社アンネルベッド
代表者名 石田 朋宏
本社住所 広島市南区出島2丁目14番56号
公式ページ http://www.annelbed.co.jp/
電話番号 082-255-5111

アンネルベッドの長年培われた技術がすごいところは次の3点です。

  1. 耐久性が高い
  2. 詰め物に頼らない寝心地
  3. 国内で職人が製造

①耐久性が高い

一般的なポケットコイルマットレスの、コイルの線材には鋼線が使用されていますが、アンネルベッドのマットレスではより耐久性の高いピアノ線を使用。

高級なマットレスブランドでもなかなか使用することのないピアノ線でありながら、マットレスの値段は6万円からのものがあり、使用年数で考えるとかなりコスパが高くなっています。

②詰め物に頼らない寝心地

ポケットコイルのマットレスは、コイルだけでなく、表面にウレタン素材の詰め物を使用します。

日本の老舗マットレスブランドの特徴として、寝心地を詰め物に極力頼らず、コイルの巻き数・太さ・数・構造を調整して寝心地をつくりだすという特徴があります。

アンネルベッドもその1つです。

③国内で職人が製造

よくある通販サイトのマットレスは中国製がほとんど。

耐久性が低かったり、商品説明と違ったりなど何かとトラブルが発生しやすいです。

一方でアンネルベッドのマットレスは、国内で職人が手作りで製造しているので安心です。

アンネルベッドのマットレスは国内で製造

\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト

アンネルベッドのおすすめマットレス

アンネルベッドのマットレスには、実に30個も種類が別れています。

コイルの巻き数・太さ・数などなど、専門家にしかわからないような分岐をしているので、一般購入者にとっては、どれを選べばよいか迷いますよね。

そこで、アンネルベッドのマットレスの一覧を紹介していく前に、先におすすめのマットレスを紹介してしまいます。

アンネルベッドのおすすめマットレス4選
製品名 特徴 硬さ
ハイワインドポケット
PR-1000
アンネルベッド ハイワインドポケット PR-1000 SO:HA P85086,000円
\腰痛持ちにおすすめ/
ボーダーラッセル
Hゾーン
ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□□■□□□柔女性→ソフト
男性→ハード
ハニカムポケット
Aスタイルシルバー
アンネルベッドハニカムポケット Aスタイルシルバー68,000円
\コスパ重視/
ハニカムポケット
ボーダーラッセル
Hゾーン
ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□■□□□□柔女性→ソフト
男性→ハード
フローテッドユニット
Ast-クラシックBT
アンネルベッド フローテッドユニット Ast-クラシックBT P950165,000円
\寝心地重視/
ボーダーラッセル
硬□□□□■□□柔
ファインマイクロポケット
Ast-クリスタルNR
アンネルベッド ファインマイクロポケット Ast-クリスタルNR P1000170,000円
\高級ホテルの寝心地/
ボーダーラッセル
硬□□□□□■□柔
カツミン

別ページで解説!
➤マットレスが決まらなかった方は「マットレスおすすめ総合ランキング」をご覧ください

アンネルベッドのマットレスの種類一覧

ここからは、アンネルベッドのマットレスの種類一覧と、それぞれの価格・硬さ・特徴を紹介していきます。

①クロステックポケット【安め】

 

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
MXT-001
P500
55,000円 硬□□■□□□□柔 ボーダーラッセル 25cm
ST-クロス
1000 P500
36,000円 硬□□■□□□□柔 なし 19cm

②コンフォート3ゾーンポケット【腰痛対策・安め】

コンフォート3ゾーンポケットは、「①クロステックポケット」の腰部分を少し硬めのコイルにすることで、腰の沈み込みを抑制し、腰痛持ちが快適に眠れるマットレス。

価格も控えめでコスパよし。

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
MCO-AD001
P650
49,000円 硬□□■□□□□柔 3ゾーン 22cm

③ハニカムポケット【安めのコスパ最高】

アンネルベッドのハニカムポケットは、ハニカム構造(=蜂の巣)のように、コイル同士の隙間をなくし密集して配列されたマットレスです。

隙間が限りなくないので、細かい点で体の凹凸・動きに反応して反発し、寝姿勢をキレイに保ちます。

アンネルベッドのマットレスのハニカムポケット

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
ST-ハニカム
1000 P600
46,000円 硬□□■□□□□柔 ハニカムポケット 19cm
MHC-001
P600
61,000円 硬□□■□□□□柔 ハニカムポケット
ボーダーラッセル
25cm
LPH-1000
BK/SV SO/RE/HA
P600
61,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
レギュラー:硬□□□■□□□柔
ハード:硬□□■□□□□柔
ハニカムポケット
ボーダーラッセル
22cm
SV-1000
SO/HA P650
68,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□■□□□□柔
ハニカムポケット
ボーダーラッセル
Hゾーン
22cm
Aスタイルシルバー
SO/HA P650
68,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□■□□□□柔
ハニカムポケット
ボーダーラッセル
Hゾーン
22cm
ASシルバーBT
SO/HA P650
80,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□■□□□□柔
ハニカムポケット
ボーダーラッセル
Hゾーン
27cm

それぞれのハニカムポケットのマットレスは、似てるように見えますが、若干違いがあります。

まとめると次のようになります。

製品名 特徴 コイル数 詰め物
ST-ハニカム
46,000円
なし 普通 ウレタン
MHC-001
61,000円
ボーダーラッセル 普通 ウレタン
LPH-1000
61,000円
ボーダーラッセル 普通 ウレタン
SV-1000
68,000円
ボーダーラッセル
Hゾーン
普通 ウレタン
Aスタイルシルバー
68,000円
ボーダーラッセル
Hゾーン
多め 高密度ウレタン(耐久性up)
ASシルバーBT
80,000円
ボーダーラッセル
Hゾーン
多め プロファイルウレタン(体圧分散向上)
高密度ウレタン(耐久性up)
ボックストップ

値段が同じもので迷われた際は、背景が黄色になっているアンネルベッドマットレスのほうを選びましょう。

③ニューワインド7【サイド補強】

ニューワインド7は、「①クロステックポケット」のコイルをより寝心地良いものにし、サイド補強をしたアンネルベッドのマットレス。

サイド補強によって、マットレスの端での落ち込みが軽減され、マットレスの寝心地を感じられる有効面積を拡大。

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
ニューワインド7
TENDER P700
68,000円 硬□□□■□□□柔 ボーダーラッセル
サイド補強
29cm
ニューワインド7
FIRM P700
74,000円 硬□□□■□□□柔 ボーダーラッセル
サイド補強
29cm

「TENDER」と「FIRM」の違いは、FIRMのほうがコイル数が少し多く、少し硬めになっています。

④ニューワインド7Hゾーン【腰痛対策】

ニューワインド7Hゾーンは、腰部分、マットレスの端部分のコイルが硬めになっているのが特徴。

ニューワインド7に、腰補強を追加したものです。

アンネルベッドのマットレスのHゾーン

腰をしっかり支えて腰痛対策になり、端部分を補強して端での落ち込みがなくなることにより、寝心地を感じられる面積を広げています。

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
アソート7
SO/HA P750
85,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□□■□□□柔
Hゾーン
ボーダーラッセル
29cm
アソート7BT
SO/HA P750
98,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□□■□□□柔
Hゾーン
ボーダーラッセル
32cm

2つの違いはマットレスの表層の詰め物にあります。要するに、コイル部分は同じですが、アソート7BTのほうが値段が高い分、表層の詰め物の寝心地が高いものになっています。

製品名 詰め物
アソート7 高密度ウレタン(耐久性up)
アソート7BT プロファイルウレタン(体圧分散向上)
高密度ウレタン(耐久性up)
ボックストップ

⑤ハイワインドポケット【腰痛対策】

ハイワインドポケットは、ニューワインド7Hゾーンに似ていますが、ハイワインドポケットのほうが、コイルの寝心地と強度が高くなっています。(具体的には、コイルの巻き数を多くし、長さを圧縮した)

アンネルベッドのハイワインドポケット

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
PR-1000
SO/HA P850
86,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□□■□□□柔
ボーダーラッセル
Hゾーン
24cm
Aスタイルプレミアム
SO/HA P850
86,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□□■□□□柔
ボーダーラッセル
Hゾーン
24cm
ASプレミアムBT
SO/HA P850
99,000円 ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□□■□□□柔
ボーダーラッセル
Hゾーン
29cm

R-1000とAスタイルプレミアムは、実はデザインは異なるだけで、コイルも詰め物も全く同じマットレスです。

Aスタイルプレミアムと、ASプレミアムBTの違いは、詰め物にあります。

製品名 詰め物
Aスタイルプレミアム 高密度ウレタン(耐久性up)
ASプレミアムBT プロファイルウレタン(体圧分散向上)
高密度ウレタン(耐久性up)
ボックストップ

要するに、ASプレミアムBTのほうが、表層の感触が柔らかく、寝心地がよくなっています。

⑥フローテッドユニット【寝心地最高】

アンネルベッドのフローテッドユニットは、他の種類のマットレスと1つ1つのコイルのつくりが違います。

コイルの両端の巻間隔と太さを変化させることで、寝る人の体格、体重、寝返りの動きに合わせて、適切に反発。

寝心地を大きく向上させた、アンネルベッド独自の技術が詰め込まれています。

アンネルベッドのマットレスのフレキシブルコイル

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
Ast-クラシックNR
P950
145,000円 硬□□□□■□□柔 ボーダーラッセル 30cm
Ast-クラシックBT
P950
165,000円 硬□□□□■□□柔 ボーダーラッセル 32cm

BTのマットレスの表層がボックストップになっているので、BTのほうが若干寝心地が高くなっています。

製品名 詰め物
Ast-クラシックNR プロファイルウレタン(体圧分散向上)
高密度ウレタン(耐久性up)
アクアウール(抗菌)
Ast-クラシックBT プロファイルウレタン(体圧分散向上)
高密度ウレタン(耐久性up)
アクアウール(抗菌)
ボックストップ

⑦ファインマイクロポケット【高級ホテルの寝心地】

一般的なポケットコイルマットレスの巻き数は6巻程度ですが、アンネルベッドのファインマイクロポケットの巻き数はなんと「12巻」。

高級ホテルのマットレスの特徴である、上層と下層でコイルが別れた2層構造のような働きをします。

寝心地もふんわりとした、まさに高級ホテルのマットレス。

アンネルベッドのマットレスのファインマイクロポケット

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
MFI-001
P1000
122,000円 硬□□□□□■□柔 ボーダーラッセル 31cm
MFI-AD001
P1050
132,000円 硬□□□□□■□柔 3ゾーン
ボーダーラッセル
31cm
Ast-クリスタルNR
P1000
170,000円 硬□□□□□■□柔 ボーダーラッセル 31cm
Ast-クリスタルBT
P1000
210,000円 硬□□□□□■□柔 ボーダーラッセル 32cm

アンネルベッドのファインマイクロポケットのそれぞれの違いは次のとおり。

製品名 特徴 詰め物 生地
MFI-001
P1000
ボーダーラッセル 高密度ウレタン(耐久性up) ニット
MFI-AD001
P1050
3ゾーン
ボーダーラッセル
高密度ウレタン(耐久性up) ニット
Ast-クリスタルNR
P1000
ボーダーラッセル プロファイルウレタン(体圧分散向上)
高密度ウレタン(耐久性up)
ジャガード生地(抗菌・消臭)
Ast-クリスタルBT
P1000
ボーダーラッセル プロファイルウレタン(体圧分散向上)
高密度ウレタン(耐久性up)
アクアウール(抗菌)
ジャガード生地(抗菌・消臭)

⑧マイクロクロスポケット【やや高級】

マイクロクロスポケットは、コイルの巻き数・コイル数が多いため、寝心地が高いやや高級めなアンネルベッドマットレス。

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
MMC-001
P900
98,000円 硬□□□□■□□柔 ボーダーラッセル 29cm

⑨マイクロポケット3ゾーン【やや高級・腰痛対策】

マイクロポケット3ゾーンは、1つ前の「マイクロクロスポケット」を少し寝心地を高めて、さらに腰痛対策効果を加えたマットレスです。

製品名 価格 硬さ 特徴 厚さ
ピアノマイクロ3ZNR
P900
111,000円 硬□□□□■□□柔 3ゾーン
ボーダーラッセル
28cm

アンネルベッドマットレスまとめ

マットレス記事のまとめ

先に結論
  • アンネルベッドのマットレスは耐久性が非常に高い
  • コイルの品質も高く、国内で職人が手作業で製造している
  • マットレスの種類が30個ほどあって初心者にとって選ぶのが難しい
  • このページでまとめたおすすめ4選から選んでみましょう
アンネルベッドのおすすめマットレス4選
製品名 特徴 硬さ
ハイワインドポケット
PR-1000
アンネルベッド ハイワインドポケット PR-1000 SO:HA P85086,000円
\腰痛持ちにおすすめ/
ボーダーラッセル
Hゾーン
ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□□■□□□柔女性→ソフト
男性→ハード
ハニカムポケット
Aスタイルシルバー
アンネルベッドハニカムポケット Aスタイルシルバー68,000円
\コスパ重視/
ハニカムポケット
ボーダーラッセル
Hゾーン
ソフト:硬□□□□■□□柔
ハード:硬□□■□□□□柔女性→ソフト
男性→ハード
フローテッドユニット
Ast-クラシックBT
アンネルベッド フローテッドユニット Ast-クラシックBT P950165,000円
\寝心地重視/
ボーダーラッセル
硬□□□□■□□柔
ファインマイクロポケット
Ast-クリスタルNR
アンネルベッド ファインマイクロポケット Ast-クリスタルNR P1000170,000円
\高級ホテルの寝心地/
ボーダーラッセル
硬□□□□□■□柔

店舗よりも通販が安いことも

【コスパ最高】アンネルベッド

68,000円
硬□□■□■□□柔:やや硬め,やや柔らかめ
\おすすめポイント/
  • コスパ高い
  • 腰部分の補強
  • コイルの耐久性高い
体圧分散:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
寝返り:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
耐久性:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
通気性:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
安さ:5 out of 5 stars (5.0 / 5)

アンネルベッドの公式サイトに進む

アンネルベッドのマットレスは、ポケットコイルとしては抑えめの価格でありながら、コイルに耐久性がトップレベルのピアノ線を使用したポケットコイル・ベッドマットレス。

マットレスの腰部分と端部分のコイルが硬めになっているのが特徴。腰をしっかり支えて腰痛対策になり、端部分を補強して端での落ち込みがなくなることにより、寝心地を感じられる面積を広げています。

アンネルベッドの公式サイトに進む

価格 68,000円
分割払い 5,700 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類 ポケットコイル
使い方 ベッドマットレス
厚さ 22cm
硬さ 硬 □□■□■□□ 柔(やや硬め,やや柔らかめ)
寿命 10~15年
保証 なし
サイズの種類 シングルセミダブルダブルワイドダブル
\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト
カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。 ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。


構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。
種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発


高反発ランキング
低反発ランキング
ボンネルコイルランキング
ポケットコイルランキング
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方
当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

サイズの選び方
1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。
使い方の種類
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
マットレスの使い方の種類解説
床置薄型マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード

ご相談フォーム

眠活では、マットレスや枕などの寝具選びに関するご相談にお答えしています。ご自身の体調と、購入に迷っている寝具の種類をお伝えいただけますと、あなたに合った寝具をご紹介します。

※製品の不具合に関するお問い合わせに関しましては、各メーカーへのお問い合わせをお願いいたします。

モットン 0120-740-771
エムリリー 03−3660−5200
雲のやすらぎ 03-6418-4875
マニフレックス 03-5410-4137