処分

マットレスの処分方法6つをコスパ比較【賢い捨て方】

人生で数回しかないマットレスの処分。どうやって処分するのか、一番楽な処分方法は何か、お金がかからない方法は何か、気になりますよね。

このページでは、マットレスの処分方法を比較表にまとめ、各捨てる流れを簡単に解説しています。

新しいマットレスを購入してから処分を考えるのではなく、今のマットレスの処分方法を考えてから、新しいマットレスの購入を検討するようにしましょう。

マットレスの処分方法&料金比較

マットレスの処分方法には大きく6つあります。かかる料金や、メリット・デメリットがあるので、ご自身で一番よいと思う方法を選びましょう。

基本は、①の方法で、新しく購入するマットレスの企業が引き取りサービスをやっているなら②の方法がおすすめです。

処分方法料金注意点
①粗大ごみとして自治体に回収してもらう2,000円程度
  • 確実に処分できる
  • 一般的な方法
  • 意外と安い
②新品購入時の引取・下取りサービスを利用する無料~5千円
  • 引取をしてくれるサービス会社から新しいマットレスを買わなくてはいけない
  • 引き取りのみの利用は不可能
③不用品回収業者に依頼する10,000円程度
  • 意外と高い
  • 部屋からの搬出もしてくれる
  • 容量ごとでの依頼なので、他の不用品もまとめて処分できる
④解体して家庭用ゴミに出す無料
  • とにかく大変
  • お金がかからない
  • 解体道具がないと道具費用はかかる
⑤リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらう3千円~5万円の収入
  • 状態が良い&ブランド品に限る
  • 自分で持ち込みしないといけない場合がある
  • お店によっては出張買取対応
⑥フリマアプリやネットオークションで販売する3千円~5万円の収入
  • 状態が良い&ブランド品に限る
  • 売れない可能性もある
  • 商品を掲載する手間がかかる
  • 商品を配送する手間がかかる
  • 自由に販売価格をつけられる

マットレスの処分方法①粗大ごみとして自治体に回収してもらう

通常のマットレスの処分方法が「粗大ごみとしての自治体回収」です。値段も2,000円程度ですみます。

料金注意点
2,000円程度
  • 確実に処分できる
  • 一般的な方法
  • 意外と安い
手順

  1. 粗大ゴミ受付センターに申し込み
  2. 有料ごみ処理券を購入
  3. 収集日に処理券を貼って指定の収集場所に出す
    • 通常のゴミ集積所には出さない
    • 基本は自宅の前に出す
    • マンションなら粗大ごみ置き場か入口付近に出す

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた安眠マットレスおすすめランキングTOP15はこちら

マットレスの処分方法②新品購入時の引取・下取りサービスを利用する

新品のマットレスを購入するとき、その企業では引き取りや下取りをしていることがあります。新しいマットレスの搬入と同時に、今まで使っていたマットレスを処分できるので、他の処分方法と比較して、「マットレスがない状況」や「マットレスが2つある状況」を防げます。また無料引き取りだと、無料で処分できるのもメリットです。

ただし、実施している企業は多くはないのと、条件が細かく設定されているのはデメリットです。

料金注意点
無料~5千円
  • 引取をしてくれるサービス会社から新しいマットレスを買わなくてはいけない
  • 引き取りのみの利用は不可能

マットレスの処分方法③不用品回収業者に依頼する

細かいことは面倒だからマットレスをとにかく持っていって欲しい、自分で家の外に出すのも面倒、という方におすすめの処分方法が「不用品回収業者への依頼」です。粗大ごみで出すのに比べて料金は高くなりますが、業者が家の外にマットレスを出すのも代行してくれたり、マットレス以外の家具も一緒に処分できるメリットがあります。

料金注意点
10,000円程度
  • 意外と高い
  • 部屋からの搬出もしてくれる
  • 容量ごとでの依頼なので、他の不用品もまとめて処分できる
カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた寝心地最高のマットレスおすすめランキングTOP15はこちら

マットレスの処分方法④解体して家庭用ゴミに出す

マットレスを解体して細かく分解すれば、一般の家庭用ごみとして無料で処分ができます。ただ、女性1人だと解体は難しく、男性1人でもきついです。

料金注意点
無料
  • とにかく大変
  • お金がかからない
  • 解体道具がないと道具費用はかかる
用意するもの

  1. スプリングマットレスの場合
  2. ウレタンマットレスの場合
    1. 廃棄物はさみ2,000円 or カッター300円(分解する)

マットレスの処分方法⑤リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらう

お使いのマットレスがブランド物で、ヘタリなどがない状態の良いものであれば、リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらえる可能性があります。普通の処分方法とは違って、お金がかかるのではなく逆に収入になるのがメリットですね。

料金注意点
3千円~5万円の収入
  • 状態が良い&ブランド品に限る
  • 自分で持ち込みしないといけない場合がある
  • お店によっては出張買取対応
有名ブランド例

  1. シモンズ Simmons
  2. シーリー Sealy
  3. サータ Serta
  4. 日本ベッド
  5. 東京スプリング
  6. キングスダウン
  7. 東京ベッド
  8. フランスベッド
  9. テンピュール
  10. ドリームベッド

マットレスの処分方法⑥フリマアプリやネットオークションで販売する

買取業者に売るのではなく、一般人に売る方法がフリマアプリやネットオークションです。買取業者ほど高級ブランドである必要がない点、自分で売値を決められるのがメリットです。

ただし、掲載しても買われなかったり、いつ買われるか分からない、商品を配送する手配が必要といったデメリットがあります。

メルカリだと、マットレスもよく販売されていて、かつ「たのメル便」を使うと、購入されたマットレスを取りに来てくれます(有料)。

料金注意点
3千円~5万円の収入
  • 状態が良い&ブランド品に限る
  • 売れない可能性もある
  • 商品を掲載する手間がかかる
  • 商品を配送する手間がかかる
  • 自由に販売価格をつけられる