日本ベッド・サムネ・レビュー・種類の違い

日本ベッドの口コミ評判|おすすめマットレスの種類・腰痛効果はある?

日本製のマットレスで、高級な有名ブランドとして人気の「日本ベッド」。

1926年創業して以来、「眠りから暮らしを考える」を理念として、ベッドフレームやマットレス、アクセサリーに至るまで寝具の開発・販売を行っています。

中でもマットレスは、詰め物に頼らずにコイルでの寝心地をつくりだす技術を磨いてきました。

おかげで、日本ベッドのマットレスは日本製の中でも人気のマットレスの地位に付いています。

このページでは日本ベッドのマットレスの特徴から、口コミ評判、種類と選び方を徹底解説していきます。

マットレス探しをしている方は、購入に失敗しないように日本ベッドのメリットとデメリットを見極めましょう。

日本ベッドの概要
  • コイル独自の寝心地
  • 詰め物に頼らない
  • 耐久性高い
価格165,000円
寝具の種類ポケットコイル
厚さ22~25cm(ベッドマットレス)
硬さ硬 □■□■□■□ 柔(硬め,ふつう,柔らかめ)
寿命6〜8年
保証2年間品質保証
評価5 out of 5 stars (5 / 5)
サイズ値段
セミシングルサイズ154,000円
シングルサイズ165,000円
セミダブルサイズ187,000円
ダブルサイズ209,000円
クイーンサイズ231,000円
キングサイズ253,000円
\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト

日本ベッドのマットレスの口コミ評判

日本ベッドを利用した人たちから、寝心地への感動や腰痛改善の体験談が口コミとして多く投稿されています。

口コミの中からピックアップして紹介します。

①寝心地が最高という口コミ

一番多かった口コミが「寝心地」に関するものです。睡眠の質が向上した、仕事に集中できるようになった、など、まさに日本ベッドのマットレスは眠りから暮らしを支えています。

②腰痛や肩こりが改善したという口コミ

日本ベッドを体験した方の中には、寝心地だけでなく、腰痛が改善された方もいます。(※腰痛が気になる方はこちらもチェック→腰痛マットレスおすすめ比較ランキング

③お値段以上の耐久性が魅力という口コミ

値段に対して耐久性も良いという日本ベッドの口コミもいくつかありました。

\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト

日本ベッドのマットレスの評価が高い理由

日本ベッドの口コミを見てきましたが、評価が高い理由について解説していきます。

日本ベッドのマットレスは日本製のポケットコイルです。

沈むところは沈み、支えるところはしっかり支えるマットレスとして定評があります。

日本ベッドの特徴は「コイル」「ボーダーサポート」「コイルを包むポケット」にあります。それぞれ解説していきます。

①寝心地の基礎をつくるこだわりのコイル

睡眠の寝心地をつくりだすのは、マットレスの反発力や硬さ。有名ブランドの中には、反発力や硬さはコイルではなく、コイルの上に詰めるウレタンで調整するマットレスもありますが、これは誤り。詰め物では人の体に敏感に反応したり、耐久性が低いというデメリットがあります。

日本ベッドのマットレスでは、詰め物に頼らず、独自の技術で磨かれたコイルの性能で、快適な寝心地をつくりだします。

日本ベッドの2種類のポケットコイル

快適な寝心地の鍵は、寝転がったときの頭・背中・腰・脚が一直線かどうか。もし、腰だけ沈み込んでしまうと腰痛を引き起こしたり、横向きで寝たときに肩が少しも沈まないと肩こりを引き起こします。

日本ベッドのマットレスは、重さの違う体の部位ごとに、適切に沈み込みと反発するので、体のラインを綺麗に一直線にします。

日本ベッドのマットレスはね姿勢をキープ

②不自然な沈みを防ぐボーダーサポート

マットレスの中央と端では、圧力をかけたときに支えるコイルの数が変わり、端のほうが不自然に沈んでしまう欠点がありました。日本ベッドでは、マットレスの両端のコイルを硬めにすることで、この欠点を解消しています。

端が硬めになったことで、睡眠中に寝転がれる面積が広がり、起床時に腰をかけて簡単に起き上がれるようになります。

日本ベッドのボーダーサポート

③通気性・放湿性に優れたポケット

ポケットコイルマットレスは、コイルが絡み合わないように布で1つ1つ覆われます。從來のポケットコイルでは、この布が湿気を吸い取り、マットレス内に貯め込むことで、カビの発生の原因になっていました。

日本ベッドのマットレスでは、通気性と放湿生が高いコイルを包むポケットを使用し、季節にかかわらず快適な状態に保ちます。

日本ベッドの通気性・放湿性

\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト
カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた快眠マットレスおすすめランキングTOP15はこちら

日本ベッドのおすすめマットレス

日本ベッドの各マットレスの種類を紹介する前に、おすすめの種類を3つ紹介します。迷った方はシルキーポケットを選ぶとよいでしょう。

おすすめの日本ベッド硬さ
コスパ重視の人
日本ベッドのシルキーポケットシルキーポケット
150,000円
硬 □□■■■□□ 柔
硬さを3つから選べる
ウール
ウレタン
高級な寝心地重視
日本ベッドのシルキークチュールシルキークチュール
432,000円
硬 □□□□□□■ 柔
シルク・ウール
高密度ウレタン
体格良い人
スポーツ選手
日本ベッドのシルキーポケットビーズポケット
108,000円
硬 □■□■■□□ 柔
硬さ3種類

日本ベッドの種類と選び方

日本ベッドの種類は使用するコイルで大きく「シルキーポケット」「ビーズポケット」に分かれて、加えて電動ベッド用のマットレス「AJポケット」があります。簡単に特徴を紹介すると次のようになります。

モデル特徴
シルキーポケットマットレスきめ細かく体を支えるマットレス
ビーズポケットマットレスほどよい硬さでしっかり体を支えるマットレス
AJポケットマットレス電動ベッド専用マットレス

それでは、それぞれの種類を具体的に見ていきましょう。

①シルキーポケットマットレス【日本ベッド一番人気】

日本ベッドのシルキーパフ

シルキーポケットマットレスは、コイルの直径を小さくすることで、従来型の2倍に相当する1200個のコイルをマットレスに敷き詰めています。コイルが小さくなり増えることで、人の動きや凸凹により細かく反応して、包まれるような寝心地を生み出します。

シルキーポケットマットレス」が一番人気のモデルです。

種類硬さ
シルキーポケット  ★おすすめ日本ベッドのシルキーポケットAmazon楽天市場150,000円
硬 □□■■■□□ 柔
硬さを3つから選べる
ウール
ウレタン
シルキーシフォン
日本ベッドのシルキーシフォンAmazon楽天市場
194,400円
硬 □□□□□■□ 柔
エステル綿
高比重・高弾性ウレタン
シルキーパフ日本ベッドのシルキーパフAmazon楽天市場194,400円
硬 □□□□□□■ 柔
エステル綿
ノアフォームウレタン
ピロートップシルキー
日本ベッドのピロートップシルキーポケットAmazon楽天市場
280,800円
硬 □□□□□■□ 柔
ピロートップ構造
高比重・高弾性ウレタン
シルキークチュール
日本ベッドのシルキークチュールAmazon楽天市場
432,000円
硬 □□□□□□■ 柔
シルク・ウール
高密度ウレタン

②ビーズポケットマットレス【腰痛持ち・体格の良い方・男性におすすめ】

日本ベッドのビーズポケットベーシック

ビーズポケットマットレスは、シルキーポケットに比べてコイルの線を太くすることで、少し硬めな感触を生み出します。アスリートのような体重が重い方や、体格の良い方にとって、沈み込みすぎるのを防ぎます。

種類硬さ
ビーズポケット日本ベッドのシルキーポケットAmazon楽天市場108,000円
硬 □■□■■□□ 柔
硬さ3種類
ビーズポケットベーシック日本ベッドのシルキーシフォンAmazon楽天市場194,400円
硬 □□■□□□□ 柔
耐久性向上

③AJポケットマットレス【介護用としておすすめ】

AJポケットマットレス

「AJポケットマットレス」は電動ベッド専用マットレス。介護用としてだけでなく、ソファのように映画鑑賞や読書といったシーンでも活躍。電動タイプのベッドに合わせて曲がりやすい構造をしています。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた寝心地最高のマットレスおすすめランキングTOP15はこちら

日本ベッドのマットレスがあう人

日本ベッドのマットレスの最大の特徴はコイルが生み出す自然な寝姿勢のサポート。日本ベッドのマットレスをおすすめしたいのは次のような方々です。

①腰痛や肩こりで悩んでいる方

人それぞれで適度に沈み込み、腰や肩の負担を軽減するので、腰痛や肩こりで悩んでいる方に日本ベッドのマットレスがおすすめです。腰痛なら少し硬め、肩こりなら普通程度の硬さの種類を選ぶといいでしょう。

②睡眠姿勢別

人それぞれによって好みの寝姿勢がありますよね。寝姿勢ごとで、マットレスと接する面積や重さが変わるので、それぞれの寝姿勢にあった硬さを選ぶようにしましょう。次の基準を参考にして選んでみてください。

寝方おすすめの硬さ
仰向けハード〜レギュラー
横向き寝レギュラー〜ソフト
うつぶせ寝ハード〜レギュラー
\ポイントが付いてお得!/
お得に購入
公式サイト

日本ベッドのマットレスが合わない人

ここまで日本ベッドのメリットや魅力を紹介してきましたが、一方で次のようなデメリットもあります。

  • 少し値段が高い
  • 保証期間が短い
  • 返品保証がない

①予算が10万円以内の方

日本ベッドのマットレスは10~40万円します。もう少し値段を抑えつつも、寝心地の良いベッドマットレスを探したい方は、こちらの「コスパ最高のマットレスランキング」をご覧ください

②2年の保証期間だと心配の方

何万円もする高価な買い物だからこそ、長く購入当時と変わらない寝心地を感じたいもの。日本ベッドは保証期間が2年なので、10年試用したい場合、ちょっと保証期間が切れた後が心配。日本ベッド以外の有名なマットレスで長期保証をしているものといえば、保証期間が12年間の高反発マットレスの「マニフレックス」や、10年間保証のテンピュールがおすすめです。

③寝て合わなければ返品したい方

マットレスが自分に合うかどうかは、数日あるいは1ヶ月ほど寝てみないとわかりません。日本ベッドは購入後に実際に寝てみて自分に合わないと気づいても、返品ができないのが少しリスク。もし試しで寝てみてマットレスを選びたい方は、「返品可能なマットレス一覧」から探してみてください。

日本ベッドのマットレスの製品情報

製造元

製造元日本ベッド製造株式会社
製造国日本製

会社概要

会社名日本ベッド製造株式会社
代表者名宇佐見 壽治
本社住所東京都大田区池上5-6-3
公式ページhttp://www.nihonbed.com
電話番号03-3752-3231
メールアドレスお問い合わせページ

サイズ(縦の長さ/横幅)と重さ

1人用がセミシングル・シングル・セミダブル、2人用がダブル・クイーン・キングサイズです。ポケットコイルなので、2人で寝ても、片方の寝返りによる振動が、もう片方に伝わらないのでぐっすり眠ることができます。

サイズの種類縦の長さ横幅重さ
ハーフクイーン195cm80cm28kg
セミシングル195cm90cm30kg
シングル195cm98cm31kg
セミダブル195cm120cm33kg
ダブル195cm140cm35kg
クイーン195cm160cm40kg
キング195cm180cm45kg

厚さ

日本ベッドのマットレスの暑さは22cm~25cm。ベッドマットレスとして、すのこベッドやベッドフレームの上に載せて使用しましょう。

耐久性

スプリングマットレスの耐久性を知るためには、品質表示にある線材を見るとわかります。日本ベッドは「SWRH62B B種」とあり、10~15万円のマットレスとしてはやや耐久性が低いです。だいたい4~6年使えるとお考えください。

素材

詰め物の素材は、ウール・ポリエステル・ウレタンで、外装生地の素材はレーヨン・ポリエステルです。種類によって多少素材が異なります。

保証

日本ベッドの保証期間は2年です。保証期間が短く感じる方は、他の有名ブランドの、保証期間が12年間の高反発マットレスの「マニフレックス」や、10年間保証のテンピュールを選ぶのがおすすめです。

まとめ【日本製・高品質コイル】日本ベッド シルキーポケット

日本ベッドのマットレスは、1200個ものポケットコイルを使用して、しっかりと体を受け止め、細かな動きに反応する、体圧分散の高いポケットコイル・ベッドマットレス。

日本ベッドのマットレスの寝心地

日本ベッドは寝心地を詰め物にほとんど頼らず、創業90年から研究されてきた耐久性・通気性・反発力の高いコイルで寝心地を生み出します。

日本ベッドマットレスのコイル

日本人用に設計された日本製マットレスをお探しの方におすすめです。

日本ベッド シルキーポケットの公式サイトに進む

硬 □■□■□■□ 柔
硬め,ふつう,柔らかめ
サイズ値段
セミシングルサイズ154,000円
シングルサイズ165,000円
セミダブルサイズ187,000円
ダブルサイズ209,000円
クイーンサイズ231,000円
キングサイズ253,000円
\おすすめポイント/
  • コイル独自の寝心地
  • 詰め物に頼らない
  • 耐久性高い
硬さ硬 □■□■□■□ 柔(硬め,ふつう,柔らかめ)
価格165,000円〜
分割払い13,800 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類ポケットコイル
厚さ22~25cm
使い方ベッドマットレス
寿命6〜8年
保証2年間品質保証
おすすめ
  • 高品質な日本製を求める人
  • 柔かい寝心地が好みの人