マットレスの種類

ボンネルコイルマットレスおすすめランキング3選!特徴と選び方

ボンネルコイルってどんなマットレス?ポケットコイルとの違いは何?どっちを選べばいいの?

コイルマットレスに属するボンネルコイル。似たようなマットレスが多くて違いが分からずに、とりあえず購入して失敗する方もいます。

このページではボンネルコイルのマットレスの特徴から、メリットとデメリット、マットレスの選び方、おすすめのボンネルコイルを紹介していきます。購入に失敗しないよう、他の種類との違いを意識しながら読んでみてください。

ボンネルコイルマットレスの特徴

ボンネルコイルは、ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。一般的に厚さ15cm以上なのでベッドマットレスとして使います。

ボンネルコイル以外の主要なマットレスの種類には、ボンネルコイルと同じコイル系のポケットコイルと、ノンコイルの高反発と低反発があります。構造や素材の違いは次のようになります。

ポケットコイルボンネルコイル
ポケットコイル解説図ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。→ポケットコイルマットレスランキングボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。→ボンネルコイルマットレスランキング
高反発低反発
高反発ウレタン解説図低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。→高反発マットレスランキング低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。→低反発マットレスランキング

構造や素材の違いから、次のように寝心地やコストにも違いが現れます。

種類体 圧 分 散寝 返 り耐 久 性通 気 性安 さ軽 さ
コイル(スプリング)
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発

ボンネルコイルはざっくり説明すると、面で支える硬めの寝心地で、耐久性・通気性が高く、値段も安価だけど、寝心地は高くないマットレスです。

ボンネルコイルのメリット

一般的なボンネルコイルは、寝心地の性能は高くないけど安い、という特徴があります。なので大学生や引っ越しなどでお金に余裕のない新社会人におすすめです。

  • 安い
  • 通気性が良い
  • 寝返りがしやすい

ただし、ボンネルコイルの寝心地性能を上げた高級なマットレスも存在していて、ボンネルコイルの欠点である体圧分散を克服した「フランスベッドマットレス」「シーリーマットレス」が存在します。記事の最後の「おすすめボンネルコイル」のセクションでそれぞれ解説しています。

ボンネルコイルのデメリット

ボンネルコイルは、コイル同士が連結されていて、面で支える働きなので、コイル同士が擦り合って寝返りのたびに音がしたり、体のラインに綺麗に沿わなかったり、二人で寝たときに1人の振動がもう1人に伝わってしまうデメリットがあります。

  • ギシギシきしみ音がする
  • コイル製なので重い
  • 体圧分散が高くはない
  • 腰痛にはよくない
  • 二人で寝ると振動が伝わる

もし上記のデメリットが気になる方は、次の記事を参考にしてみてください。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた寝心地最高のマットレスおすすめランキングTOP15はこちら

ボンネルコイルマットレスの選び方

ボンネルコイルのマットレスの選び方は次の2つのステップがあります。

  1. 製品ごとの寝心地を確認
  2. 自分にあった硬さを選ぶ

選び方①製品ごとの寝心地を確認

ボンネルコイルだけでなく、マットレス全般に言えますが、マットレスを選ぶときには、寝心地(体圧分散・寝返り・耐久性・通気性)と製品情報(安さ・軽さ)で選びましょう。

  • 【体圧分散】体の一部にかかる負担を体全身に分散させる性能
  • 【寝返り】自然な寝返りがしやすいことで、血流を良くしたり、体の歪みを予防する
  • 【耐久性】購入当時の寝心地をどれくらい感じられるかを表した指標
  • 【通気性】通気性が良いことで、睡眠中の蒸れを防ぎ、カビやダニの繁殖を防ぐ
  • (安さ)予算次第
  • (軽さ)重たいものを持てない高齢者や腰痛持ちは軽めがおすすめ。

選び方②自分にあった硬さを選ぶ

寝心地をより向上させるために、自分に合ったマットレスの硬さ選びが重要です。どんな人に硬め、柔らかめがおすすめかを簡単にまとめたので次の一覧を参照してください。

  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方

また、当サイトではコイルや詰め物の製品情報から、マットレスの硬さも指標で示しているので、自分に合った硬さを選ぶ参考にしてみてください。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

マットレスの硬さ診断

身長

体重

性別: 男性 女性



あなたに合う硬さ

※硬さの基準に世界的な基準はないため、上記は当サイトのみで使用できる独自調査に基づいた基準です

寝心地最高のおすすめボンネルコイルマットレス3選

人気ブランドである「東京ベッド」「シーリー」「フランスベッド」のボンネルコイルマットレスを紹介していきます。

東京ベッドは一般的なボンネルコイルなのに対して、シーリーとフランスベッドは高性能ボンネルコイルです。具体的にはコイルの形状や組み方に工夫があり、面を支えるボンネルコイルの働きを、点で支える働きに近づけ、体圧分散を高めた構造をしています。予算に余裕がある方は、高性能ボンネルコイルを選ぶのがおすすめです。

東京ベッド ヘルシーフィット

ヘルシーフィットは東京ベッドが販売している、ごく一般的なボンネルコイルマットレス。東京ベッドが製造していることもあり、耐久性が高く、通気性も高いのが特徴です。安めのボンネルコイルを求めるならこのヘルシーフィットを選ぶのがおすすめです。

東京ベッド ヘルシーフィットの公式サイトに進む

硬 □■□□□□□ 柔
硬め
硬さ硬 □■□□□□□ 柔(硬め)
価格30,858円〜
分割払い2,600 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類ボンネルコイル
厚さ19cm(ベッドマットレス)
使い方
寿命6~8年
保証1年品質保証
おすすめ
\お得なポイント付き/
お得に購入
公式サイト
シーリーは、重みに応じて柔軟に沈み込みや反発力が変化する、ポスチャーテックという独自技術を使用しています。ボンネルコイルの面で支える働きを、ポケットコイルのような点で支える働きに近づけたことによって、体圧分散が高まり、柔らかく、寝心地の良いマットレスになっています。腰部分を硬めにしているので、腰の沈み込みを防ぎ、腰の負担を軽減。腰痛持ちの方におすすめです。

シーリー(Sealy) レスポンス プレミアムEPTの公式サイトに進む

硬 □□■□□□□ 柔
やや硬め
サイズ値段
セミシングルサイズ販売なし
シングルサイズ165,000円
セミダブルサイズ181,500円
ダブルサイズ198,000円
クイーンサイズ214,500円
キングサイズ販売なし
\おすすめポイント/
  • 耐久性高い
  • 寝返りしやすい
  • 高品質コイル
硬さ硬 □□■□□□□ 柔(やや硬め)
価格150,000円〜
分割払い12,500 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類ボンネルコイル
厚さ30~40cm
使い方ベッドマットレス
寿命8〜10年
保証2年間品質保証
おすすめ
  • スプリングで腰痛対策したい人
  • ホテルベッドが好みの人
  • 寝具に投資したい人
フランスベッドもシーリーとは異なる技術ですが、シーリーと同様にボンネルコイルを点で支える働きに近づけたマットレスです。硬さを3種類から選べるので、自分に合ったボンネルコイルマットレスを選べます。

フランスベッドの公式サイトに進む

硬 □□■■■□□ 柔
やや硬め,ふつう,やや柔らかめ
サイズ値段
セミシングルサイズ110,000円
シングルサイズ110,000円
セミダブルサイズ121,000円
ダブルサイズ132,000円
クイーンサイズ220,000円
キングサイズ販売なし
\おすすめポイント/
  • 実は日本製
  • 耐久性高い
硬さ硬 □□■■■□□ 柔(やや硬め,ふつう,やや柔らかめ)
価格124,200円〜
分割払い10,400 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類ボンネルコイル(高密度連続スプリング)
厚さ25~35cm
使い方ベッドマットレス
寿命8〜12年
保証2年間品質保証
おすすめ
  • 高品質な日本製をお求めの人
  • スプリングにしたいけど柔かいのは好きでない方