妊婦のマットレスの選び方とは?おすすめのマットレス5つ

妊娠すると体の変化が大きく、寝る姿勢がつらく感じたり、お腹の重さを支えているうちに腰痛になったりします。妊婦さんにとって睡眠中の姿勢や睡眠の質は、自分と赤ちゃんの体調を気遣うと重要です。

このページでは、妊婦さんがマットレスを選ぶポイントと、妊婦さんにおすすめのマットレスを紹介していきます。ぜひ参考にして、腰痛を軽減し、できるだけ快眠できるマットレスで睡眠をとりましょう。

妊婦におすすめのマットレスの種類2つ

マットレスには素材や厚さによって種類がたくさんあります。赤ちゃんを授かってから約10ヶ月の間だけですが、赤ちゃんのためにもそれなりに良いマットレスを選んで、自分や赤ちゃんの負担にならない睡眠をとりたいですよね。

妊婦さんにおすすめなマットレスの種類は「厚さ3~6cmのマットレス」と「厚さ10cm以上のマットレス」です。

①厚さ3~6cmのマットレスの特徴

マットレストッパーとしての使い方

厚さ3~6cmほどのマットレスは、現在使用しているマットレスまたは敷布団の上に敷いて使います。

マットレスなどのさらに上に敷くことで、寝心地を調整したり、下のマットレスを長持ちさせたりします。この厚さ3~6cmのマットレスを一般的に「マットレストッパー」と呼んでいます。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた「快眠マットレスおすすめランキング

②厚さ10cm以上のマットレスの特徴

床置薄型マットレスとしての使い方

マットレストッパーと違って、厚さ10cm以上のマットレスは、そのマットレス単体だけで寝ることを目的としたマットレスです。

マットレスの厚さが10~15cmなら、畳やフローリングに直接置いて寝て使っても良いですし、15cm以上ならベッドフレームの上に置いて使用します。よく見るホテルのベッドが、ベッドフレームの上に置いたマットレスです。

厚さの種類は目的で選ぶ

妊婦さんの場合、マットレスを購入する目的に合わせて、厚さ3~6cmのマットレスか、厚さ10cm以上のマットレスかを選びましょう。

  • 妊娠期間だけ一時的にマットレスを柔らかくしたい
    • →厚さ3~6cmのマットレストッパー
  • 妊娠ついでに良いマットレスに切り替えたい
    • 厚さ10cm以上のマットレス

妊婦のマットストッパーの選び方

マットレストッパーはさらに、高反発と低反発の2種類が存在します。

高反発は硬め、低反発は柔らかめ、とおぼえておきましょう。

妊婦さんにおすすめなのが「低反発のマットレストッパー」です。

高反発ではなく低反発がおすすめな理由は、お腹の中の赤ちゃんが大きくなるに連れて、ママさんの体重も増えたときに、一番体重が重くなる腰の負担を分散させるためです。

最終的にお母さんとお子さんの体の負担を軽減してくれます。

妊婦におすすめのマットレストッパー

【コスパ最高】エムリリー エコヘルストッパー5cm

エムリリーエコヘルスは、上層が低反発、下層が高反発となっていて、体を包みながらも、寝返りもしやすいマットレスです。オープンセル構造という、通気性が高い素材になっているため、妊娠して体温が上がる妊婦さんでも、一般的な高反発や低反発マットレスより快適に眠れます。

【通販サイト】

エムリリー エコヘルストッパー5cmの口コミと評判を確認

硬 □□□■■□□ 柔
ふつう,やや柔らかめ
サイズ値段
セミシングル SS13,980円
シングル S14,980円
セミダブル SD18,980円
ダブル D21,980円
クイーン Q販売なし
キング K販売なし
おすすめポイント
  • 体圧分散を高める上層の低反発
  • 寝返りをサポートする下層の高反発
  • 通気性が高いオープンセル構造
  • 安くて長持ち
カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた「快眠マットレスおすすめランキング

妊婦の厚さ10cm以上のマットレスの選び方

厚さ10cm以上のマットレスには、ポケットコイルマットレス、ボンネルコイルマットレス、高反発マットレスの3種類が大きくあります。

妊婦さんなら「高反発マットレス」を選ぶのがおすすめ。

高反発マットレスは、体重や体格に合わせて適度に体が沈むよう設計されているので、腰や肩にかかる負担を分散してくれます。結果、睡眠中の赤ちゃんや母体の負担を和らげます。

妊婦さんは現在の自分の体重に赤ちゃんの体重(3kg)を加えて、自分に適したマットレスの硬さを考えましょう。

体重 適した硬さ
40~50kg ふつう
50~70kg やや硬め
70~90kg 硬め
90kg以上 超硬め

妊婦におすすめの高反発マットレス

【腰痛対策】モットン マットレス

モットンは、価格も比較的安く、耐久性が高く、自分に合った硬さを選べる高反発マットレスです。選べる硬さは「やや硬め(140Nと表記されてるもの)」「硬め(170Nと表記されてるもの)」「超硬め(280Nと表記されてるもの)」の3つがあります。

もともと腰痛対策のマットレスなので、腰の負担を軽減したい妊婦さんにもおすすめとなっています。もちろん出産後も問題なくご使用できます。

【通販サイト】
※公式のみ返金保証付き

モットン マットレスの口コミと評判を確認

硬 ■■■□□□□ 柔
超硬め,硬め,やや硬め
サイズ値段
セミシングル SS販売なし
シングル S39,800円
セミダブル SD49,800円
ダブル D59,800円
クイーン Q販売なし
キング K販売なし
おすすめポイント
  • 腰痛持ちに人気
  • 安心の90日間返金保証
  • 体重に合わせて選べる3種類の硬さ
  • プレゼントにも最適
  • 元プロ野球選手 山本昌愛用

【コスパ最高】エムリリー 優反発マットレス11cm

エムリリー優反発のマットレスの特徴は2層構造にあります。上層が柔らかい低反発、下層が硬めの高反発で、適度な沈み込みをし、しっかりとした寝姿勢のサポートをします。硬さはモットンと比較して柔らかく、「ふつう」程度の硬さです。

【通販サイト】
※現在品切れ多発中なのでお早めに

エムリリー 優反発マットレス11cmの口コミと評判を確認

硬 □□□■■□□ 柔
ふつう,やや柔らかめ
サイズ値段
セミシングル SS27,980円
シングル S29,980円
セミダブル SD36,980円
ダブル D43,980円
クイーン Q販売なし
キング K販売なし
おすすめポイント
  • 体重に合わせて沈む2層構造
  • 上層が独自素材の優反発、下層が高反発
  • 値段が安くコスパ良い
  • 肩こり持ちに人気

【整体師が1位に選んだ】雲のやすらぎ プレミアム

雲のやすらぎプレミアムは、上層が凹凸構造の低反発、下層が高反発の2層構造のマットレス。硬さはモットンよりも柔らかい「ふつう」程度になります。

凹凸構造による点で支える働きと低反発の適度な沈み込みで体圧分散を向上させつつ、下層の高反発でしっかり体を支え、寝返りのしやすさも取り入れたのが特徴です。

【通販サイト】
割引情報&クーポンコードはコチラ

雲のやすらぎ プレミアムの口コミと評判を確認

硬 □□■■□□□ 柔
やや硬め,ふつう
サイズ値段
セミシングル SS販売なし
シングル S39,800円
セミダブル SD49,800円
ダブル D59,800円
クイーン Q販売なし
キング K販売なし
おすすめポイント
  • 整体師が選んだ腰痛対策マットレス1位
  • 100日間返金保証
  • 5層構造で体圧分散が高い
  • 購入者満足度98%
整体師・整形外科医が選びました
雲のやすらぎ プレミアムの口コミ評判を確認

妊婦さんのマットレス選びまとめ

マットレス記事のまとめ

先に結論
  • 妊婦さんは、体の変化に伴って寝具も変化させるのが大切
  • お子さんも窮屈にならないよう、硬さ選びは慎重に
  • 現在の寝具に重ねて寝心地を向上させるならマットレストッパー
  • この際にマットレス自体を買い換えるなら普通のマットレス

▼妊婦さんにおすすめマットレス

カツミン

マットレスが決まりませんか?
こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー