マットレスの硬さの調べ方&体型ごとの選び方【診断ツール付き】

マットレスの硬さはどれくらい

✅マットレスの硬さはどう調べる?
✅基準や目安はどれくらい?
✅自分に合う硬さの選び方って?

このページでは、マットレスの硬さで注目する単位、硬さの選び方を紹介しています。

有名ブランドを硬さごとにまとめた表も最後に紹介するので、自分に合う硬さのマットレス選びの参考にしてみてください。

AIマットレス診断

あなたの体型に合ったマットレスをAIが分析します。

身長

体重

性別

対策

寝姿勢

使い方

マットレスの硬さの調べ方(注目する単位)

マットレスを選ぶ夫婦

「マットレスの硬さ」というと、寝てみないとわからないと考えてしまいがちですが、実は寝てみる前に商品説明欄に記載されている情報から、おおよその硬さを調べることができます。

ウレタンの場合:ニュートン(N)

ウレタン・ラテックス素材を押してみた

高反発ウレタン、低反発ウレタンの場合、反発力を表すニュートン(単位:N)が硬さの指標となります。例えば「100N」「100ニュートン」のように表記されています。必ず表記されているわけではないので、表記がない場合は口コミを見ておよその硬さを判断しましょう。

コイルの場合:線径(mm)

ポケットコイルのスプリング

ポケットコイル・ボンネルコイルの場合、コイルの太さを表す線径(単位:mm)が硬さの指標となります。例えば「1.8mm」と記載されています。必ず記載されているわけではない上、スプリングの場合は他にも「コイル数」「詰め物」によっても多少硬さが変わってきます。

硬さの基準(目安)

ウレタンのニュートン(N)、コイルの線径(mm)がそれぞれ硬さごとの目安の基準値を紹介します。あくまで目安なので、口コミ等も参考にして判断しましょう。

硬さウレタンコイル
かなり硬い270N2.2mm
硬い200N2.0mm
やや硬い170N1.8mm
ふつう140N1.6mm
やや柔らかい100N1.4mm
柔らかい70N1.2mm
かなり柔らかい40N1.0mm

※コイルの場合は、上層がクッション層になっていて、その詰め物次第で多少柔らかさが変わります。

マットレスの硬さの選び方

硬さの基準と、見るべき単位がわかったところで、硬さはどう選べばよいのか紹介していきます。

体型(体重・身長)ごとで選ぶ【基本】

マットレスの選び方:体型と硬さ

基本は体型ごとで硬さを選んでいきます。同じ80kgでも、身長が180cmと160cmでは沈み方が変わるので、「体型」を中心に選んでいきます。体型が「ぽっちゃり/筋肉質」だと沈みやすいので「硬め」、普通の体型なら「普通の硬さ」、痩せ型・細身なら「柔らかめ」のようにして選びます。

体型硬さウレタンコイル
かなり肥満かなり硬い270N2.2mm
肥満・筋肉質硬い200N2.0mm
やや肥満やや硬い170N1.8mm
普通ふつう140N1.6mm
痩せ型やや柔らかい100N1.4mm
柔らかい70N1.2mm
かなり柔らかい40N1.0mm

※柔らかいだけのマットレスはいくら痩せていても寝姿勢が崩れたり、寝返りがしづらくて寝心地悪くなるので選ばないようにしましょう。ただし、マットレスが2層構造で上層40N・下層140Nのようなタイプは選んで大丈夫です

ここから下では、ニーズごとでの硬さの選び方を考えていきます。

ケース①腰痛対策なら

通常は「体圧分散」「寝姿勢」「寝返り」のバランスから、先程紹介した基本の選び方になりますが、腰痛対策の場合「寝姿勢」「寝返り」を重視すべきなので、1段階硬めを選ぶことになります。先程の表での硬さを1つ硬めにした場合でマットレスを選びましょう。(→腰痛対策マットレス

ケース②肩こり対策・横向き寝なら

肩こり対策の場合、基本的に横向きに寝たときの肩の「体圧分散」を高める必要があるため、1段階柔らかめを選ぶようにしましょう。仰向き・横向きのどちらにも寝る場合は、お尻部分が硬めで、肩部分が柔らかめなセンターハード構造がおすすめです。(センターハード構造のマットレス一覧

ケース③高齢者なら

高齢者の場合、成人と比べて筋肉量が少ないため、腰痛対策同様に「寝姿勢」「寝返り」を重視するので、1段階硬めを選ぶのがおすすめです。とはいえ体圧分散もより重要になるので、ポケットコイルマットレスか、上層が柔らかい2層構造のウレタンマットレスを選びましょう。

ケース④子どもなら

子どもの場合、筋肉量が少なく、骨格がまだ出来上がっていないので、「寝姿勢」「寝返り」を重視して硬めを選ぶのがおすすめです。1段階〜2段階硬めを選びましょう。

ケース⑤うつぶせ寝なら

うつ伏せ寝の人は「体圧分散」と「寝姿勢」を重視して1段階柔らかめを選ぶのがおすすめ。ただし乳幼児や赤ん坊はうつ伏せで埋もれて窒息する恐れがあるので、あくまで成人のみに限ります。

硬さ診断

性別・体型・悩みに合わせた、あなたに合うマットレスの硬さを診断するツールを紹介します。硬さだけでなく、該当するマットレスも表示します。

AIマットレス診断

あなたの体型に合ったマットレスをAIが分析します。

身長

体重

性別

対策

寝姿勢

使い方

目次に戻る


各有名マットレスの硬さ比較

マットレス・他ブランド比較

よく聞くマットレスの硬さは、マットレス全体で硬いのか、柔らかいのか気になりますよね。

ここではウレタン・コイルに分けて、有名ブランドの代表マットレスを指標ごとで硬さをまとめました。

自分に合ったマットレスが選べると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウレタン(高反発・低反発)

2層構造のウレタンフォームマットレス

ウレタンマットレスの有名ブランドの硬さを比較すると次のようになります。2層構造の場合は、1層目は薄めなので、最終的な沈みを支える2層目に注目して硬さ評価を行っています。柔らかいタイプは、1枚で使用するのではなく、敷布団やマットレスの上に敷いて体圧分散を高める目的で使用されます。

硬さニュートンブランド
かなり硬い270N
硬い200N
やや硬い170N
ふつう140N
やや柔らかい100N
柔らかい70N
かなり柔らかい40N

コイル(ポケットコイル・ボンネルコイル)

ローベッド・和室・モダンデザイン

コイル系のマットレスを線径に加えて、コイル数も加味して硬さ比較を行いました。線径が細くてコイル1つ単位では柔らかくても、コイル数が多いと1つのコイルにかかる負担が小さくなり、マットレス全体では沈みすぎない硬さになるのがコイルマットレスの特徴です。

コイル線径に対して、コイル数が600個より少なければ1段階柔らかく、コイル数が多ければ1段階、かなり多い場合は2段階硬めのほうに移行しています。

硬さ線径ブランド
かなり硬い2.2mm
硬い2.0mm
やや硬い1.8mm
ふつう1.6mm
やや柔らかい1.4mm
柔らかい1.2mm
かなり柔らかい1.0mm

【硬さ調整可能】くじらマットレス マットレスタイプ

  • 自宅で硬さ72パターン調整可能
  • 中央硬めで仰向け・横向きどちらも寝やすい
  • 腰と肩の負担を分散する構造
  • 安心の日本製
硬 ■■■■□□□ 柔
超硬め,硬め,やや硬め,ふつう
ニュートン:上層:50N/140N/50N・下層:140N/210N/140N
コスパ体圧分散寝返り通気性保証
49,800円
寿命目安5~8年
2層構造◯
硬さ調整可能◯
高反発◯
センターハード◯
ウレタン△保証なし✕

くじらマットレスは「2層構造」と「センターハード構造」のハイブリッドな3つ折り高反発マットレス。

上層を柔らかめにした「2層構造」で体圧を分散。

マットレス中央が硬めな「センターハード構造」は、1番重い腰〜尻部分の沈み込みを防ぎ、横向きになったときは肩が沈んで楽な姿勢をサポート。

さらに中身の6素材の配置を入れ替えることで、最大60パターンの硬さ調整が可能。自宅で自分の体型・骨格・体重・好みに合わせてマットレスの寝心地を変えられます。

睡眠中に腰や肩の負担を感じる、仰向き・横向きどちらにも寝る人におすすめ。

お得に購入するなら
Amazon楽天市場ヤフーショッピング

くじらマットレス マットレスタイプの口コミ評判を検証してみた

AIマットレス診断

あなたの体型に合ったマットレスをAIが分析します。

身長

体重

性別

対策

寝姿勢

使い方

カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA