ネルマットレスvsコアラマットレス比較【どっちがおすすめ?】

NELL・コアラマットレス比較

✅ネルとコアラマットレスの違いは?
どっちのほうが寝心地が良い?
✅ステマなしの情報が知りたい!

このページでは、寝具販売員がプロ目線で「ネルマットレス」と「コアラマットレス」の違いを解説。結局どっちがおすすめなのかが分かるようにまとめました。

選ぶのに迷っている方はぜひ参考にして、後悔しないよう納得した上で購入しましょう。

先に結論として、各項目で比較した表を紹介します。

ネルマットレスコアラマットレス
体圧分散
寝返り
通気性
耐久性
保証
サポート
通常価格
  • シングル:75,000円
  • セミダブル:90,000円
  • ダブル:105,000円
  • クイーン:130,000円
  • キング:150,000円
  • シングル:72,000円
  • セミダブル:82,000円
  • ダブル:92,000円
  • クイーン:102,000円
  • キング:販売なし
通常時割引10%割引10,500円割引
割引適用後
  • シングル:67500円
  • セミダブル:81000円
  • ダブル:94500円
  • クイーン:117000円
  • キング:135000円
  • シングル:61,500円
  • セミダブル:71,500円
  • ダブル:81,500円
  • クイーン:91,500円
  • キング:販売なし

ネルマットレスのほうが若干値段は高いものの、各項目でコアラマットレス以上なことが分かります。

購入前に、ネルマットレス、コアラマットレスの最新の割引情報は必ず確認しておきましょう。

購入ページはこちらになります。

ここから先では、上の表の各項目の評価理由を詳細に解説していきます。

寝心地比較【ネルマットレスvsコアラマットレス】

まずはマットレスの寝心地を構成する「体圧分散」「寝返りしやすさ」「通気性」についてネルマットレス・コアラマットレスを構造・素材の視点から比較していきます。

体圧分散比較

体圧分散とは、寝姿勢時に一部に偏る負担を分散させる性能のことです。体圧分散が高いことで、血流の滞りを防ぎ、腰痛・肩こり対策に繋がります。

ネルマットレス・コアラマットレスともにマットレスとして体圧分散は高いです。

イメージとしては、「ネルマットレス」はあまり沈まずにコイルが身体のラインに沿って体圧分散を高めていて、「コアラマットレス」は低反発で少し沈んで包まれる寝心地です。

ネルマットレスコアラマットレス
体圧分散
構造
  • 薄いウレタン
  • ポケットコイル
  • 低反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
特徴コイル数1,200個3層構造

寝返りしやすさ比較

寝返りがしやすいことで、寝返り時の筋力消費を抑え、寝返りによる血流悪化対策により腰痛対策に繋がります。

最近ではマットレスの腰部分が硬めとなっている「センターハード構造」を取り入れるメーカーが増えてきていて、ネルマットレス・コアラマットレスともに採用しています。

ネル、コアラ、両方とも寝返りはしやすい構造ですが、ネルマットレスのほうが沈み込みが少なく、コイルの反発力があるので、より寝返りがしやすいです。

ネルマットレスコアラマットレス
寝返り
構造
  • 薄いウレタン
  • ポケットコイル(センターハード
  • 低反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ウレタン(センターハード
特徴センターハードセンターハード

通気性比較

見落とされがちですが、通気性もマットレス選びで重要です。熱がこもって暑いと寝苦しく感じます。また、高温多湿な日本の環境では、カビやダニの繁殖の原因ともなります。

ネルマットレスとコアラマットレスを比較すると、ネルマットレスのほうが通気性が高いです。

ウレタン素材は通気性がどうしても低くなります。コアラの場合は、ウレタンをメインで採用しているので通気性が若干低いです。ただ、通常のウレタンマットレスとは違い、通気性を改善したウレタンを使用しています。

ポケットコイルは空洞部分が多いので断然通気性が高いです。

ネルマットレスコアラマットレス
寝返り
構造
  • 薄いウレタン
  • ポケットコイル
  • 低反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
特徴通気性が比較的高い低反発ウレタンを使用

実際に、コアラマットレスでは通気性への不満の声をよく見かけます。

冷感敷きパッドなどを上に敷いて使えば暑さ対策は一応できます。

寝心地比較まとめ

ここまで比較してきた「体圧分散」「寝返り」「通気性」を総合評価すると、ネルマットレスのほうが寝心地が良いです。

両方体験した筆者としてもネルマットレスのほうがだいたいの人におすすめです。

腰痛や肩こり対策として考えている人なら、沈みすぎず寝返りのしやすいマットレスのほうが良いので、やっぱりネルマットレスですね。

ネルマットレスコアラマットレス
体圧分散
寝返り
通気性
寝心地勝ち負け

ただ、体型・骨格・好みが変われば合う合わないも変わってくるので、もともと柔らかめが好きという方はコアラマットレスを選んでも良いかもしれません。

どちらも長期返金保証が付いているので、

  1. ネルマットレスを購入する
  2. もし合わなければ返品してコアラマットレスを購入

という流れがおすすめです。

性能比較【ネルマットレスvsコアラマットレス】

ここからは寝心地以外の「耐久性」「保証」「サポート」の比較をしていきます。

耐久性比較

耐久性を比較するとスプリングをメインに使用しているネルマットレスのほうが寿命が長いでしょう。

とはいえ両方ともヘタった場合に交換してくれる「10年間品質保証」が付いているので、耐久性で選ぶことは考えなくていいと思います。

ネルマットレスコアラマットレス
寝返り
構造
  • 薄いウレタン
  • ポケットコイル
  • 低反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ウレタン

保証比較

ネルマットレス・コアラマットレス両方ともに「120日間返金保証」「10年間品質保証」が付いているのですが、実はコアラマットレスの場合、返品時の手数料が東京・大阪以外だと返品商品1点につき7,500円かかります。ネルマットレスの場合は無料です。

なので保証で比較すると、ネルマットレスのほうが良いです。

ネルマットレスコアラマットレス
保証
内容
  • 120日間返金保証
  • 10年間品質保証
  • 120日間返金保証
  • 10年間品質保証
返品時の送料無料無料(東京・大阪のみ)
その他の地域は7,500円
返品方法作業員が回収しに来る作業員が回収しに来る
品質保証の条件3cm以上のへたり2.5cm以上のへたり

サポート比較

両方とも日本にオフィスがあります。問い合わせサポートも日本語で対応されているので安心です。

製造国はどちらも中国です。コアラマットレスは「オーストラリア」のイメージを打ち出していますが、実は中国製なのが驚きですよね。

ネルマットレスコアラマットレス
サポート
サポート言語日本語日本語
製造国中国中国
販売企業日本日本
(親会社:オーストラリア)
企業名株式会社 MorghtKoala Sleep Japan 株式会社
(親会社:Koala Sleep Pty Ltd Australia)

目次に戻る


総合コスパ比較【ネルマットレスvsコアラマットレス】

ここまで比較してきた「寝心地」「性能」それぞれの項目をすべてまとめたものが次の表になります。

ネルマットレスのほうが若干値段は高いものの、各項目でコアラマットレス以上なことが分かります。

ネルマットレスコアラマットレス
体圧分散
寝返り
通気性
耐久性
保証
サポート
通常価格
  • シングル:75,000円
  • セミダブル:90,000円
  • ダブル:105,000円
  • クイーン:130,000円
  • キング:150,000円
  • シングル:72,000円
  • セミダブル:82,000円
  • ダブル:92,000円
  • クイーン:102,000円
  • キング:販売なし
通常時割引10%割引10,500円割引
割引適用後
  • シングル:67500円
  • セミダブル:81000円
  • ダブル:94500円
  • クイーン:117000円
  • キング:135000円
  • シングル:61,500円
  • セミダブル:71,500円
  • ダブル:81,500円
  • クイーン:91,500円
  • キング:販売なし
販売ページ

購入前に、ネルマットレス、コアラマットレスの最新の割引情報は必ず確認しておきましょう。

購入ページはこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA