2層構造のウレタンフォームマットレス

高反発マットレスと低反発マットレスの違い|高反発のメリット・デメリット

高反発マットレスは、ウレタン素材で、感触がやや硬めで反発力の高い(=寝返りがしやすい))マットレスです。

ここでは、高反発マットレスと他の種類のマットレスとの違い、高反発マットレスのメリット・デメリットを見ながら、特徴を解説していきます。

高反発マットレスと低反発マットレスの違い

ウレタン・ラテックス素材を押してみた

低反発との違いを間違いやすいですが、ソフトで沈み込みやすいのが低反発、硬めでしっかり体を支えるのが高反発です。

高反発低反発
高反発ウレタン解説図低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。→高反発マットレスランキング低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。→低反発マットレスランキング

高反発マットレスのメリット(利点)

低反発ウレタンフォームを押してみた

高反発は、マットレス性能としては全体的に評価が高く、寝心地が良いかつ安いです。

種類体 圧 分 散寝 返 り耐 久 性通 気 性安 さ軽 さ
ノンコイル
高反発
低反発

さらに高反発は軽いので、非力な高齢者や女性の方でも、マットレスを持ち上げたり、たたむなどの手入れのしやすさも魅力です。

  • 寝心地が良い
  • 安い・安価なお手頃価格
  • 軽量なのでお手入れが簡単
  • 敷布団と比較してダニが繁殖しにくい

関連:高反発マットレスおすすめランキング

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた高反発マットレスおすすめ比較ランキングはこちら

高反発マットレスのデメリット(欠点)

高反発マットレスのデメリット1つ目は「通気性が悪い」こと。

一般的なウレタン素材は、密度の高いスポンジのようなものなので、風が通りにくいです。

また、値段も5,000円〜10万円まで幅広く、製品の品質もピンきりです。

あまり買われていない高反発を購入すると、すぐにヘタって半年で使い物にならなくなる、ということがあり、選び方が難しいのが初心者にはデメリットです。

  • 通気性が少し悪い・熱がこもりやすい
  • 選び方が難しい(→高反発マットレスの正しい選び方
  • ウレタンの匂いが最初臭いときがある(害はなく、1~2日で消える)
  • 上下裏表を2~3ヶ月ごとにひっくり返す必要がある

当サイトでは、約3,000個のマットレスの中から、品質と評判の高い高反発マットレスを選んでいるので、ぜひ購入の参考にされてください。

高反発マットレスが向いている人・合わない人

高反発マットレスが向いている人は次のような人。

向いている人

  • 腰痛持ちの人
  • 肩こり・首のこりをお持ちの方
  • 非力な高齢者や老人、女性
  • 小さな子どもや、赤ちゃん・幼児(添い寝も可)
  • 妊娠中の妊婦さん
  • 折りたたんでしまいたいミニマリスト

関連:高反発マットレスおすすめランキング

逆に、高反発マットレスがおすすめできない、向いていない人は次のような人です。

向いていない人

  • 予算が10万円以上の人
    高級なポケットコイルマットレスがおすすめ
  • 2人~3人で寝たいファミリー
    他の人に振動が伝わりにくいポケットコイルがおすすめ

別ページ解説「ポケットコイルマットレスおすすめランキング

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた高反発マットレスおすすめ比較ランキングはこちら

高反発マットレスが腰痛に良いのはなぜ?

腰痛には高反発マットレスと聞きますよね。

一体なぜ、高反発マットレスが腰痛持ちに適しているのかというと、次の理由になります。

  • 程よく沈み込む
  • 体重を体全体で支える
  • 腰への負担を減らす

仰向けの正しい寝姿勢・間違った寝姿勢

 

高反発マットレスの有名メーカー

高反発マットレスの有名ブランドには、日本国内以外にも、海外製品も多くあります。人気のブランドは次のとおり。

  • モットン(日本)
  • エムリリー(日本)
  • 西川エアー(日本)
  • マニフレックス(イタリア)
  • コアラマットレス(オーストラリア)
  • テンピュール(アメリカ)
  • エアウィーヴ(日本)

関連:高反発マットレスおすすめランキング

カツミン

マットレスが決まりませんか?
こちらの「高反発マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。