ゼロキューブ(ZERO CUBE)マットレスの口コミ評判(旧エアキューブ マットレス)

ゼロキューブマットレス・凹凸構造

✅ゼロキューブマットレスの評判はどう?
✅評価が高い理由は何?
✅自分には合う?合わない?

このページでは、ゼロキューブマットレス(旧エアキューブ マットレス)の口コミ評判から、評価が高い理由、合う人・合わない人の違いについて解説していきます。

マットレス購入に失敗しないためにも、注意深くお読みください。

ゼロキューブ(ZERO CUBE)マットレスの概要
  • 凹凸構造(体圧分散↑通気性↑)
  • メッシュ素材(通気性↑)
  • 耐久性高い
価格 27,980円
寝具の種類 高反発マットレス
使い方 床に敷く/ベッドマットレス
厚さ 10cm
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔(やや硬め)
寿命 8年
保証 なし
サイズの種類 セミシングルシングルセミダブルダブル
\こんな人におすすめ/
  • 低コスト・コスパ重視
  • 肩こりで悩んでいる方
\43%オフキャンペーン中/
お得に購入
公式サイト

\動画で寝心地を確認!/

ゼロキューブマットレスの口コミ評判

ゼロキューブマットレス・寝てみた

ゼロキューブマットレスの口コミには、腰痛や肩こり解消から、寝心地がよくなったというものがあります。

ツイッターとamazonレビューをまとめました。

寝心地が良いという口コミ(レビュー3件)

ゼロキューブマットレス(旧名称:エアキューブ)を使用して、寝心地が良いという口コミが多く投稿されていました。

都合上しばらくせんべい布団で、床に寝てるかのようなあちこち痛い日々を送ってました、その前が10年以上無圧布団だっただけに更に辛く…
ちょっと薄めだけど扱い易そうだしと購入してみて大正解でした、折りたたみのすのこベッドに敷いてますが寝心地良いです、自前のベッドが巾狭いのではみ出しちゃうんですが、カバーをかけて概ね良好な使い心地です。
ちなみにカバーの力もありますが、和布団並みにたたんだベッドに沿うので邪魔になりません。
よく眠れてます(*^_^*)

部活で毎晩遅く帰って来る娘に少しでも身体を休めてもらえばと思い購入。こちらで寝るようになってから身体の疲れがよく取れるようになったと言ってくれました。高反発のようですが表面が凸凹のためか固すぎず、ちょうど良いとのことです。
しっかりしたマットレス

腰痛が解消されたという口コミ(レビュー3件)

腰痛でお悩みの方が、ゼロキューブマットレス(旧名称:エアキューブ)を使うことで、腰が楽になったという投稿も目立ちます。

腰痛が悪化したので、購入しました。
初見では、薄さに不安になりました。
寝てみたら、まったく腰に負荷がかからないことが分かりました。
寝ているベッドに誰かが腰かけても、寝ている人は全く揺れない!振動ゼロ!
それくらい、「点で支えられている」ということだと思います。
だから、腰が沈み込まずに、楽に寝られます。
値段も手ごろで、最高でした!
振動ゼロ!

仕事が長時間立ちっぱなしのためなのか、朝起きた時の腰の痛みに悩まされていました。このマットレスを使い始めてからは、腰の痛みがさほど気にならず、目覚められるようになりました!
腰の痛みが軽減した!

\43%オフキャンペーン中/
お得に購入
公式サイト
カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

ゼロキューブマットレスの評価が高い理由4つ

ゼロキューブマットレスの口コミを見てきて、なぜ評判が良いのか気になりますよね。

ここからは、ゼロキューブマットレスの評価が高い理由を4つに分けて解説していきます。

  • 体圧分散が高い
  • 通気性が高い
  • 耐久性が高い
  • 収納しやすい

①体圧分散が高い|凹凸構造(ゼロキューブカッティング)

ゼロキューブマットレス・凹凸構造

ゼロキューブマットレスの最大の特徴が、マットレスが格子状にカッティングされて、1830個以上の凹凸で体を点で支えること。

体の骨格にきっちり凹凸が密着し、体圧分散を高めます。

ゼロキューブマットレス・体圧分散

体圧分散が高いまま、寝姿勢がきれいなS字になるので、腰痛も楽ですし、横向きに寝たときも肩が楽になります。

②通気性が高い|凹凸構造・メッシュ素材

ゼロキューブマットレス・ゼロキューブ

エアキューブマットレスの凹凸構造によって、マットレスと人肌の間に空気の通り道ができるので、通気性が高く、夏でも蒸れにくい特長があります。

ゼロキューブマットレス・メッシュ素材

また、カバーがメッシュ素材(小さな穴が空いてる素材)なので、通気性をより高めています。

③耐久性が高い(推定寿命8年)|復元率98.9%

ゼロキューブマットレスは、8万回の圧縮試験を行ったところ、約1%程度のへたりしか発生していません。このときに圧縮から元の厚さに戻った度合いを復元率といい、ゼロキューブの復元率は98.8%となっています。

推定すると、ゼロキューブの寿命は8年となり、値段が安いのに耐久性が高い特徴があります。

④収納しやすいコンパクトさ|丸められる・軽量

畳やフローリングの床に直接敷く方の中には、朝起きたら畳んで押入れに収納したい方もいるでしょう。

ゼロキューブはゴムバンドがマットレスに付いていて、ゼロキューブを丸めて、そのまま固定できます。

ゼロキューブマットレス・コンパクトさ

重量は10cmのマットレスタイプで8kgと、かなり軽量なので、お年寄りや女性でも軽々持ち上げて、押入れにしまえます。

コンパクトで、持ち運びにも長けているので、

  • 車中泊
  • 実家に帰省するときのマットレス
  • 仕事の仮眠用
  • ミニマリストの方
  • 突然の来客用

などなど、様々な用途にも使えて便利です。

\43%オフキャンペーン中/
お得に購入
公式サイト

ゼロキューブマットレスの種類と選び方

ゼロキューブマットレスには「10cmマットレスモデル」「5cmトッパーモデル」の2つの種類があります。

基本的に1枚で寝るマットレスを探している方が多いと思うので、「10cmマットレスモデル」を選べばOKです。

種類 シングル値段 使い方
10cmマットレスモデル 27,980円 床(フローリング)やベッドの上に敷く
5cmトッパーモデル 15,980円 敷布団やマットレスの上に重ねる

10cmマットレスモデル|床(フローリング)やベッドの上に敷く

ゼロキューブマットレス・10マットレス

エアキューブ10cmマットレスモデルは、畳やフローリングの床に直接敷いて使うか、ベッドフレームの上で使うマットレスです。

厚さ10cmは底付き感なく、それ1枚だけでぐっすり眠れます。

5cmトッパーモデル|敷布団やマットレスの上に重ねる

ゼロキューブマットレス・5cmトッパー

エアキューブ5cmトッパーモデルは、現在お使いの敷布団やマットレスの上に重ねて使用するマットレスです。

現在の寝具の体圧分散を上げて、寝心地を高めるために使います。

厚さが5cmなので、それ1枚で使用すると、腰が底に付いて、体が痛くなるので、必ず他の寝具に重ねましょう。

\43%オフキャンペーン中/
お得に購入
公式サイト
カツミン

別ページで解説!
➤マットレスが決まらなかった方は「マットレスおすすめ総合ランキング」をご覧ください

ゼロキューブマットレスが合わない人

ゼロキューブの感触は「やや硬め」です。性別や体重によっては、柔らかすぎたり、硬すぎたりして、合わない場合があります。

下記の硬さ診断ツールで、ゼロキューブの硬さがあなたに合うか診断してみましょう。

マットレスの硬さ診断

身長

体重

性別: 男性 女性



あなたに合う硬さ

※硬さの基準に世界的な基準はないため、上記は当サイトのみで使用できる独自調査に基づいた基準です

ゼロキューブの硬さ
硬 □□■□□□□ 柔
(やや硬め)

\43%オフキャンペーン中/
お得に購入
公式サイト

ゼロキューブマットレスのよくある質問

ここからは、ゼロキューブマットレスに関する、よくある質問をまとめていきます。

販売会社概要

ゼロキューブマットレスを販売している会社は、株式会社新陽トレーディングという日本の会社です。

通販サイト TOBEST
販売会社 株式会社新陽トレーディング
代表者名 楊 盛良
本社住所 東京都中央区日本橋小舟町
13-10 日本橋吉橋ビル3F
公式ページ http://tobest.jp/shop/smartfoam/
電話番号 03−3660−5200
メールアドレス info@tobest.xb.shopserve.jp

サイズの大きさ(横幅・縦の長さ・厚さ)

ゼロキューブマットレスのサイズの種類にはセミシングル・シングル・セミダブル・ダブルの4つがあり、それぞれの値段・横幅・縦の長さ・厚さは次のようになります。

種類 サイズ 値段 横幅 縦の長さ 厚さ
マットレスモデル セミシングル 26,980円 80cm 195cm 10cm
シングル 27,980円 97cm 195cm 10cm
セミダブル 36,980円 120cm 195cm 10cm
ダブル 39,980円 140cm 195cm 10cm
トッパーモデル セミシングル 12,980円 80cm 195cm 5cm
シングル 15,980円 97cm 195cm 5cm
セミダブル 19,980円 120cm 195cm 5cm
ダブル 24,980円 140cm 195cm 5cm

重さ・重量

ゼロキューブは子どもや女性でも簡単に持ち上げられるほど、軽い重さです。

種類 サイズ 重さ
マットレスモデル セミシングル 7 kg
シングル 8.4kg
セミダブル 9kg
ダブル 10kg
トッパーモデル セミシングル 2.7 Kg
シングル 3.38 Kg
セミダブル 4.2 Kg
ダブル 4.7 kg

素材は何?

ゼロキューブマットレスに使用されている素材は下記の2種類。

  • マットレス本体:ウレタンフォーム
  • カバー:ポリエステル

お手入れ方法は?水で洗える?洗濯可能?

ゼロキューブマットレスのカバーはファスナーで取り外し可能です。マットレス本体は洗えませんが、カバはー洗濯可能。

ゼロキューブマットレス・側地を外せる

日干し?陰干し?

ゼロキューブマットレスは日干しすると、中身のウレタンが変色したり、へたったりしてしまうので、日干しを避けましょう。

風通しの良いところで陰干しをおすすめします。

ニュートンは?

ゼロキューブマットレスのニュートン数値は、170N(ニュートン)です。ニュートンとは高反発マットレスの硬さを示す値で、170ニュートンは硬めの値です。

しかし、表面が凹凸構造をしているため、硬めより少し柔らかくなり、実際の感触は「やや硬め」になります。

販売店舗・試せるお店はある?

ゼロキューブはネット通販のみの販売のため、リアルの販売店舗がありません。お試しできるショールームや展示会もないので、自分に合うかどうか、注意深くチェックしましょう。

最安値はamazon?楽天市場?公式サイト?

ゼロキューブマットレスの価格が最安値はどこなのか、amazon・楽天・公式サイトを比較してみました。

結果、一番安いのは公式サイトでした。

※比較には10cmマットレスモデル・シングルサイズの値段を使用

通販サイト 値段 特徴
公式サイト 27,980円 一番安い
amazon 28,980円
楽天市場 28,980円

【凹凸構造】ゼロキューブ(ZERO CUBE)マットレス

27,980円
硬□□■□□□□柔:やや硬め
\おすすめポイント/
  • 凹凸構造(体圧分散↑通気性↑)
  • メッシュ素材(通気性↑)
  • 耐久性高い
体圧分散:4.8 out of 5 stars (4.8 / 5)
寝返り:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
耐久性:4.8 out of 5 stars (4.8 / 5)
通気性:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
安さ:4.8 out of 5 stars (4.8 / 5)

ゼロキューブ(ZERO CUBE)マットレスの公式サイトに進む

ゼロキューブマットレス10cmマットレスモデルは、表面が凹凸構造の高反発マットレス。

ゼロキューブマットレスの体圧分散

凹凸構造になっているため、点で体を支え(体圧分散↑)、人肌と密着しつつ切り込みによる空気の通り道があります(通気性↑)

また、ゼロキューブマットレスのカバーはメッシュ素材で、サラッとしていて通気性も高い。

ゼロキューブマットレスは丸められる

折りたたみもでき、丸めることもできます。軽量なので女性でも軽々収納ができコンパクト。

ゼロキューブは体圧分散・通気性・耐久性が高い一方で、比較的安めなので、コスパ重視の方におすすめ。

ゼロキューブ(ZERO CUBE)マットレスの公式サイトに進む

\こんな人におすすめ/
  • 低コスト・コスパ重視
  • 肩こりで悩んでいる方
動画で寝心地を確認する
価格 27,980円
分割払い 2,300 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類 高反発マットレス
使い方 床に敷く/ベッドマットレス
厚さ 10cm
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔(やや硬め)
寿命 8年
保証 なし
サイズの種類 セミシングルシングルセミダブルダブル
\43%オフキャンペーン中/
お得に購入
公式サイト
カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。 ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。


構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。
種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発


高反発ランキング
低反発ランキング
ボンネルコイルランキング
ポケットコイルランキング
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方
当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

サイズの選び方
1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。
使い方の種類
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
マットレスの使い方の種類解説
床置薄型マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード

ご相談フォーム

眠活では、マットレスや枕などの寝具選びに関するご相談にお答えしています。ご自身の体調と、購入に迷っている寝具の種類をお伝えいただけますと、あなたに合った寝具をご紹介します。

※製品の不具合に関するお問い合わせに関しましては、各メーカーへのお問い合わせをお願いいたします。

モットン 0120-740-771
エムリリー 03−3660−5200
雲のやすらぎ 03-6418-4875
マニフレックス 03-5410-4137