マットレスランキング

エムリリー(MLILY)エコヘルスの口コミ評判【マットレストッパー】

エムリリーエコヘルスシリーズのトップバナ0−

プロサッカーチームのマンチェスター・ユナイテッド公式寝具「エムリリーマットレス」。独特の低反発と高反発の2層構造により、質の高い眠りをサポートしています。

このページでは、エムリリー(MLILY)エコヘルスのマットレスのメリットやデメリット、口コミ評判、種類と選び方を解説していきます。マットレスの購入に失敗しないよう、購入前に必ず製品の特徴や注意点を勉強しましょう。

エムリリーエコヘルスのマットレスが選ばれる理由

エムリリーエコヘルスのマットレスの最大の特徴が2層構造にあります。上層が柔らかめの低反発、下層が硬めの高反発とすることで、適度な沈み込みと、しっかりと体を支えるサポートにより、快適な睡眠をもたらします。

エコヘルスにはマットレストッパーと床置きの2種類がありますが、構造的にはマットレストッパーとしての使用がおすすめです。マットレストッパーとは、マットレスや敷布団の上に重ねて使うマットレスを指します。

特徴
種類 低反発&高反発の2層構造
使い方 マットレストッパー
床置き
値段 1万円~1.5万円
厚さ 3cm / 5cm / 8cm
製造元 Mlily USA
公式販売ページ tobest.jp/shop/ecohealth

エムリリーエコヘルスが選ばれる理由には、次の3つがあります。

①腰や肩の負担を小さくする体圧分散効果

人が床に仰向けで寝ると、腰や背中が床について痛くなります。逆にふかふかの布団の上で寝転がると、包まれるような感覚で、腰や背中への痛みはありません。

マットレスも同じで、マットレスが柔らかいと腰や背中にかかる負担を減らしてくれます。この体の一部にかかる負担を、体全身に分散させる性能を体圧分散といいます。

エムリリーのエコヘルスマットレスは、上層部が柔らかいため、体圧分散が高く、腰や背中の負担を小さくします。

エムリリーエコヘルスシリーズの体圧分散

②綺麗な寝姿勢のサポート

柔らかいと体圧分散が高くなりますが、柔らかすぎると、腰や横向き時の肩が沈み込みすぎてしまい、寝姿勢が崩れて腰痛や肩こりの原因になります。

エムリリーは柔らかい上層の下に、硬い高反発ウレタンを採用することで、腰や肩の沈み込みすぎを抑制し、頭・背中・腰・脚を一直線な綺麗な姿勢に保ちます。

エムリリーエコヘルスシリーズによる綺麗な寝姿勢

③ウレタンなのに高い通気性

低反発や高反発と呼ばれるもののほとんどはウレタン製で、硬さがちょうどよく調整でき、耐久性もあり、安価に製造できるメリットがあります。しかし、密度が高く通気性が悪いというデメリットがこれまでの課題でした。

この通気性の課題に対して、エムリリーのエコヘルスシリーズでは、「オープンセル」と呼ばれる構造で解決をしました。

一般的なウレタンは1つ1つの泡がくっついた構造をしていますが、このオープンセルは泡どうしがつながり、空気の行き来がしやすい構造になっています。エムリリーのエコヘルスはオープンセル構造に加えて、さらにいくつもの空気穴をあけることにより、優れた通気性を備えています。

エムリリーエコヘルスシリーズのオープンセルによる通気性

\お得に購入するなら/
公式ページ

エムリリーエコヘルスの口コミ評判

エムリリーの特徴は、体圧分散の高さ、寝姿勢サポート、通気性の高さでした。実際に使用したユーザーはこれらのどのように感じているのか。

エムリリーのエコヘルスマットレスの口コミを探してみると、睡眠の質が上がった、腰痛が改善したという口コミが多くありました。口コミをピックアップしてご紹介します。

①睡眠の質が高くなったという口コミ

一番多かったのが睡眠の質が向上したという口コミです。ふわっと包まれる寝心地、寝姿勢が綺麗になる楽さ、寝返りのしやすさが評価されています。

サッカーチーム、マンチェスターユナイテッド公式寝具の『エムリリー』のマットレスでお昼寝♪
いまの布団の上に重ねるマットレストッパーだから、手軽に使えるの!
薄いのにびっくりするくらい体がフワッと心地良く包まれる感じで、爆睡💤しました。感動〜〜睡眠って大事よね!
https://www.instagram.com/p/BWtBWnXh4Ge/

睡眠中の負担を和らいで、
オープンセルフォーム(高反発)が沈み込みすぎないよう持ち上げ理想的な寝姿勢を保持し、スムーズな寝返りができるんできるから、
凄く嬉しい♪
(https://www.instagram.com/p/BWiAuy8BWBT/)

②腰痛や体の調子がよくなったという口コミ

腰痛をはじめとする、体の痛みが改善したという口コミも多くありました。エムリリーエコヘルスを使用することで、体の痛みがなくなり、仕事や勉強に集中できそうです。

腰痛予防のために購入、最初の印象は「イイ!」ですた、の巻。
https://www.instagram.com/p/BTV0Y1nhfoa/

MLILY(エムリリー)のマットレス〜〜♪
ずっと朝起きると体が痛かったノニ、
これで寝たら、今朝は痛くなかっタ♡♡♡
https://www.instagram.com/p/BioM4mVnn2u/

\お得に購入するなら/
公式ページ

エムリリーエコヘルスの種類と選び方

エムリリーエコヘルスのマットレスには、トッパータイプと三つ折りタイプがあります。違いを簡単にまとめると次のようになります。

モデル 特徴
トッパータイプ
(3cm / 5cm)
エムリリーエコヘルストッパー5cm9,980円 / 14,980円
1枚だけでは使用せず、現在使用されているマットレスや敷布団の上に重ねて使うタイプです。
三つ折りタイプ
(9cm)
エムリリーエコヘルス三つ折りタイプ24,980円
1枚だけで畳やフローリングの上で使用し、三つ折りにして押入れにしまったり、車中泊や仮眠用として使うタイプです。

選び方がわからない方は次を参考にしてみてください。

  • とりあえず現在の寝具の寝心地を良くしたい→トッパー5cm
  • 若干現在の寝具が硬い→トッパー3cm
  • 腰痛や肩こりにお悩みの方→トッパー5cm
  • 車中泊や仮眠用が欲しい方→三つ折りタイプ

トッパータイプと三つ折りタイプをより詳細に特徴を見ていきましょう。

①トッパータイプ

マットレストッパーとは、厚さが薄めで、寝具の上に重ねて使用するマットレスです。現在使用しているマットレスや敷布団の寝心地を向上させるのが目的です。

現在のマットレスや敷布団が少し硬い、寝姿勢が崩れる場合に、エムリリーエコヘルスのトッパータイプを使用することで、腰や背中の適度な沈み込みにより、体の負担を小さくする寝姿勢をサポートします。

トッパータイプには3cmと5cmの2種類があり、3cmよりも5cmのほうが包み込まれる感、体圧分散効果が高まるのでおすすめです。

②三つ折りタイプ

三つ折りタイプは、マットレスが3つに分割されて接合されていて、使用していないときは折りたたんで、部屋の隅や押し入れにしまっておけます。

エムリリーエコヘルスの三つ折りタイプは厚さが9cmのため、これ1枚を床や畳に敷くだけで睡眠がとれます。

3つ折りタイプにこだわらない場合は、同じエムリリーの1枚で寝る用の「エムリリー優反発シリーズ厚さ11cm(29,980円)」のほうがおすすめです。

\お得に購入するなら/
公式ページ

エムリリーエコヘルスのマットレスがおすすめな人

これまで紹介したエムリリーのメリットと特徴から、ユーザー像別でおすすめな人を紹介していきます。当てはまった方は、エムリリーエコヘルスのマットレスがおすすめです。

①腰痛や肩こりでお悩みの方

エムリリーエコヘルスマットレスは、低反発による適度な沈み込み、高反発によるしっかりと体を支えるサポートで、腰や肩の負担を小さくします。腰痛や肩こりでお悩みの方におすすめです。

②睡眠姿勢別

仰向けや、横向き寝、うつ伏せ寝など、人の好みによって寝姿勢が変わります。エムリリーエコヘルスシリーズの特性を考慮すると、それぞれの寝姿勢に対して次のような評価になります。

寝方 おすすめ度
仰向け
横向き寝
うつぶせ寝
\お得に購入するなら/
公式ページ

エムリリーエコヘルスのマットレスを購入しないほうがいい人

ここまでエムリリーエコヘルスのメリットや口コミを紹介してきましたが、一方でデメリットも存在します。

  • お客様都合による返品ができない

もし自分に合わなければ返品したい方

マットレスは数日からながければ1ヶ月は実際に寝てみないと、自分に合う合わないの判断は難しいとされています。購入したマットレスが自分に合わなくても、エムリリーエコヘルスの場合は返品ができません。

マットレスの中には返品保証が付いた種類もあり、1~3ヶ月寝てみてから返品することができます。詳しくは「返品保証の付いたマットレス一覧」を御覧ください。

エムリリーエコヘルスのマットレスの製品情報

エムリリーのメリットとデメリットを理解したところで、ここからはより具体的に購入を検討する細かな製品情報を見ていきましょう。

製造元

製造元 Mlily USA
製造国 中国製
公式販売ページ tobest.jp/shop/ecohealth

値段

種類 値段
セミシングル シングル セミダブル ダブル
トッパー3cm 9,240円 9,980円 12,980円 14,980円
トッパー5cm 13,980円 14,980円 18,980円 22,980円
三つ折り9cm 22,980円 24,980円 30,980円 36,980円

サイズ(縦の長さ/横幅)と重さ

サイズ 縦の長さ 横幅 重さ(厚さごと)
3cm 5cm 9cm
セミシングル 195cm 80cm 2.5kg 3.6kg 5.7kg
シングル 195cm 97cm 3.0kg 5.2kg 7.0kg
セミダブル 195cm 120cm 4.0kg 6.0kg 8.0kg
ダブル 195cm 140cm 5.0kg 7.0kg

厚さ

トッパータイプが厚さ3cmまたは5cm、三つ折りタイプは厚さ9cmです。

耐久性

ウレタン製のマットレスの耐久性は復元率から推定できます。復元率とは、マットレスに何万回も圧力を加えたとときに、どれだけ元の位置に戻るかを表した割合です。

エムリリーのエコヘルスマットレスの復元率は、98.8%と非常に高く、耐久年数はだいたい5年ほどになります。1万円~1.5万円のマットレスとしては耐久性が高いです。

硬さや反発力

ウレタン製の硬さは、ニュートンという値で表されます。エムリリーエコヘルスはに層構造になっているので、上層と下層で硬さが異なります。上層の低反発が45ニュートン(柔らかめ)、下層の高反発が140ニュートン(硬め)です。

寝たときの硬さの感触としては、まず接触する柔らかい層に包まれ、下の硬い層でしっかり体を支えられてる感覚です。

素材

中材はウレタンで、外装生地はポリエステルの素材です。

保証

エムリリーエコヘルスは種類によって保証期間が異なり、トッパーは1年間保証、三つ折りは3年間保証になります。保証な要としては、品質保証なので、通常の使用でへたったりした場合の交換保証になります。返品保証はないので、寝心地が微妙などのお客様都合による返品はできないことに注意しましょう。

\お得に購入するなら/
公式ページ

エムリリーエコヘルスのマットレスのよくある質問

安く購入できる場所

購入する店舗によっても多少値段やメリットが異なります。購入する場合は、一番安くて安心な公式ページの利用がおすすめです。下の表では、エムリリーエコヘルストッパー5cmのシングルサイズで比較したものです。

値段 メリット
公式ページ 16178円
amazon 16,987円
楽天 16,987円

相場的にはどうか

マットレストッパーとしての値段の相場は、1~2万円なので、エムリリーエコヘルスは平均的な値段だといえます。

子ども用として

子ども用として使用しても問題のない硬さです。

洗濯できるか

本体は洗濯できませんが、エコヘルスの三つ折りの場合はカバーを洗濯できます。

匂いってどう

ウレタン素材なので、梱包を開封後、ウレタンの独特な匂いがする場合があります。1~2日で匂いは気にならなくなりますが、もし気になる場合は、日陰の風通しの良いところで立てかけておきましょう。

そのまま一枚で寝るのは可能?

三つ折りタイプは1枚で寝られますが、トッパータイプは厚さがないので1枚で寝るのにはおすすめします。腰を痛める原因にもなりえます。

赤ちゃんは大丈夫?

ホルムアルデヒドの濃度が厚生省令第34号の安全基準を見対してるので、赤ちゃんが使用しても安心です。

三つ折りにたためる?

三つ折りタイプだけでなく、トッパータイプも三つ折りにすることはできます。

【コスパ最高】エムリリーエコヘルスシリーズ

価格 14,980円
寝具の種類 高反発&低反発マットレス
厚さ 5cm(マットレストッパー)
硬さ 硬 □□□□■□□ 柔
耐久性 5年
保証 1年間品質保証
サイズの種類 セミシングルシングルセミダブルダブル
エムリリーエコヘルスシリーズのマットレスの特徴は2層構造にあります。上層が柔らかい低反発、下層が硬めの高反発で、適度な沈み込みをし、しっかりとした寝姿勢のサポートをします。だいたいのマットレストッパーは2,3年でヘタってしまいますが、エムリリーエコヘルスは5年ほどは購入時と同様の寝心地を維持します。
\お得に購入するなら/
公式ページ

カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
マットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。 ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。


構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。
種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発


高反発ランキング
低反発ランキング
ボンネルコイルランキング
ポケットコイルランキング
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方
当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

サイズの選び方
1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。
使い方の種類
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
マットレスの使い方の種類解説
床置薄型マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード
       
«
»
X
\売り切れる前にお早めの購入を/

売り切れ
大量生産が難しいマットレスは、一度売り切れると再入荷が未定になったり、1ヶ月後になったりします。

いいな、と思ったら在庫があるうちにお早めに購入をご検討ください。