モットンの厚さは何cm?底付き感はある?高反発マットレスに最適な厚さは何cm?

腰痛対策モットンはマットレスランキング1位だし、山本昌も愛用

モットンってどれくらいの厚さ?
✅3つ折にしてモットンを収納できるかな?

腰痛対策のマットレスとして人気の高い「モットン」のマットレス。寝心地や収納を考えると、モットンの厚さが気になりますよね。

このページでは、そもそも高反発マットレスの厚さと違いから、モットンの厚さ、収納のしやすさを紹介していきます。マットレス選びで失敗しないためにも、購入前に必ず厚さのチェックをしましょう。

このページの要約
  • モットンの厚さは10cm
  • 高反発マットレスの10cmは床やベッドの上に敷いて使える
  • マットレスは10cm以上あれば十分な寝心地
  • 届いたときの袋詰されたモットンが圧縮されてびっくりするかも
これからモットンを購入するなら、返金保証や通常価格より2万円安く手に入れられる「モットン公式ページ」がおすすめ。

モットン体験ー横向きに寝てみる

そもそも高反発マットレスに最適な厚さは何cm?

高反発マットレスには5cmの厚さもあれば、20cmの厚さのものもあります。

厚さの種類によって、マットレスの使い方が異なるので、高反発マットレスであるモットンの購入前にも注意が必要。まずは、目的ごとに最適なマットレスの厚さを知っておきましょう。

マットレストッパーとして使うなら3~6cm

マットレストッパーとは、マットレスや敷布団の上に敷いて、汚れ防止や、下のマットレスや敷布団の耐久性維持、寝心地改善のための薄い高反発マットレスです。およそ3~6cm程度の厚さです。

床に敷いて使うなら6~15cm

高反発マットレスを床に敷いて使う場合、寝たときに沈んで底付き感が出ないように、多少の厚みが必要です。床に直接敷くなら6~15cmが一般的とされています。

ベッドに敷いて使うなら6cm以上

高反発マットレスをベッドに敷く場合は、床に敷く場合と同じ6cm以上の厚さが良いです。15cm以上のマットレスは湿気対策のために、必ずベッドの上に敷いて使うようにしましょう。

マットレスは厚いほうが良いの?

高反発マットレスは、厚さが10cm以上あれば、底付き感なく十分に睡眠を取れます。10cm以上厚くなっても変わりはありません。

厚さが異なる理由は、中の素材や構造が異なるからです。例えば3層になっていて1層目と3層目は高反発、2層めはコイル製といったマットレスや、1層目と3層目が低反発、2層目が高反発というマットレスがあります。

モットンを持ち上げる

モットンの厚さ(高さ)は何cm?

高反発マットレスで寝るなら厚さ(高さ)は6cm以上、10cmあれば十分ということがわかりました。

モットンの厚さは品質表示に記載されていて、「厚さ100mm」と書かれています。10mm=1cmなので、モットンの厚さは10cmです。

モットンの製品表示

今だけ?増税前と同じ価格で販売中/
公式サイト
詳しい特徴
➤モットンの口コミ評判はこちら

モットンの厚さは薄い?底付き感ある?

実際にモットンの厚さを計測してみても、ほぼ10cmの厚さでした。

元々20cm以上のベッドマットレスを使っていた方にとっては薄いと感じるかもしれませんが、モットンは高反発なので横になって寝てもしっかり体を支え、全然底付き感はありません。

モットンは10cmなので、床に敷いて使っても、ベッドの上に敷いて使うことも可能です。

モットンのマットレス

3つ折りの厚さは何cm?

モットンを床に敷いて使おうとしている方の中には、出しっぱなしではなく毎日押し入れにしまうことを想定している方もいらっしゃるでしょう。

モットンをしまうために3つ折りにした場合、厚さはおよそ30cmになります。押し入れに30cmの広さの余裕があるか確認しておきましょう。

モットンにゴムバンドをつける

ゴムバンドが付いているので収納ラクラク

モットンには、さきほど紹介した画像のようにゴムバンドが付属されているので、簡単に2つ折りもしくは3つ折りにして、押し入れに収納することができます。

お部屋があまり広くなくて、毎日収納するという方にはとても便利ですね。

モットンは収納しやすい

モットンの厚さはサイズで異なる?

モットンのサイズにはシングル・セミダブル・ダブルの3つの種類があります。

横幅や縦の長さが違うと、厚さも違うのかきになる方もいらっしゃりますが、サイズが違っても厚さはすべて同じ10cmです。

サイズ 縦の長さ 横幅 厚さ 重さ 値段
シングル 195cm 97cm 10cm 7.5kg 39,800円
セミダブル 195cm 120cm 10cm 9.0kg 49,800円
ダブル 195cm 140cm 10cm 10.7kg 59,800円
今だけ?増税前と同じ価格で販売中/
公式サイト
詳しい特徴
➤モットンの口コミ評判はこちら

届いたときのモットンの厚さはかなり薄い

モットンを購入して配達されたとき、「あれ、この箱にモットンが入ってるの?」と疑問に思うかもしれません。

開けてみるとビックリしますが、モットンが入った袋の空気を抜かれて、かなり圧縮された状態になっています。

モットンを箱詰めする

instagramに投稿された口コミでも、モットンの届いたときの厚さにびっくりしているようです。

女性1人が丸まったくらいのサイズに圧縮されてたのが3分でセミダブルsize厚さ10センチに膨らんだ
@sakutae

袋を破ってそとの空気を取り込むと、むくむくと膨らんでいって、最終的に厚さ10cmになります。

モットン体験ーうつ伏せに寝る

まとめ:モットンを購入するなら公式サイトがおすすめ

このページの要約
  • モットンの厚さは10cm
  • 高反発マットレスの10cmは床やベッドの上に敷いて使える
  • マットレスは10cm以上あれば十分な寝心地
  • 届いたときの袋詰されたモットンが圧縮されてびっくりするかも

これからモットンを購入するなら、返金保証や通常価格より2万円安く手に入れられる「モットン公式ページ」がおすすめ。

【腰痛対策】モットン

39,800円(税込)
硬■■■□□□□柔:超固め,硬め,やや硬め
\おすすめポイント/
  • 腰痛持ちに人気
  • 90日間返金保証
  • 体重に合わせて3つの硬さから選べる(体圧分散↑ 寝返り↑)
マットレス総合1位
腰痛対策マットレス1位
高反発マットレス1位
体圧分散:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
寝返り:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
耐久性:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
通気性:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
安さ:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

モットンの公式サイトに進む

モットンは日本で唯一、自分の体重に合わせて硬さを3種類から選べる高反発マットレスです(体圧分散↑ 寝返り↑ 腰痛対策◯)。

モットンは体圧分散が高い

8万回の耐久テストをクリアするほどヘタりにくく、10年間寝心地がほぼ変わらずに使用し続けられる性能なため、換算するとたった1日約11円の費用(コスパ↑)。

モットンのマットレスは日本製ながらも、ネット通販のみで販売し人件費を極限に抑えたことで、シングルサイズを4万円で実現(値段の安さ↑)。

モットンの値段

また、長期返金・返品保証が付いているため、90日間実質無料で試しに寝てみることができます(安心◯)。

モットンに寝てみた

腰痛持ちの方から、はじめて高反発マットレスを購入する方まで、幅広く当サイトでおすすめしています。

モットンの公式サイトに進む

\こんな人におすすめ/
  • 腰痛持ちの方
  • 体重の重い人でもOK
  • マットレス選びに迷っている方
  • とりあえず試してみたい方
動画で寝心地を確認する
ツイッターの口コミを表示
価格 39,800円(税込) ※現在、増税前と同じ価格
分割払い 3,300 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類 高反発マットレス
使い方 床に敷く/ベッドマットレス
厚さ 10cm
硬さ 硬 ■■■□□□□ 柔(超固め,硬め,やや硬め)
寿命 5〜10年
保証 90日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
今だけ?増税前と同じ価格で販売中/
公式サイト
詳しい特徴
➤モットンの口コミ評判はこちら