NELLマットレス体験レビュー

NELLマットレスを体験レビュー【過去最高レベルでした】

✅広告でよく見るNELLマットレスってどう?
✅普通のマットレスと何が違う?
✅メリット・デメリットは何?

今回NELLマットレスの写真撮影会にお邪魔して、マットレスを体験してきました。

正直、これまで見てきたマットレスの中で最高レベルだったので、何がどうすごかったのか詳しく解説していきます。

NELLマットレス体験レビュー

NELLマットレス・コイルの反発量k

NELLマットレスは、コイル数が通常の約2倍入っているポケットコイルマットレスです。

上層の詰め物はあまり使用せず、ポケットコイルで寝心地を生み出すよう設計されています。

実際に、寝心地はどうなのかを、仰向け・横向き・寝返りをして体験してきたので、写真とともに紹介していきます。

仰向けに寝てみた

NELLマットレス・仰向け

NELLマットレスに仰向けで寝てみました。

マットレス内の1つ1つのコイルが体の凹凸に反応して、細かい点で支えられているのを感じました。

NELLマットレス・スプリング

左:線径1.3mm硬め・右線径1.0mm柔らかめ

NELLマットレスは、腰部分であるマットレス中央が硬めに設計されているため、お尻が沈みすぎずに、腰まで密着してポンッと支えてくれます。

腰の負担が小さいので、朝起きて腰が痛い人にも良さそう。

横向きに寝てみた

NELLマットレス・横向き

NELLマットレスは横向きにも寝やすいのが特徴です。

人が横向きに寝ると、仰向けと違って、肩が大きく出っ張るので、綺麗な寝姿勢になるには、この肩部分が沈む必要があります。

普通はマットレス全体で硬さが同じなので、肩部分だけ程よく沈む製品はあまりありませんでした。

NELLマットレス・押し込み

NELLマットレスでは、腰部分が硬めになっている一方、肩部分が柔らかくなっているので、この肩の丁度いい沈み込みを実現。

肩の負担が分散して、肩が当たって痛い、といったことがありませんでした。

寝返りしてみた

NELLマットレス・寝返り

寝返りするときに、腰部分のコイルの反発力が高いので、重い腰を持ち上げてくれるので、寝返りもスイスイできます。

さらに、仰向け⇔横向きとどちらにも寝やすいので、寝返りした後もリラックスした体勢を維持。

NELLマットレス・コイルを押して見る

コイル同士は独立しているので、もし夫婦2人で寝ていても、1人の寝返りの振動が、もう1人に伝わることもありません。

通気性が高い

NELLマットレス・ポケットコイル

最近はウレタン素材の高反発マットレスをよく見かけますが、ウレタン素材は通気性が悪い。

「通気性良い素材を使用」と記載されていても、さほど大きく改善はされていません。

NELLマットレスは中がスプリングなので、通気性抜群で熱がこもる感じもしません。

マットレス内に空気の層がある感じで、寝返りのたびに外と中の空気が入れ替わります。

圧縮されて配送される

NELLマットレス・圧縮時

NELLマットレスはポケットコイルなのに、こんな小さな箱に圧縮されて配送されてきます。配送時に搬入可能かの心配がなく、輸送コストが抑えられている分、販売価格も抑えられているようです。

圧縮袋から開封後はすぐに膨らみ、厚みが増して寝心地の良いベッドが完成します。

NELLマットレス・全体2

感想まとめ

NELLマットレス・箱のデザイン

3,000個もマットレスを見てきましたが、NELLマットレスは過去最高レベルです。

もちろん値段は少し高いですが、最近流行りの高反発マットレスよりも、寝心地・耐久性・通気性のそれぞれで勝っています。

同じポケットコイルと比べても、普通のポケットコイルマットレスがコイル数600個なのに対して、NELLマットレスは1000個。ほぼ倍。実はこれ、20万円する高級マットレスよりも多いんです。

より細かい点で支えるので体圧分散が高く、さらにはコイル一つひとつの負担が小さいので耐久性も高くなっています。

さらには、120日間の返金保証が付いてるので、自分に合わなければ返品できてしまう。すごすぎる。

まさに睡眠投資というマットレスでした。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた寝心地最高のマットレスおすすめランキングTOP15はこちら

NELLマットレスの特徴(メリット&デメリット)

NELLマットレス・メリットvsデメリット

NELLマットレスのメリットは、仰向き・横向きどちらにも寝やすく、コイル数が通常の2倍近くある上に、120日間の返金保証が付いている点です。一方で、値段はそれなりに高いのがデメリット。

とはいえ、20万円もする高級ブランドのマットレスよりも品質が高いのに、このお値段に抑えられているので、コスパ最強です。

メリット・利点 デメリット・欠点
  • 中央の腰部分が硬めなので腰痛対策&寝返りしやすい
  • 肩部分が柔らかいので横向きにも寝やすい
  • ウレタンより通気性が良い
  • 120日間返金保証付き
  • 通常のポケットコイルの倍のコイル数で体圧分散が高い
  • 耐久性が高い
  • 10年間品質保証付き
  • そこそこのお値段(75,000円〜)
  • 発売されたばかりなので口コミが少ない

合う人・合わない人の条件

NELLマットレス・合う人・合わない人

構造の特徴や、メリットとデメリットから、NELLマットレスが合わないのは「予算7万円以下の人」「かなり硬めが好きな人」で、それ以外の人はほとんど合います。

合わない人の条件

  • 予算7万円以下
  • かなり硬めが好きな人
  • ベッドフレームを持っていない人

合う人の条件

  • 睡眠の質を高めたい人
  • 今の寝具で体がバキバキになる人
  • 腰痛や肩こりで悩んでいる人
  • 自分に合わなければ返品したい人

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いた快眠マットレスおすすめランキングTOP15はこちら

Amazon・楽天・公式サイトの値段最安値比較

NELLマットレス・安く変えるところ

NELLマットレスの通販サイトを調べたところ、amazon・楽天市場での販売はなく、公式サイトでのみ購入可能となっています。

通販サイト シングル セミダブル ダブル クイーン キング
公式サイト 75,000円 90,000円 105,000円 130,000円 150,000円
amazon 販売なし 販売なし 販売なし 販売なし 販売なし
楽天市場 販売なし 販売なし 販売なし 販売なし 販売なし

割引クーポンコードはある?

2020年10月27日現在NELLマットレスでは、割引になるクーポンコードの発行は行っていません。

キャンペーンはある?

100個限定15%OFFキャンペーンを実施中です。購入を検討している方はお早めに。

NELLマットレスによくある質問

サイズの大きさ&重さ

NELLマットレスのサイズの種類には1人用のシングル・セミダブルから、2人用のダブル・クイーン、ファミリー用のキングサイズまで幅広く用意されています。各サイズの大きさと重さの詳細は次の表をご覧ください。

サイズ 横幅 縦の長さ 重さ
シングル 97cm 195cm 19.10kg
セミダブル 120cm 195cm 23.38kg
ダブル 140cm 195cm 27.08kg
クイーン 160cm 195cm 34.0kg
キング 180cm 195cm 39.7㎏

厚さ(高さ)

NELLマットレス・厚さ

NELLマットレスの厚さは21cmあります。全く底付き感はありません。厚みがあるので、カビやダニ対策のためにもベッドフレームの上で使用するようにしましょう。

返品/返金保証はある?期間は?

NELLマットレスの返品/返金保証期間は120日間です。マットレスが自宅に到着後から保証期間のカウントがはじまります。

品質保証はある?期間は?

NELLマットレスには10年間もの長期耐久保証が付いています。規定よりも凹み・ヘタリが生じた場合、新しいマットレスに無料で交換してくれます。

製造国は?日本製?

日本企画の中国製。企画&販売している会社は「株式会社Morght」という日本の企業で、代表も日本人です。日本人に合わせてゼロから設計され、製造されているので、日本人が寝やすい構造になっています。

カツミン

マットレスが決まりませんか?
こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー