マットレスを選ぶ

【モットンとトゥルースリーパー比較】口コミと寝心地徹底分析

モットンとトゥルースリーパー比較

△マットレストッパーを選ぶときに、モットンとトゥルースリーパーが人気で選び方に迷ってしまいますよね。そもそも、何がどう違うのか分からない方も多いです。

このページでは、モットンとトゥルースリーパーの特徴から寝心地の比較、口コミと評判の比較を解説していきます。選び方を間違えお金を無駄にしないように、購入前に必ずお読みください。

モットンとトゥルースリーパーの特徴比較

モットンとトゥルースリーパーを主要項目で比較すると次のようになります。

モットン トゥルースリーパー
種類 高反発ウレタン 低反発ウレタン
使い方 床置き
マットレストッパー
マットレストッパー
厚さ 10cm 5cm

モットンとトゥルースリーパーの2つを比較している方は、「マットレストッパー」の使い方を想定しると思いますので、ここからの比較は、マットレストッパーとしての比較をしていきます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

モットンの特徴


高反発マットレス「モットン」の最大の特徴は、体重に合わせて3つの硬さから選べる点。体重ごとに設計された硬さを選べるので、1人1人体が適度に沈み込んでしっかり支えます。体圧分散効果が高く、腰痛や肩こりの改善に役立ちます。

そのほかにも、90日間のお試し期間があり、自分に合わなければ返品して返金をしてもらえたり、硬さを無償で変更してくれるので、安心して購入できるのも魅力的です。

\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
➤腰痛対策モットンの口コミ

トゥルースリーパーの特徴


低反発マットレス「トゥルースリーパー」の最大の特徴は、低反発素材で体が包まれるように沈み込み、体圧分散効果が高い点です。現在使用している敷布団あるいはマットレスに重ねるだけで、腰や背中が適切に沈み込み、重ねた下のマットレスでしっかり体を支えます。

\低反発枕が無料でついてくる!/
公式ページ
➤トゥルースリーパーの口コミ

モットンとトゥルースリーパーの寝心地比較

モットンとトゥルースリーパーをマットレストッパーとしての使用を想定して寝心地のコスパを比較していきます。

体圧分散比較

体圧分散とは、体の部位にかかる負担を、全身に分散させる能力のことです。マットレスが柔らかければ柔らかいほど、体が沈み込み、マットレスに接する体の面積が広がるため、体圧分散が高くなります。

モットンは高反発(やや硬め)、トゥルースリーパーは低反発(柔らかめ)なので、必然的にトゥルースリーパーのほうが体圧分散が高いです。

安さ比較

ただでさえマットレスは高価なので、気になるのが値段。モットンとトゥルースリーパーのシングルサイズでの値段を比べてみます。

  • モットン:39,800円
  • トゥルースリーパー:24,800円

トゥルースリーパーのほうがモットンよりも15,000円安い値段設定になっています。マットレストッパーの相場価格でいうと、1~3万円なので、トゥルースリーパーは平均的な値段です。

ちなみに、モットンが少し高い設定になっているのは、マットレストッパーとしての使用だけでなく、モットン単体だけで寝る使い方もできるからです。床置きのマットレスの相場価格で考えれば、モットンも平均的な価格設定です。

反発力比較

マットレスパッドにおいて、反発力は寝返りのしやすさに影響を与えます。寝返りがしづらいと、体の一部分に圧力がかかり、筋肉が休まず、朝起きたときに疲労回復しないという悪影響を生み出します。

モットンは高反発、トゥルースリーパーは低反発、と説明してきたとおり、モットンは反発力が高く、トゥルースリーパーは反発力が低いです。

  • モットン:反発力が高い
  • トゥルースリーパー:反発力が低い

耐久性比較

マットレスパッドの耐久性は、何回も圧縮されたときに、へたらずにちゃんと戻るかどうか、を意味します。高反発素材よりも低反発素材のほうが柔らかく、沈み込みが大きいので、その分変形しやすいというデメリットがあります。

モットンとトゥルースリーパーのおよその平均寿命を比べると、モットンのほうがはるかに耐久性が高いです。

  • モットン:5~8年
  • トゥルースリーパー:2~3年

寝心地コスパ総合評価

ここまでモットンとトゥルースリーパーの、体圧分散・安さ・反発力・耐久性を総合的に判断すると、モットンのほうが全体的な評価は高いです。

 

モットン トゥルースリーパー
総合評価
体圧分散
安さ
反発力
耐久性

ただし、注意したいのは、マットレストッパーは下に重ねるマットレスによって寝心地が大きく左右される点です。総合的にはモットンのほうがよいですが、モットンは硬め、トゥルースリーパーは柔らかめという特徴の違いを考慮すると、次のように選び分けをするのが望ましいです。

下に重ねる寝具 モットン トゥルースリーパー
低反発
高反発
ポケットコイル
ボンネルコイル

腰痛対策モットン

価格 39,800円
寝具の種類 高反発マットレス
厚さ 10cm(ベッドマットレス/床置き/マットレストッパー)
硬さ 硬 □■■■□□□ 柔
耐久性 5〜8年
保証 90日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
体重ごとに設計された3種類の硬さからマットレスを選ぶので、適度な沈み込みと反発力で、体圧分散が高く、寝姿勢がきれいになります。90日間お試しで使用でき、もし自分に合わなければ無償で返品ができるので安心。腰痛や肩こりでお悩みの方も購入しています。
\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
➤腰痛対策モットンの口コミ

トゥルースリーパー

価格 24,800円
寝具の種類 低反発マットレス
厚さ 5cm(マットレストッパー)
硬さ 硬 □□□□□■□ 柔
耐久性 2〜3年
保証 1年間品質保証・60日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルクイーン
トゥルースリーパーは低反発のマットレストッパー。低反発素材の中でも体圧分散に優れたウルトラ ヴィスコエラスティックを採用し、現在使用している寝具に重ねるだけで寝心地を向上させます。60日間返品保証もついているので、安心して購入できると人気があります。
\低反発枕が無料でついてくる!/
公式ページ
➤トゥルースリーパーの口コミ

モットンとトゥルースリーパーの口コミ評判比較

モットンもトゥルースリーパーも腰痛が改善した、寝心地が良いという良い口コミがある一方で、逆に腰痛が悪化したという口コミもあります。マットレストッパーとして、下に重ねる寝具によって、寝心地が大きく変わるので、さきほど説明したように、状況に合わせて慎重に選びましょう。

モットンの口コミ

モットンの評判の良い口コミの多くは「腰痛や肩こりが改善した」「寝心地がよくなった」という声が多くあります。一方で評判の悪い口コミには「体が痛くなる」「腰痛が悪化した」という評価があります。

モットンで体が痛くなる理由は、3つの硬さの種類を正しく選べていないから。体重ごとに推奨される硬さを選びましょう。もし硬さが合わなかったとしても、モットンでは無償で別の硬さに交換してくれるので安心です。

良い口コミ

悪い口コミ

トゥルースリーパーの口コミ

トゥルースリーパーの評判の良い口コミの多くは「腰痛や肩こりが楽になった」「ぐっすり眠れた」「朝すっきり起きられるようになった」というものです。逆に「腰痛が悪化した」「すぐにヘタった」「起きたら体がいたくなった」という悪い口コミもいくつか見当たりました。

トゥルースリーパーは低反発の厚さ5cmなので、よりしたに敷く敷布団やマットレスの硬さに左右されます。選び方を間違えると、逆に体が痛くなってしまうことがあるので注意が必要です。

良い口コミ

悪い口コミ

目的別でのおすすめマットレス

目的や状況別で、モットンとトゥルースリーパーどちらがおすすめかは大きく変わってきます。

腰痛や肩こりなら

モットンとトゥルースリーパーどちらも腰痛や肩こりに役立ちます。悩みごとでどちらが良いというよりも、下に敷く寝具に合わせて適切に選ぶことが重要です。

下に重ねる寝具 モットン トゥルースリーパー
低反発
高反発
ポケットコイル
ボンネルコイル

体重別

モットンとトゥルースリーパーどちらも、基本的にどの体重でも寝心地をよく感じられます。トゥルースリーパーは厚さ5cmで柔らかいマットレスパッドなので、80kg以上の方だと、少し沈み込みすぎる懸念があるので注意が必要です。

モットン トゥルースリーパー
~45kg
45kg~80kg
80kg~

睡眠姿勢別

仰向けや横向き寝など、人によって睡眠姿勢の好みが違います。基本的にモットンはどの睡眠状態でも快適に眠れます。トゥルースリーパーの場合、うつ伏せ状態だと、腰の部分がかなり沈み込み、息がしづらいので、注意しましょう。

モットン トゥルースリーパー
仰向け寝
横向き寝
うつ伏せ寝

モットンとトゥルースリーパーの性能比較

最終的に購入を考えるための、サイズや保証内容を比較していきましょう。

サイズ(縦の長さと横幅)

縦の長さ比較

縦の長さは、一般的なマットレスと同じどちらも195cmです。

  • モットン:195cm
  • トゥルースリーパー:195cm

横幅比較

モットンとトゥルースリーパーで取り揃えているサイズと横幅は全く同じです。

モットン トゥルースリーパー
セミシングル 販売なし 販売なし
シングル 97cm 97cm
セミダブル 120cm 120cm
ダブル 140cm 140cm
クイーン 販売なし 販売なし

厚さ比較

モットンは厚さ10cmなので、他の寝具に重ねるマットレストッパー以外に、単体だけでもしっかり眠ることができます。トゥルースリーパーは厚さが5cmなので、マットレストッパーとしてのみ使用します。

  • モットン:10cm
  • トゥルースリーパー:5cm

硬さ比較

ウレタン製のマットレスの硬さを表す単位にニュートンがあります。モットンは3種類から選べるので3つそれぞれ記載しています。100ニュートン以上を高反発マットレス、100ニュートン未満を低反発マットレスと呼んでいます。

  • モットン:100ニュートン,140ニュートン,170ニュートン
  • トゥルースリーパー:65ニュートン

保証内容比較

モットンのほうが返金保証期間が長く、トゥルースリーパーのほうが交換保証が長いです。どちらも保証が充実しています。

  • モットン:90日間返金保証・交換保証
  • トゥルースリーパー:60日間返金保証・1年間交換保証

迷ったらモットンを選ぼう

トゥルースリーパーはマットレストッパーとしての使用を目的としているため、下に敷く敷布団やマットレスによっては、トゥルースリーパーの寝心地効果が発揮されず、逆に腰痛や体を痛める原因になりえます。

一方モットンは、単体だけでも眠れるほど、モットン自体で睡眠効果を発揮します。マットレストッパーの選び方で迷われる方は、とりあえずモットンを選ぶと失敗なく快適に眠れます。

腰痛対策モットン

価格 39,800円
寝具の種類 高反発マットレス
厚さ 10cm(ベッドマットレス/床置き/マットレストッパー)
硬さ 硬 □■■■□□□ 柔
耐久性 5〜8年
保証 90日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
体重ごとに設計された3種類の硬さからマットレスを選ぶので、適度な沈み込みと反発力で、体圧分散が高く、寝姿勢がきれいになります。90日間お試しで使用でき、もし自分に合わなければ無償で返品ができるので安心。腰痛や肩こりでお悩みの方も購入しています。
\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
➤腰痛対策モットンの口コミ

トゥルースリーパー

価格 24,800円
寝具の種類 低反発マットレス
厚さ 5cm(マットレストッパー)
硬さ 硬 □□□□□■□ 柔
耐久性 2〜3年
保証 1年間品質保証・60日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルクイーン
トゥルースリーパーは低反発のマットレストッパー。低反発素材の中でも体圧分散に優れたウルトラ ヴィスコエラスティックを採用し、現在使用している寝具に重ねるだけで寝心地を向上させます。60日間返品保証もついているので、安心して購入できると人気があります。
\低反発枕が無料でついてくる!/
公式ページ
➤トゥルースリーパーの口コミ

なぜ結局、高反発マットレスがコスパ最高なのか

マットレスはポケットコイル・ボンネルコイル・高反発・低反発など種類がたくさんあり、マットレス選びが難しくて、結局買わないで数ヶ月経ってしまう、ということがよくあります。「人生の3分の1は睡眠」というように、睡眠の質を後回しにすればするほど、腰痛や肩こりを発症したり、骨盤や姿勢が歪んだり、勉強や仕事への集中力が下がったりします。

体に不調を感じたり、現在の寝具がヘタっていたりしているなら、マットレスを早めに買い換えましょう。

マットレスの購入を後回しにしないよう、複雑なマットレスの種類と性能を整理したので、次の表をご覧ください。

種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 重 さ 安 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ボンネルコイル+体圧分散
ノンコイル
高反発
低反発
低反発&高反発
ファイバー  ◯

簡単に説明しておきます。コイル系は製造が複雑で大量生産が難しいので、寝心地の良いコイルマットレスを求めると値段が高くなります。一方、ノンコイル系の高反発は寝心地の性能が全体的に高い上に、製造しやすいので安くてコスパが高い種類です。

予算8万円以上ならコイル系、8万円以内なら高反発マットレスを選ぶということを覚えておいてください。

ついでに、3,000個のマットレスの中から選んだ、使い方別でおすすめのマットレスを紹介するので参考にしてみてください。

予算8万円以内の高反発

【床に置くマットレス1位】腰痛対策モットン

価格 39,800円
寝具の種類 高反発マットレス
厚さ 10cm(ベッドマットレス/床置き/マットレストッパー)
硬さ 硬 □■■■□□□ 柔
耐久性 5〜8年
保証 90日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
体重ごとに設計された3種類の硬さからマットレスを選ぶので、適度な沈み込みと反発力で、体圧分散が高く、寝姿勢がきれいになります。90日間お試しで使用でき、もし自分に合わなければ無償で返品ができるので安心。腰痛や肩こりでお悩みの方も購入しています。
\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
➤腰痛対策モットンの口コミ

【ベッドマットレス1位】マニフレックス

価格 39,204円
寝具の種類 高反発マットレス
厚さ 16cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 12~15年
保証 12年品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルワイドダブルクイーン
マニフレックスは高反発マットレスでありながらも、硬すぎず柔らかすぎない寝心地のマットレス。耐久性が高く、12年間の品質保証もついており、購入当時の寝心地を長く感じられます。エリオセルという独自技術で空気の入れ替えがされるので、ウレタン素材の唯一の欠点である通気性も克服。スプリング系のベッドマットレスと違って軽いので、お年寄りや腰痛持ちでも手入れしやすいのも魅力です。

【マットレストッパー1位】エムリリーエコヘルスシリーズ

価格 14,980円
寝具の種類 高反発&低反発マットレス
厚さ 5cm(マットレストッパー)
硬さ 硬 □□□□■□□ 柔
耐久性 5年
保証 1年間品質保証
サイズの種類 セミシングルシングルセミダブルダブル
エムリリーエコヘルスシリーズのマットレスの特徴は2層構造にあります。上層が柔らかい低反発、下層が硬めの高反発で、適度な沈み込みをし、しっかりとした寝姿勢のサポートをします。だいたいのマットレストッパーは2,3年でヘタってしまいますが、エムリリーエコヘルスは5年ほどは購入時と同様の寝心地を維持します。

予算8万円以上のコイルマットレス

シモンズマットレス

価格 167,400円
寝具の種類 ポケットコイル
厚さ 30~40cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 10〜15年
保証 2年間品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルクイーンキング
高級なマットレスブランドの中でもトップクラスのポケットコイル技術を持つ「シモンズマットレス」。ポケットコイルの耐久性もトップクラスで10年以上は、購入当時と同じような寝心地を感じられます。上質なマットレスで睡眠の質を向上させたい方におすすめです。
\ポイントが付いてお得!/
公式ページ
➤シモンズマットレスの口コミ

シーリーマットレス

価格 150,000円
寝具の種類 ボンネルコイル
厚さ 30~40cm(ベッドマットレス)
硬さ 硬 □□■□□□□ 柔
耐久性 8〜10年
保証 2年間品質保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブルワイドダブル
シーリーマットレスはの種類はボンネルコイルに属しますが、重みに応じて反発力の変わるポスチャーテックコイルで、点に近い支え方をするので、ボンネルコイルの耐久性・寝返りのしやすさと、ポケットコイルの体圧分散を取り入れたトップクラスのマットレスです。腰痛持ちの方におすすめのブランドです。
\ポイントが付いてお得!/
公式ページ
➤シーリーマットレスの口コミ

カツミン

まだ購入検討中の方は、このページを保存しておきましょう

\ポチッ/

マットレス比較

床置きマットレス(厚さ8~20cm)

ベッドマットレス(厚さ20cm~)

マニフレックスと他を比較する
13層やすらぎと他を比較する
シモンズマットレスと他を比較する
シーリーと他を比較する
サータと他を比較する
テンピュールと他を比較する
フランスベッドと他を比較する
日本ベッドと他を比較する
コアラマットレスと他を比較する
スリープルと他を比較する

マットレストッパー(厚さ3~7cm)

エアウィーヴと他を比較する
オクタスプリングと他を比較する

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには「厚さによる使用目的の種類」と「素材や構造の種類」があります。

使用目的 厚さ 種類
マットレストッパー 3~10cm 低反発ウレタン
高反発ウレタン
床に敷くマットレス 6~15cm 高反発ウレタン
ベッドマットレス 10~30cm ポケットコイル
ボンネルコイル

【選び方】
●マットレストッパーなら低反発か高反発ウレタン(➤おすすめのマットレストッパー

●床に敷くマットレスなら高反発ウレタン
(➤おすすめの床に敷くマットレス

●ベッドマットレスなら高反発ウレタンかポケットコイル(➤おすすめのベッドマットレス
床置マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床に置く・ベッドの上に置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
現在使用している寝具の硬さが普通〜柔らかいと感じたり、底付き感を感じていて、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「高反発」で寝心地が向上します。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード
       
«
»
X
\LINEで寝具相談受け付け中/

身長や体重を入力するだけで、あなたにピッタリのマットレスを紹介します❗

addfriends_ja
line@追加コード