モットンのクイーンサイズやキングサイズの購入方法

腰痛対策モットンはマットレスランキング1位だし、山本昌も愛用

山本昌も愛用している高反発マットレス「モットン」。

寝心地や耐久性がよく、お手頃な値段なだけに人気を集めていますが、モットン公式ページを見るとクイーンサイズやキングサイズが見当たりません。

このページでは、モットンにクイーンサイズやキングサイズがあるのか、クイーンやキングサイズのベッドにはどうやってモットンを使うべきか、2つマットレスを使うメリット・デメリットを解説していきます。

夫婦ふたりで、家族3人でモットンを使用したい方は、モットン購入前にぜひ参考にしてください。

このページの要約
  • モットンにクイーンやキングサイズはない
  • クイーンサイズベッドにはセミシングル2つ並べれば良いが、モットンにはセミシングルがない
  • キングサイズベッドにはシングルサイズを2つ並べて使う
  • クイーンやキングサイズなら小さいマットレス2つを並べたほうが良い
サイズを間違えても交換や返金できるように、モットンは「モットン公式ページ」から購入をしましょう。

モットンにクイーンサイズやキングサイズはある?

モットンのマットレスのサイズの種類は3つで、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズです。

サイズ 縦の長さ 横幅 厚さ 重さ 値段
シングル 195cm 97cm 10cm 7.5kg 39,800円
セミダブル 195cm 120cm 10cm 9.0kg 49,800円
ダブル 195cm 140cm 10cm 10.7kg 59,800円

モットンはクイーンサイズ(横幅160cm)やキングサイズ(横幅200cm)を販売していません。おそらく購入者が少ないため、生産と売上が釣り合わないからでしょう。

モットンにクイーンサイズやキングサイズはありませんが、対処法があります。

今だけ?増税前と同じ価格で販売中/
公式サイト
詳しい特徴
➤モットンの口コミ評判はこちら

モットンをクイーンサイズやキングサイズのベッドに使う方法

クイーンサイズやキングサイズのベッドに対して、必ずしもクイーンサイズのマットレス、キングサイズのマットレスを使っているわけではありません。

一般的にクイーンサイズやキングサイズよりももっと小さい2つのマットレスを横に並べて、クイーンサイズやキングサイズのマットレス同様に使用しています。

クイーンサイズベッドにモットンは使える?

セミシングルサイズ80cmを2つ横に並べれば、クイーンサイズ160cmと同じ大きさにになります。しかし、モットンにはセミシングルサイズも販売していないため、モットンをクイーンサイズベッドに使うことは諦めたほうがよいです。

セミシング2つでクイーンサイズと同じ

ただ、モットン以外のマットレスには、セミシングルサイズがあるもの、クイーンサイズがあるものもあります。

セミシングルサイズなら「エムリリー」

もしセミシングルを2つ並べてクイーンサイズベッドで使用したい場合は、幅80cmのセミシングルサイズがある「エムリリー」がおすすめ。有名サッカーチームのマンチェスター・ユナイテッド公式寝具でもあり、人気を集めています。

クイーンサイズなら「マニフレックス」

なかなか高反発マットレスでクイーンサイズはないのですが、唯一あるのが「マニフレックス」です。寝心地や耐久性はモットン以上ですが、その分価格がかなり高いので注意が必要になります。

キングサイズベッドにモットンは使える?

シングルサイズ97cmを2つ横に並べると、ちょうどキングサイズ194cmと同じになります。シングルサイズのモットンを2つ購入することで、キングサイズのベッドでモットンを使うことができます。

モットンのシングル2つでキングサイズと同じ

公式ページではモットンを2つ同時購入することで、1万円もお得に購入できます。

  • 通常:79,600円 = 39,800円 + 3,9800円
  • 公式:696,00円 = 34,800円 + 34,800円
今だけ?増税前と同じ価格で販売中/
公式サイト
詳しい特徴
➤モットンの口コミ評判はこちら

マットレスを2つ並べるメリット・デメリット

キングサイズのベッドに、①キングサイズのマットレスを乗せて寝るのと、②シングルサイズのマットレスを2つ乗せて寝るのとでは、どういった違いがあるのでしょう。

①キングサイズのマットレスを乗せる

キングサイズのマットレスを1つ乗せるメリットは、

  • マットレスがベッドからズレにくい
  • 2つ並べた場合と違い溝がないので寝ている間きにならない

デメリットは

  • ヘタり対策のために立てかけたり、反転させるのが難しい
  • 巨大なシーツが必要になる
  • 巨大なシーツを洗濯して干さなくてはいけない
  • 1人の寝返りの振動がもう1人に伝わってしまう

②シングルサイズのマットレスを2つ乗せる

シングルサイズのマットレスを2つ載せるメリットは、

  • 立てかけたり反転させたりしやすい
  • シングルサイズのシーツの種類が豊富
  • 洗濯しやすい、干しやすい
  • 1人の寝返りの振動がもう1人に伝わらない

デメリットは、

  • マットレス同士の溝が寝ているときに気になる
  • マットレスがずれやすい

デメリットを上げましたが、上記のデメリットは「隙間パッド」「すべりどめシート」を使って防げます。

一般的に、キングサイズのベッドに対して「シングルサイズを2つ並べる」ほうが寝やすいです。

今だけ?増税前と同じ価格で販売中/
公式サイト
詳しい特徴
➤モットンの口コミ評判はこちら

クイーンは別のマットレス、キングはモットンのシングル2つ

このページのまとめ
  • モットンにクイーンやキングサイズはない
  • クイーンサイズベッドにはセミシングル2つ並べれば良いが、モットンにはセミシングルがない
  • キングサイズベッドにはシングルサイズを2つ並べて使う
  • クイーンやキングサイズなら小さいマットレス2つを並べたほうが良い

サイズを間違えても交換や返金できるように、モットンは「モットン公式ページ」から購入をしましょう。

【腰痛対策】モットン

39,800円(税込)
硬■■■□□□□柔:超固め,硬め,やや硬め
\おすすめポイント/
  • 腰痛持ちに人気
  • 90日間返金保証
  • 体重に合わせて3つの硬さから選べる(体圧分散↑ 寝返り↑)
マットレス総合1位
腰痛対策マットレス1位
高反発マットレス1位
体圧分散:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
寝返り:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
耐久性:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
通気性:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
安さ:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

モットンの公式サイトに進む

モットンは日本で唯一、自分の体重に合わせて硬さを3種類から選べる高反発マットレスです(体圧分散↑ 寝返り↑ 腰痛対策◯)。

モットンは体圧分散が高い

8万回の耐久テストをクリアするほどヘタりにくく、10年間寝心地がほぼ変わらずに使用し続けられる性能なため、換算するとたった1日約11円の費用(コスパ↑)。

モットンのマットレスは日本製ながらも、ネット通販のみで販売し人件費を極限に抑えたことで、シングルサイズを4万円で実現(値段の安さ↑)。

モットンの値段

また、長期返金・返品保証が付いているため、90日間実質無料で試しに寝てみることができます(安心◯)。

モットンに寝てみた

腰痛持ちの方から、はじめて高反発マットレスを購入する方まで、幅広く当サイトでおすすめしています。

モットンの公式サイトに進む

\こんな人におすすめ/
  • 腰痛持ちの方
  • 体重の重い人でもOK
  • マットレス選びに迷っている方
  • とりあえず試してみたい方
動画で寝心地を確認する
ツイッターの口コミを表示
価格 39,800円(税込) ※現在、増税前と同じ価格
分割払い 3,300 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類 高反発マットレス
使い方 床に敷く/ベッドマットレス
厚さ 10cm
硬さ 硬 ■■■□□□□ 柔(超固め,硬め,やや硬め)
寿命 5〜10年
保証 90日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
今だけ?増税前と同じ価格で販売中/
公式サイト
詳しい特徴
➤モットンの口コミ評判はこちら