テンピュール・ゼロジー・バナ0−

テンピュール・ゼロジーの口コミ評判【電動リクライニングベッドZero-G無重力睡眠】

このページでは、テンピュールの電動リクライニングベッド「ゼロジー Zero-G」の口コミを紹介します。

ゼロジーには種類が4つあり、機能の違いを細かく紹介しているので、購入前に参考にされてください。

カツミン

別ページで解説!
➤500コの製品から選び抜いたベッドフレームおすすめランキングはこちら

テンピュール・ゼロジーの口コミ評判

ツイッターに投稿されている、テンピュールゼロジーベッドについての口コミから評判をご確認ください。全体的に評価が高いようです。

カツミン

別ページで解説!
➤500コの製品から選び抜いたベッドフレームおすすめランキングはこちら

テンピュール・ゼロジーの種類の違い

テンピュールの電動リクライニングベッド「ゼロジー」には3つの種類があります。

まずは簡単に機能を紹介し、各ベッドの機能の違い、値段の違いを見ていきましょう。

機能の種類

  • Zero-Gポジション機能
    ボタン1つで、身体に圧力がかからず無重力のような状態を実現する「Zero-G(ゼログラビティ)」ポジションにリクライニング。
  • ヘッド/フット リクライニング
    リモコンのボタンを押すだけの簡単な操作で無段階に調節可能。お好みの姿勢にぴったりとフィットします。
  • レスト/リラックス/リフレッシュポジション
    リラックスしてお過ごしいただける3つのポジションをプリセット。
  • ポジションメモリー
    事前に登録された3つのポジション(レスト/リラックス/リフレッシュ)をお好みのポジションに調整、記憶させることができます。
  • バックスライド
    リクライニング時にフレーム全体が後ろにスライドするため、フラット時と頭の位置が変わりません。
  • バイブレーション
    マッサージ機のような振動により体を休めることができます。
  • ワンタッチフラットボタン
    一度押すと押し続けなくてもフラットポジションに戻る機能付き。
  • 分割フレーム
    ヘッド側とフット側で分割ができ、様々な居住空間への設置を可能に。

一番おすすめなのはスタンダードモデルの「ゼロジー エレベート ケーディー」。十分な機能を備えていて、逆に他のモデルはあまり機能が増えない割に、値段が高い印象です。

ベッド名ゼロジーカーブゼロジーエレベートケーディーエルゴワン
値段300,000円215,000円110,000円
Zero-Gポジション
ヘッド/フット リクライニング
レスト/リラックス/リフレッシュポジション
ポジションメモリー
バックスライド
バイブレーション3段階6段階
ワンタッチフラットボタン
ワイヤレスリモコン
フットライト
USBジャック
分割フレーム
保証5年5年2年
URL販売ページ販売ページ販売ページ

ゼロジー カーヴ [Zero-G Curve]

テンピュール・ゼロジー・カーブ

ゼロジー カーヴはテンピュールの電動クリライニングベッドの最上位モデル。ライフスタイルとは違い、フットライトが付き、ベッドの床面が3Dメッシュ素材なので、通気性が高いのが特徴。ちょっと値段は30万円〜とお高いです。

ゼロジー エレベート ケーディー [Zero-G Elevate KD]

テンピュール_ゼロジー エレベート ケーディー

ゼロジー エレベート ケーディーは、ライフスタイルモデルと違い、USBジャックが付いてスマホ充電がしやすく、フレームが分割できるので、様々な居住空間に設置可能。

エルゴ ワン [ERGO ONE]

テンピュール電動リクライニングベッド・エルゴワン

エルゴ ワンは、機能をシンプルにし、重量も軽量化した値段の安い電動リクライニングベッド。

カツミン

ベッドフレームが決まりませんか?
こちらの「ベッドフレームおすすめランキング」を参考にしてみてください。約300個のベッドから選びました。