マットレス&ベッドのサイズ種類一覧表&選び方

ベッドマットレス

✅マットレスやベッドのサイズの種類って何がある?
✅一覧で比較して選びたい
✅だいたいどれくらいの大きさか図解が見たい

このページでは、マットレス&ベッドのサイズの種類を一覧表にまとめ、また実際のサイズ感が分かる解説図を付けて紹介していきます。

もしサイズ選びに迷っている方にとって参考になる内容となっています。

マットレス&ベッドのサイズ種類一覧表

マットレス・ベッドのサイズ比較

マットレスやベッドのサイズには、よく聞く「シングル」「ダブル」「クイーン」以外にもたくさんの種類があります。

ここでは、マットレスやベッドのサイズの種類を寸法と合わせて紹介していきます。

一般的なサイズ

まず最初に知っておきたいのが、標準的な一般のマットレス&ベッドのサイズです。

一番小さいサイズがセミシングルサイズ、一番大きいサイズがワイドキングサイズになります。

呼び方と寸法は次のとおり。※サイズ感が分からない方はこの後に解説している「サイズの選び方」をご覧ください。

サイズの種類 寸法
セミシングル 幅80cm~85cm x 長さ195cm
シングル 幅97cm x 長さ195cm
セミダブル 幅120cm x 長さ195cm
ダブル 幅140cm x 長さ195cm
ワイドダブル 幅150cm x 長さ195cm
クイーン 幅160cm x 長さ195cm
ワイドクイーン 幅170cm x 長さ195cm
キング 幅180cm x 長さ195cm
ワイドキング 幅190cm x 長さ195cm

ロングサイズ

高身長の人の場合、縦の長さが195cmだと足りないという方がいます。

高身長向けに、縦の長さを約10cm長くしたロングサイズも販売されています。

ただし、メーカーによってロングがあったりなかったりするので、購入するときに必ず確認するようにしましょう。

サイズの種類 寸法
シングルロング 幅97cm x 長さ207cm
セミダブルロング 幅120cm x 長さ207cm
ダブルロング 幅140cm x 長さ207cm
ワイドダブルロング 幅150cm x 長さ207cm
クイーンロング 幅160cm x 長さ207cm
カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

マットレス&ベッドの適したサイズの選び方

サイズが分かったところで、マットレスやベッドを使用する状況別に適したサイズの選び方を図解付きで紹介していきます。

  • 部屋が狭い
  • 子供1人/小柄/細身
  • 大人1人用
  • 大人1人(寝返りが多い)
  • 子供2人
  • 大人2人
  • 大人2人 子供1人/親子3人家族
  • 大人2人 子供2人/家族4人

部屋が狭い

セミシングルサイズ

部屋が狭い場合におすすめのマットレス・ベッドのサイズは「セミシングルサイズ」です。ベッド・マットレスを置きっぱなしにしても、部屋への圧迫感もない一番小さいサイズになります。

子供1人/小柄/細身

セミシングル・シングルサイズ

小さな子供や、小柄な人、細身な人であれば、「セミシングルサイズ」か「シングルサイズ」がおすすめです。

大人1人用

シングルサイズ

平均的な体型の大人1人が普通に寝るなら「シングルサイズ」がおすすめ。寝返りもできて十分な広さがあります。

大人1人(寝返りが多い)

セミダブルサイズ

寝返りが多い大人の人には「セミダブル」がおすすめです。ダブルサイズよりも10cm幅が広くなっています。

子供2人

セミダブル・ダブル

子供2人で使ってもらうなら「セミダブル」か「ダブルサイズ」がおすすめです。ダブルサイズであれば、大人2人で寝られる広さなので、もし子供2人の体格が大きくなっても使用し続けられます。

大人2人/夫婦

ダブル・クイーンサイズ

大人2人や夫婦であれば「ダブル」「ワイドダブル」「クイーン」のサイズがおすすめ。自分または一緒に寝る人の寝相や体型に合わせて、ダブルよりもワイドダブル、クイーンの広いサイズを選ぶと良いでしょう。

大人2人 子供1人/親子3人家族

クイーン・キングサイズ

大人2人&子供1人の親子3人家族で寝るなら「クイーン」「ワイドクイーン」「キング」のサイズがおすすめ。クイーンサイズは子供が大きくなるまで3人で、子供が大きくなったら夫婦二人だけで使うとちょうど良いスペースになります。いつまでも川の字で3人で寝るならキングサイズが良いでしょう。

大人2人 子供2人/家族4人

キング・ワイドキングサイズ

大人2人&子供2人の家族4人で寝るなら「キング」か「ワイドキング」サイズがおすすめ。ワイドキングサイズがマットレス&ベッドで一番大きいサイズになります。キングサイズ・ワイドキングサイズ両方とも取り扱ってるメーカーが少ないので、選べる種類が狭まるのでご注意ください。

高身長180cm・190cm・200cm

高身長の方は「ロングサイズ」を選びましょう。ロングサイズは縦の長さが207cmまであります。ギリギリ身長200cmの人でも収まります。

身長210cm以上の人

一般的なサイズとしてはベッド・マットレスともに販売されていないため、ロングサイズで我慢するか、もしくはオーダーメイドでサイズを依頼するしかありません。

部屋の広さごとのマットレス・ベッドサイズ

実際マットレスやベッドフレームを部屋に搬入したときに、どれくらいの圧迫感があるのか気になりますよね。

ここでは、四畳半・六畳・八畳にわけて、「シングルサイズ」「ダブルサイズ」のベッド&マットレスを置いたときに、広さがどうなるのかを図解で紹介します。

四畳半

間取り四畳半のときのベッド・マットレスのサイズ

四畳半だとダブルサイズは部屋の圧迫感が大きくなります。シングルサイズか、セミシングルサイズを選ぶとよいでしょう。

六畳

間取り六畳のときのベッド・マットレスのサイズ

六畳の広さなら、シングルサイズ、ダブルサイズを置いても生活に支障のない広さを確保できます。六畳の一部屋しかない場合は、ダブルサイズはちょっと大きい気もしますが、寝室の六畳ならダブルサイズよりも大きいクイーンサイズを選んでも問題ありません。

八畳

間取り八畳のときのベッド・マットレスのサイズ

八畳もあればどんなサイズのマットレス・ベッドを置いても空間にゆとりができます。

カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

マットレスとベッドのサイズが違う・合わない場合の対処法

マットレスまたはベッドフレームを購入して、いざ組み合わせようとしたら、サイズが違うものを選んでしまったり、シングル・ダブルといったサイズ名は一緒だけど、微妙なcm単位の違いから、サイズが合わないというトラブルがときどき起こります。

マットレスやベッドフレームは基本的に商品ページにcm・mm単位でサイズを記載しているため、見落とした消費者側の自己責任になります。

マットレス、ベッドフレームのどっちが大きいかで、対処法を考えてみましょう。

マットレスのほうがベッドより大きい場合
  • 小さいサイズのマットレスを買う
  • 大きいサイズのベッドを買う
  • 購入したばかりならマットレスのサイズ交換を販売会社に相談
    マットレスなら送料だけで交換してくれる場合がある

ベッドのほうがマットレスより大きい場合
  • そのまま使う
  • 大きいサイズのマットレスを買う
  • 小さいサイズのベッドを買う
  • 購入したばかりならマットレスのサイズ交換を販売会社に相談
    マットレスなら送料+サイズ間の差額だけで交換してくれる場合がある

マットレス&ベッドのサイズ選びの注意点

すでに購入しているベッドorマットレスのサイズをcm単位まで確認する

新しくベッドorマットレスを購入する場合には、「シングルサイズ」「ダブルサイズ」というサイズ名での一致を確認するのではなく、「横幅cm x 縦の長さcm」を確認しましょう。

メーカーごとで数センチ大きかったり、小さかったりするので最新の注意を払ってください。

  • ベスト
    • メジャーで測る
  • ベター
    • タグに記載されてるサイズ(cm)を確認する
    • 商品名を調べて公式サイト記載のサイズを確認する
  • NG
    • なんとなくサイズ名だけで一致すると決めつける

運送業者や引っ越し業者が搬入可能か確認する

マンションやアパートの場合、エントランスや階段、エレベーター、玄関の入口、部屋の入り口のサイズも確認することが重要です。

今お使いのマットレスやベッドと同じサイズのものであれば、一度搬入できているので大丈夫だとは思いますが、今よりも大きいサイズの場合には、搬入できるかどうか確認することが大切です。

大きいサイズ1つか、小さいサイズ2つか?特に新婚夫婦ならどっちか

ベッドやマットレスのサイズは「セミシングルサイズ2つ = クイーンサイズ」「セミシングル+シングル=キングサイズ」とほぼ一致します。例えばクイーンサイズのベッドやマットレスを購入するのではなく、セミシングルサイズを2つ購入するという選択肢があります。

このとき、特に新婚夫婦の場合ですが、大きいサイズ1つか、小さいサイズ2つかで迷うことが多いです。

結論から申し上げますと、おすすめは「小さいサイズ2つ」です。理由は簡単で、もし2人で寝たくなくなったときに、片方が別の部屋に移動したり、間を空けて眠れるからです。

カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類

マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。(➢ポケットコイルマットレスランキング ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。(➢ボンネルコイルマットレスランキング
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。(➢高反発マットレスランキング 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。(➢低反発マットレスランキング

構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。

種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル(スプリング)
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方

当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

マットレスの硬さ診断はこちら

サイズの選び方

1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。

使い方の種類
マットレスの使い方の種類解説
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
床置薄型マットレスとは

床置き薄型マットレス

床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。→おすすめ薄型マットレス

ベッドマットレスとは

ベッドマットレス

ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。→おすすめベッドマットレス

マットレストッパーとは

マットレストッパー

マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。→おすすめマットレストッパー

マットレスと敷布団の違い

どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。

体圧分散とは

体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。

ローテーションとは

ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?

高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?

店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。

重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧

何万円のマットレスを購入すればいいの?

安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。➤コスパの高いマットレスランキング

高級なマットレスの購入が怖いです

マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧