モットンと13層やすらぎマットレス徹底比較!おすすめはどっち?

13層やすらぎとモットン比較

マットレスランキングで上位に取り上げられている「モットン」と「13層やすらぎマットレス」。結局どっちが良いマットレスなのか、自分にあっているのはどっちなのか分からず迷ってはいませんか?

このページでは、モットンと13層やすらぎの性能を詳細に比較して、目的ごとでおすすめなほうを紹介しています。ぜひ自分にあったマットレスを購入して、腰痛対策や睡眠改善にお役立てください。

このページの要約
  • モットンと13層やすらぎは構造が全く異なる
  • どちらにすべきかは目的で選ぶ
  • 予算に余裕がある&ベッドの上で使うなら「13層やすらぎ
  • 予算に余裕がないor床の上に直置きするなら「モットン
マットレス初心者や迷っている方なら、返金保証・硬さ交換可能でコスパの良い「モットン」がおすすめ。

モットンと13層やすらぎマットレスの性能比較

まずはモットンと13層やすらぎマットレスの性能比較を表で確認しましょう。表だけではわからない細かい点を、そのあとの段落で詳細に解説していきます。

モットン 13層やすらぎプレミアム
種類 高反発ウレタン 高反発ウレタン&ポケットコイル
サイズと価格 シングル :39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル  :59,800円
シングル :98,000円
セミダブル:100,800円
ダブル  :110,800円
厚さ 10cm 27cm
耐久性 耐久年5~8年 耐久年6~10年
体圧分散 ⭐⭐⭐⭐⭐ ⭐⭐⭐⭐⭐
対象体重
(硬さN)
〜45kg (100N)
50〜80kg(140N)
80kg〜 (170N)
どんな体重でも可
保証 返金保証90日間 返金保証60日間

構造比較:全くことなる2つ

モットンと13層やすらぎマットレスは、そもそもの構造が大きく異なります。

マットレスには大きく2種類あり、ゴムに似た弾性があるポリエステルのような「ウレタン製」と、バネが組み込まれた「コイル製」があります。

「モットン」がウレタン製、「13層やすらぎマットレス」はウレタンとコイル製で、2つの構造は全く別ものだと覚えておきましょう。

サイズ・重さ・価格比較:価格はモットンのほうが安い

モットンと13層やすらぎのサイズと重さ、価格を比較してみましょう。

共通している点は、揃えているサイズの種類、シングル・セミダブル・ダブルが同じ点です。一方で大きく異なる点は、料金・厚さ・重さです。

サイズ モットン 13層やすらぎ
シングル 料金39,800円
タテ195cm
ヨコ97cm
厚さ10cm
重さ7.5kg
料金98,000円
タテ196cm
ヨコ97cm
厚さ27cm
重さ34.5kg
セミダブル 料金49,800円
タテ195cm
ヨコ120cm
厚さ10cm
重さ9.0kg
料金108,000円
タテ196cm
ヨコ120cm
厚さ27cm
重さ41.0kg
ダブル 料金59,800円
タテ195cm
ヨコ140cm
厚さ10cm
重さ10.7kg
料金118,000円
タテ196cm
ヨコ140cm
厚さ27cm
重さ47.5kg

構造比較の段落で説明したように、構造がそもそも異なるので、料金・厚さ・重さに違いが生じています。全く異なるからこそ、どちらを選べばよいか迷うのかもしれませんね。このあとに、目的別での選び方を紹介するので、安心して読み進めてください。

厚さ比較

モットンの厚さが10cm、13層のやすらぎの厚さが27cm。

マットレスの使い方には大きく、畳やフローリングなどの床の上に直接置いて寝る方法と、ベッドの上に置いて寝る方法があります。床に置くか、ベッドの上に置くかはマットレスの厚さによって決まります。

  • 5~10cm:床に置く
  • 10~15cm:床に置く/ベッドの上に置く
  • 15~30cm:ベッドの上に置く

厚さ10cmのモットンは床に置くか、ベッドの上に置いて使えます。厚さ27cmの13層のやすらぎはベッドの上に置いて使いましょう。マットレスは目的によって厚さを選べばよく、厚ければ寝心地が良いわけではないのが注意したい点です。

耐久性比較:13層やすらぎのほうが長持ち

ウレタンフォームのモットン、コイル製の13層のやすらぎは構造が異なるため、耐久性を見る観点もそれぞれ異なります。

詳細な算出方法は長くなるので省略しますが、モットンは復元率96%,密度30Dで「耐久年数5~8年」、13層やすらぎはSWRH83B 硬鋼線C種で「耐久年数6~10年」になります。13層やすらぎのほうがモットンよりも耐久性が高いです。

通気性比較:13層やすらぎのほうが良い

通気性は、カビが生えるのを防いだり、汗かきや暑がりの人が快適に寝るためには重要な観点です。

モットンは一般的なウレタンマットレスと比べたら通気性は良いほうですが、ウレタンマットレス自体もともと通気性があまり良いものではありません。一方13層やすらぎはコイル製で、コイル部分の通気性がよく、さらには4つの通気口が設置されているため、通気性が抜群です。

平熱が高い方や、汗かきの方は少し奮発して13層やすらぎを購入したほうが、快適な睡眠生活を遅れるでしょう。

寝返りのしやすさ比較:13層やすらぎのほうが良い

人間が寝返りする理由を知っていますか?睡眠中同じ姿勢で寝続けると、同じ体の個所に負担がかかりますよね。寝返りは、体の負担が加わる場所を入れ替えるためにあります。

寝返りのしやすさは、マットレスの反発力によって決まります。

高反発ウレタンのモットンは、同じウレタン製の中では反発力が高いですが、13層やすらぎの場合は中のコイルがあるため、その跳ね返す力で寝返りをモットン以上にサポートします。

現在、朝起きたときに体の疲れを感じる方は、お使いの寝具の反発力が足りないので、13層やすらぎをおすすめします。

腰痛対策比較:13層やすらぎのほうが良い

マットレスにおける腰痛改善の助けとなる性質が「体圧分散」。体圧分散とは、腰や頭など重い部分を支える負担を、体全身に分散する性質のことを指します。

ウレタンマットレスであるモットンも十分に体圧分散があります。しかし、13層やすらぎはウレタンマットの下にさらに、縦に何個も敷き詰められたコイルが体を支えるので、13層やすらぎのほうが体圧分散しやすい構造になっています。

保証比較:モットンのほうが良い

「モットン」の保証は、90日間の返金保証に加えて、90日の保証期間中ならサイズや硬さの交換も行ってくれます。一方「13層やすらぎマットレス」は、60日間の返金保証に対応しています。

保証を比較すると、モットンのほうが充実していて、マットレスを初めて購入する方や、選び方がよくわからない方は安心して購入できます。

使用用途比較

マットレスの厚さによって、およその使い方が決まります。フローリングに敷く場合、畳に敷く場合、ベッドの上に敷く場合、敷布団の上に重ねる場合、それぞれ向いているかを◯✕で紹介します。

モットン 13層やすらぎ
フローリングに敷く
畳に敷く
ベッドの上に敷く
敷布団の上に重ねる
カツミン

別ページで解説!
➤3,000コの製品から選び抜いたマットレスおすすめランキングTOP8はこちら

目的別でおすすめ比較

モットンと13層やすらぎの性能を比較して見てきましたが、どちらにもメリットとデメリットがあって余計迷う方もいらっしゃるかもしれません。

より明確に自分にはどっちが良いかを決めるために、大きく2つに分けた目的別で紹介していきます。

予算に余裕がある&ベッドの上で使うなら「13層やすらぎ」

13層やすらぎはモットンと比べて価格が高いので、予算に余裕のある方や、腰痛対策のためなら少し高くても良いマットレスで眠りたい方におすすめです。

13層やすらぎは厚みがあって、床に直に敷いてしまうとカビやすいので、ベッドの上で使うことを忘れないでください。

予算に余裕がないor床の上に直置きするなら「モットン」

モットンはお手頃な価格ながらも、価格に対するコスパが高く、また床への直置きでも、ベッドの上にでも置いて使えるオールラウンダー的なマットレスです。マットレスが初めてという方なら、モットンがおすすめです。

\今だけ?増税前と同じ価格で販売中
お得に購入
公式サイト
➤モットンの口コミ評判はこちら

迷った方や初心者は「モットン」がおすすめ

このページのまとめ
  • モットンと13層やすらぎは構造が全く異なる
  • どちらにすべきかは目的で選ぶ
  • 予算に余裕がある&ベッドの上で使うなら「13層やすらぎ
  • 予算に余裕がないor床の上に直置きするなら「モットン
マットレス初心者や迷っている方なら、返金保証・硬さ交換可能でコスパの良い「モットン」がおすすめ。

モットンなら90日間の返金保証と、硬さの交換制度があるので、安心して購入できます。マットレス選びに迷っている方や、マットレス初心者の方は、ぜひモットンを試してみてください。

【腰痛対策】モットン

39,800円
硬■■■□□□□柔:超固め,硬め,やや硬め
\おすすめポイント/
  • 腰痛持ちに人気
  • 90日間返金保証
  • 体重に合わせて3つの硬さから選べる(体圧分散↑ 寝返り↑)
マットレス総合1位
腰痛対策マットレス1位
高反発マットレス1位
評判: 5 out of 5 stars (5.0 / 5)
体圧分散: 5 out of 5 stars (5.0 / 5)
寝返り: 5 out of 5 stars (5.0 / 5)
耐久性: 5 out of 5 stars (5.0 / 5)
通気性: 4.3 out of 5 stars (4.3 / 5)
安さ: 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

モットンは日本で唯一、自分の体重に合わせて硬さを3種類から選べる高反発マットレスです(体圧分散↑ 寝返り↑ 腰痛対策◯)。

モットンは体圧分散が高い

8万回の耐久テストをクリアするほどヘタりにくく、10年間寝心地がほぼ変わらずに使用し続けられる性能なため、換算するとたった1日約11円の費用(コスパ↑)。

モットンのマットレスは日本製ながらも、ネット通販のみで販売し人件費を極限に抑えたことで、シングルサイズを4万円で実現(値段の安さ↑)。

モットンの値段

また、長期返金・返品保証が付いているため、90日間実質無料で試しに寝てみることができます(安心◯)。

モットンに寝てみた

腰痛持ちの方から、はじめて高反発マットレスを購入する方まで、幅広く当サイトでおすすめしています。

モットンの公式サイトに進む

\こんな人におすすめ/
  • とりあえず良いもの選びたい人
  • 腰痛持ちの方
  • 体重の重い人もOK
  • 試してみたい方
動画で寝心地を確認する
ツイッターの口コミを表示
価格 39,800円
分割払い 3,300 円 / 月 ※12ヶ月計算
寝具の種類 高反発マットレス
使い方 床に敷く/ベッドマットレス
厚さ 10cm
硬さ 硬 ■■■□□□□ 柔(超固め,硬め,やや硬め)
寿命 5〜10年
保証 90日間返品保証
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

\LiNEでキャンペーンに参加/

LINE@ではマットレス選びのご相談や、マットレスのお得な最新キャンペーン情報をお届けしています。

addfriends_ja

line@追加コード

マットレスの基礎知識

マットレスの種類

マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイル ボンネルコイル
ポケットコイル解説図 ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。 ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。
高反発 低反発
高反発ウレタン解説図 低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。 低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。

構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。

種類 体 圧 分 散 寝 返 り 耐 久 性 通 気 性 安 さ 軽 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方

当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

マットレスの硬さ診断はこちら

サイズの選び方

1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。

使い方の種類
マットレスの使い方の種類解説
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
床置薄型マットレスとは

床置き薄型マットレス

床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。→おすすめ薄型マットレス

ベッドマットレスとは

ベッドマットレス

ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。→おすすめベッドマットレス

マットレストッパーとは

マットレストッパー

マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。→おすすめマットレストッパー

マットレスと敷布団の違い

どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。

体圧分散とは

体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。

ローテーションとは

ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?

高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?

店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。

重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧

何万円のマットレスを購入すればいいの?

安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。➤コスパの高いマットレスランキング

高級なマットレスの購入が怖いです

マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧

ご相談フォーム

眠活では、マットレスや枕などの寝具選びに関するご相談にお答えしています。ご自身の体調と、購入に迷っている寝具の種類をお伝えいただけますと、あなたに合った寝具をご紹介します。

※製品の不具合に関するお問い合わせに関しましては、各メーカーへのお問い合わせをお願いいたします。

モットン 0120-740-771
エムリリー 03−3660−5200
雲のやすらぎ 03-6418-4875
マニフレックス 03-5410-4137