マットレスを選ぶ

高齢者のマットレスの選び方・おすすめランキング

このページでは、高齢者がマットレスを選ぶときのポイント2つと、高齢者におすすめのマットレスをランキング形式で紹介いたします。

腰痛が最近ひどい、体の歪みが少しきになる、おばあちゃん・おじいちゃんにマットレスをプレゼントしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

高齢者のマットレスの選び方

高齢者がマットレスを選ぶときのポイントを2つ紹介していきます。

選び方1:きれいな姿勢で眠れるもの

高齢になるほど、腰痛を始めとした体の痛みや歪み(ゆがみ)が気になってきますよね。

睡眠時間が8時間だとすると、人生の1/3は寝ているということであり、横の姿勢でいるということです。長期間に渡って質の悪いマットレスで寝ていると、体が歪み、疲れが取れず、腰や首に負担がかかり続けます。

体の負担を抑えるためにも、寝ている姿勢がキレイに保たれるマットレスを選ぶ必要があります。姿勢をキレイに保つには、自分の体重に対して、沈み具合(反発力)が適度になるものを選びましょう。

マットレスで沈み具合(反発力)は「ニュートン」という表記がされます。下記のように自分の体重を目安にして、自分にあった沈み具合(ニュートン)を選びましょう。

  • 体重が50kg以下:60ニュートン
  • 体重50~80kg :150ニュートン前後
  • 体重80~100kg:180ニュートン前後
  • 100kg以上  :200ニュートン

選び方2:少しゆとりのあるサイズを選ぶ

高齢者になると睡眠が浅くなる傾向があります。より深い睡眠をとるためにも、横の幅が広いマットレスを選ぶようにしましょう。

日本生理人類学会誌の研究論文「マットレスの幅が睡眠に及ぼす影響」によれば、「寝返りのしやすさ」「寝心地」「寝付きやすさ」において、幅の狭いマットレスよりも、幅にゆとりのあるマットレスで寝たほうが高いという報告があります。

1人で寝るなら「シングル」か「セミダブル」

セミシングル・シングル・セミダブルの違い

2人で寝るなら「クイーン」サイズ

ダブルサイズとクイーンサイズの違い

1人で寝るなら「シングル」か「セミダブル」、2人で寝るなら「クイーン」サイズを選びましょう。

高齢者におすすめのマットレスランキング

高齢者がマットレスを選ぶポイントをまとめると次のようになります。

  • 自分の体重にあった反発力(ニュートン)を選ぶ
    • 体重が50kg以下:60ニュートン
    • 体重50~80kg :150ニュートン前後
    • 体重80~100kg:180ニュートン前後
    • 100kg以上  :200ニュートン
  • 少しゆとりのあるサイズを選ぶ
    • 1人で寝る場合:シングル/セミダブル
    • 2人で寝る場合:クイーン

上記のポイントをもとにした、マットレスのランキングを紹介いたします。

1位:13層やすらぎマットレス

価格 98,000円
耐久性 6~10年
寝具の種類 高反発&ポケットコイルマットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 27cm(ベッドマットレス)

2位:マニフレックス

価格 95,040円
耐久性 5~10年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブルワイドダブルクイーン
厚さ(高さ) 22cm(ベッドマットレス)
\お得に購入するなら/
公式ページ
マニフレックスの口コミ

3位:腰痛対策モットン

価格 39,800円
耐久性 5〜8年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 10cm(ベッドマットレス/床置き)
\2万円お得に購入可能!/
公式ページ
腰痛対策モットンの口コミ

4位:雲のやすらぎプレミアム

価格 39,800円
耐久性 5~10年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 17cm(床置き/ベッドマットレス)

5位エムリリー優反発シリーズ

価格 29,980円
耐久性 5~8年
寝具の種類 高反発&低反発マットレス
サイズの種類 セミシングルシングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 11cm(床置き/ベッドマットレス)

6位オクタスプリング

価格 19,800円
耐久性 3~5年
寝具の種類 高反発マットレス
サイズの種類 シングルセミダブルダブル
厚さ(高さ) 7cm(床置き)

       
«
»
X
\LINEで寝具相談受け付け中/

身長や体重を入力するだけで、あなたにピッタリのマットレスを紹介します❗

addfriends_ja
line@追加コード