マットレスおすすめメーカーブランド15社比較ランキング

日本ベッドヘッダーバナー

寝心地の良いマットレスを探そうとしても、amazonや楽天などの通販サイトには種類がたくさんあり、どれが有名なブランドで、人気のものなのか分かりづらいですよね。

このページでは、マットレスの有名メーカー・ブランドを日本・海外それぞれで紹介し、最後に寝心地とコスパを考慮したランキングで製品を解説していきます。

寝心地が良く、安心して購入できるマットレスをお求めの方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本の人気マットレスメーカー

日本の人気の高い老舗マットレスメーカーといえば、日本ベッド、東京ベッド、フランスベッドがあります。上記3つは10万円以上の種類がほとんどで、高級マットレスの部類に入ります。

その他にも日本で有名なマットレスメーカーには、野球の大谷選手のCMでおなじみの東京西川、フィギュアスケートの浅田真央選手のCMで同じものエアウィーヴ、家具メーカーとして人気のニトリ、Webの口コミで人気の高いモットンがあります。

  1. 日本ベッド
  2. 東京ベッド
  3. フランスベッド
  4. 東京西川
  5. エアウィーヴ
  6. ニトリ
  7. モットン
  8. アスリープ

日本メーカー①日本ベッド

日本ベッド

日本の中でも最高品質のポケットコイルを製造・販売する日本ベッド製造株式会社。コイルの形状や質にこだわり、人が寝そべったときの体のラインに沿って反発するマットレスが特徴。

日本ベッドのマットレスのおすすめの種類はこちらで解説

種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
値段10~40万円
厚さ22~25cm
会社名日本ベッド製造株式会社
代表者名宇佐見 壽治
本社住所東京都大田区池上5-6-3
公式ページhttp://www.nihonbed.com
電話番号03-3752-3231
メールアドレスお問い合わせページ

日本メーカー②東京ベッド

東京ベッド

東京ベッドのマットレスはポケットコイルで、人気の種類でも12~15万円なので、だいたい相場の平均的な値段です。ポケットコイルの配置を工夫することで、寝姿勢や腰のサポートをし、しっかり支えられた寝心地を感じられるマットレスです。

東京ベッドのマットレスのおすすめの種類はこちらで解説

種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
値段8万~20万円
厚さ25~35cm
会社名東京ベッド株式会社
代表者名池田 一実
本社住所東京都港区六本木4丁目1番16号
公式ページhttps://www.tokyo-bed.co.jp
電話番号03-3583-8521
メールアドレスお問い合わせページ

日本メーカー③フランスベッド

フランスベッド

スプリングマットレスには「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」の2種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。寝心地はポケットコイルのほうが良いとされています。

フランスベッドはボンネルコイルに分類されるマットレスですが、独自開発した高密度連続スプリングにより、ボンネルコイルのメリット(耐久性・通気性)を最大限活かし、ボンネルコイルのデメリット(体圧分散性)を改善した、最高峰のマットレスです。

フランスベッドのマットレスのおすすめの種類はこちらで解説

種類ボンネルコイル
(高密度連続スプリング)
使い方ベッドマットレス
値段10~50万円
厚さ25~35cm
会社名フランスベッド株式会社
代表者名池田 茂
本社住所東京都新宿区西新宿6丁目22-1
新宿スクエアタワー5階
公式ページhttps://www.francebed.co.jp
電話番号03-6741-5555
メールアドレスお問い合わせページ

日本メーカー④東京西川

東京西川

医療大学と睡眠研究所の共同研究により開発された「東京西川エアー」のマットレス。野球の田中将大選手、大谷翔平選手、サッカーの三浦知良選手、ネイマール選手も愛用していて、人気の信頼の高いマットレスです。

エアーマットレスの最大の特徴は凹凸構造にあります。従来のマットレスだと人の体を面で支えていたのに対して、AiRマットレスは凸凹していて、「点」で体を支えます。

東京西川エアー(AiR)マットレスのおすすめの種類はこちらで解説

種類高反発マットレス
使い方床置き
マットレストッパー
値段4万円~15万円
厚さ8cm~9cm
会社名西川株式会社
代表者名西川 康行
本社住所東京都中央区日本橋富沢町8-8
公式ページhttps://www.airsleep.jp/
電話番号03-3664-3964
メールアドレスお問い合わせページ

日本メーカー⑤エアウィーヴ

エアウィーヴと浅田真央

浅田真央や錦織圭などが愛用して、口コミの評判も良い「エアウィーヴ」のマットレスパッド。エアウィーヴの最大の特徴が、独自開発したairfiberと呼ばれる復元性の高い素材を採用している点にあります。これにより睡眠中に自然な寝返りがサポートされて、体の疲労をじっくり回復できます。

エアウィーヴマットレスパッドのおすすめの種類はこちらで解説

種類高反発ファイバー
使い方マットレストッパー
値段5万円~15万円
厚さ3cm~8cm
会社名株式会社エアウィーヴ
代表者名高岡本州
本社住所東京都中央区八重洲2-1-6; 八重洲kビル4階
公式ページhttps://airweave.jp/
電話番号0120-824-811
メールアドレスお問い合わせページ

日本メーカー⑥ニトリ

ニトリのN-sleep

ニトリのNスリープシリーズは、1つ1つのコイルが地面に垂直に配列された「ポケットコイル」という種類のマットレスです。硬すぎず柔らかすぎない感触が口コミでも高評価を受けていて、さらにベッドマットレスとしては安いので「まさにお値段以上」とも言われています。

Nスリープマットレスのおすすめの種類はこちらで解説

種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
値段4万~10万円
厚さ20cm~40cm
会社名株式会社ニトリ
代表者名白井 俊之
本社住所札幌市北区新琴似七条一丁目2番39号
公式ページhttps://www.nitori.co.jp/
電話番号0120-330-330
メールアドレスお問い合わせページ

日本メーカー⑦モットン

モットン

どのサイトでもランキング上位で紹介されているほど人気の高い、高反発マットレス「モットン」。現役32年間、中日ドラゴンズで活躍してきた球界のレジェンド「山本昌」さんも愛用していることでも話題です。

モットンは1人1人が、自分に合った硬さ=沈み込み具合のマットレスに出会えるように、体重に合わせて3種類の硬さから選べるようになっています。この3種類から硬さを選べるという点が、モットンと他のマットレスとの大きな違いです。

モットンの口コミ評判はこちらでまとめています

種類高反発マットレス
使い方床置き
値段4万円~6万円
厚さ10cm
会社名株式会社グリボー
代表者名高橋諒
住所福岡県福岡市中央区天神3-8-13 Great leapビル303
公式ページhttps://motton-japan.com
電話番号0120-740-771
メールアドレスcustomer@motton-japan.com

日本メーカー⑧アスリープ

アスリープ

アスリープマットレスの最大の特徴は、ファインレボという独自素材にあります。一般的なマットレスは、コイルマットレスやウレタンマットレスが主流ですが、ファインレボは、コイルよりも寝返り性能を上げ、体圧分散を高め、30年の耐久性を持ち、ウレタンの欠点である温度変化も克服した素材です。

アスリープマットレスの種類と口コミ評判はこちらで解説

種類低反発ジェルマットレス
使い方ベッドマットレス
値段8万~20万円
厚さ20cm~30cm
会社名アイシン精機株式会社
代表者名伊勢 清貴
住所愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
公式ページhttp://www.aisin-asleep.com/
電話番号0566-24-8650
メールアドレス問い合わせページ

海外の人気マットレスメーカー

海外で人気のマットレスメーカーといえば、世界の一流ホテルが認めるアメリカの「3S」ブランド。3Sは「Simmons – シモンズ」「Searly – シーリー」「Searta – サータ」の3ブランドからなります。

またコスパが高いと人気のエムリリーとマニフレックス、最近SNSで人気のコアラマットレス、アメリカ航空宇宙局NASA公認のテンピュールマットレスが連なります。

  1. シモンズ(アメリカ)
  2. シーリー(アメリカ)
  3. サータ(アメリカ)
  4. エムリリー(デンマーク)
  5. マニフレックス(イタリア)
  6. コアラマットレス(オーストラリア)
  7. テンピュール(アメリカ)

海外メーカー①シモンズ(アメリカ)

シモンズ

シモンズのベッドマットレスは、コイルが独立したポケットコイルマットレスという種類になります。ポケットコイルは一般的に、通気性・体圧分散・耐久性が高く、寝心地も良いので高級です。

シモンズのポケットコイルは、強度の高いピアノ線に近い硬鋼線で、元の状態から40%も圧縮しているので、より弾性力が高まり、からだをしっかり支えます。

シモンズのベッドマットレスの種類と口コミ評判はこちらで解説

種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
値段15万~50万円
厚さ30cm~40cm
会社名シモンズ株式会社
代表者名伊藤正文
住所東京都港区芝浦4丁目5番4号
公式ページhttps://www.simmons.co.jp/
電話番号0120-316-066
メールアドレス問い合わせページ

海外メーカー②シーリー(アメリカ)

シーリー

シーリーのマットレスは、独自技術のポスチャーテックコイルによって、かかる圧力ごとにバネの反発力が変化します。直線状に連結したコイル同士が面で支える感触になってしまう一般的なボンネルコイルと違って、ポケットコイルのように点で支える力が働きます。

シーリーのマットレスは体のラインにそっって、1つ1つのコイルが沈み込むので、体圧分散が高いマットレスとなっています。

シーリーのマットレスの種類や口コミ評判はこちらで解説

種類ボンネルコイル
(ポスチャーテックコイル)
使い方ベッドマットレス
値段8~22万円
厚さ30cm~40cm
ライセンス元テンピュール・シーリー・インターナショナル
会社名株式会社スリープセレクト
(元 シーリージャパン)
代表者名西村秀之
住所東京都港区北青山2-13-5青山サンクレストビル2F
公式ページhttps://sealy-jp.com/mattress/
電話番号03-5413-6600
メールアドレス問い合わせページ

海外メーカー③サータ(アメリカ)

サータ

アメリカに人気マットレスブランド3Sの1つ「サータ(Serta)」。サータは全米売上No.1のマットレスです。アメリカだけでなく日本でも一流ホテルで採用されていて、その寝心地からついつい感動のツイートをしてしまうほど。日本でも耐久性が高い、寝心地が良いという評判が多くあります。

サータのマットレスの種類と口コミ評判はこちらで解説

種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
値段12万~35万
厚さ30~40cm
ライセンス元サータ社(アメリカ)
会社名ドリームベッド株式会社
代表者名小出克己
住所広島県広島市西区己斐本町3-12-39
公式ページhttps://sealy-jp.com/mattress/
電話番号0120-652-231
メールアドレス問い合わせページ

海外メーカー④エムリリー(デンマーク)

エムリリー

エムリリーはマンチェスター・ユナイテッド(世界的なサッカーチーム)の公式寝具パートナーの会社です。

特徴的なのが、低反発でも高反発でもない、両方のメリットを持ち合わせた独自の優反発素材です。ふわっと体を包みながらも、しっかり体を支える素材と構造により最高の寝心地を生み出します。価格も比較的安価で、コスパが高いマットレスとしても評判が高いです。

エムリリーマットレスの種類と口コミ評判はこちらで解説

種類優反発&高反発の2層構造
使い方マットレストッパー
床置き
値段1.5万円~4.5万円
厚さ5cm / 8cm / 11cm
会社名Mlily USA
販売代理店株式会社新陽トレーディング
代表者名楊 盛良
本社住所東京都中央区日本橋小舟町
13-10 日本橋吉橋ビル3F
公式ページhttp://tobest.jp/shop/smartfoam/
電話番号03−3660−5200
メールアドレスinfo@tobest.xb.shopserve.jp

海外メーカー⑤マニフレックス(イタリア)

マニフレックス

腰痛や寝起きの疲れは、睡眠中の姿勢が悪いため、体の同じところに負担がかかるから。

マニフレックスが独自に研究開発した「エリオセル」という素材は、マットレスの上で横になると、背中・腰・お尻にかけて自然なカーブを維持するように適度に反発します。

またエリオセル素材によって、通気性が他社と比べて抜群に高く、ムレが起きにくき溜め、熟睡することができます。

マニフレックスマットレスの種類と口コミ評判はこちらで解説

種類高反発マットレス
使い方ベッドマットレス
値段4万~15万円
厚さ16~23cm
会社名マニフレックス(イタリア)
販売代理店株式会社フラグスポート
代表者名山根崇裕
本社住所東京都港区北青山3-5-5
公式ページhttps://www.magniflexk.com
電話番号03-5410-4137
メールアドレスinfo@magniflex.jp

海外メーカー⑥コアラマットレス(オーストラリア)

コアラマットレス

コアラマットレスの最大の特徴は、上層が低反発、下層が高反発のハイブリッド型な点です。この二層構造によって、適度に沈み込み体の負担を分散させつつ、綺麗な寝姿勢をサポートします。コアラマットレスの寝心地の土台はこの構造のおかげです。

コアラマットレスの口コミ評判はこちらで解説

種類低反発&高反発マットレス
使い方ベッドの上に置く
値段70,000円
厚さ23cm
会社名Koala Sleep Pty Ltd
(オーストラリア本社)
日本窓口Koala Sleep Japan 株式会社
代表者名ダニエル・ミルハム
住所東京都港区六本木1−4−5
アークヒルズ サウスタワー 16階
公式ページhttps://jp.koala.com
電話番号03-4589-5809
メールアドレスsupport.jp@koala.com

海外メーカー⑦テンピュール(アメリカ)

テンピュールマットレス

テンピュールはNASAの公式認定を唯一受けた「テンピュール素材」という独自開発の素材を使用しています。テンピュールは大まかに2層構造になっていて、1層目が低反発、2層目が高反発です。2層構造によって、低反発と高反発のメリットの良いとこ取りを実現しています。

一般的な高反発・低反発ウレタン素材と比べて、テンピュールマットレスは、低反発と高反発の2層構造により、体圧分散しつつも、寝姿勢をキープする「サポート力」に優れています。

テンピュールマットレスの種類と口コミ評判はこちらで解説

種類低反発マットレス
使い方ベッドマットレス
値段20万円~30万円
厚さ20cm~30cm
ライセンス元テンピュール・シーリー・インターナショナル
会社名テンピュール・シーリー・ジャパン 有限会社
代表者名木村信也
本社住所兵庫県神戸市中央区伊藤町119 大樹生命神戸三宮ビル13F
公式ページhttps://jp.tempur.com/
電話番号078-335-2277
メールアドレス問い合わせページ

おすすめマットレスメーカーランキング

ここまでで紹介してきたマットレスメーカーの代表製品を、3つの使い方ごとでランキングにして紹介していきます。

使い方3つの違いは次の画像を御覧ください。

マットレスの使い方の種類解説

ベッドマットレスメーカーランキング

1位【コスパ最高】マニフレックス|高反発ベッドマットレス

価格39,204円
寝具の種類高反発マットレス
使い方ベッドマットレス
厚さ16cm
硬さ硬 □□■□□□□ 柔
耐久性12~15年
保証12年品質保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルワイドダブルクイーン
\こんな人におすすめ/
  • 低コスト重視
  • 腰痛持ちの方
  • マットレス選びに迷っている方
マニフレックスは高反発マットレスでありながらも、硬すぎず柔らかすぎない寝心地のマットレス。耐久性が高く、12年間の品質保証もついており、購入当時の寝心地を長く感じられます。

また、高反発マットレスの唯一の欠点である通気性も克服。スプリング系のベッドマットレスと違って軽いので、お年寄りや腰痛持ちでも手入れしやすいのも魅力です。
マニフレックスの口コミ
関連記事

2位【ニトリ製品】Nスリープ|ベッドマットレス

価格39,900円
寝具の種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
厚さ29cm
硬さ硬 □□□■□□□ 柔
耐久性6~8年
保証30年品質保証・30日間返品保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーン
ニトリが製造しているNスリープマットレス。上下硬さの異なるポケットコイルが2層で寝心地を生み出しています。ニトリの合言葉である「お値段以上」を実現していて、ベッドマットレスの中では比較的安い値段設定にもかかわらず、寝心地が良い上、30年の品質保証と30日間の返品保証がついている、購入に安心感のあるマットレスです。
関連記事

3位【最近話題】コアラマットレス|高反発ベッドマットレス

価格69,980円
寝具の種類高反発マットレス
使い方ベッドマットレス
厚さ23cm
硬さ硬 □□□■□□□ 柔
耐久性10〜15年
保証10年間品質保証・120日間返品保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーン
2層構造で上層がソフトウレタン、下層がハードウレタンになっているコアラマットレス。硬さの異なる2層構造に加えて、腰の部分を少しやわらかくすることで体のラインとマットレスが密着し高い体圧分散を実現。また独自技術のクラウドセル素材で、ウレタンの欠点である通気性もクリア。10年間の品質保証だけでなく、120日間のお試し期間もあるので、とりあえず寝てみることができます。
コアラマットレスの口コミ

4位【世界最高級】シモンズマットレス

価格167,400円
寝具の種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
厚さ30~40cm
硬さ硬 □□■□□□□ 柔
耐久性10〜15年
保証2年間品質保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーンキング
高級なマットレスブランドの中でもトップクラスのポケットコイル技術を持つ「シモンズマットレス」。ポケットコイルの耐久性もトップクラスで10年以上は、購入当時と同じような寝心地を感じられます。上質なマットレスで睡眠の質を向上させたい方におすすめです。
関連記事

5位【日本製の最高峰】フランスベッドマットレス|ボンネルコイル

価格124,200円
寝具の種類ボンネルコイル(高密度連続スプリング)
使い方ベッドマットレス
厚さ25~35cm
硬さ硬 □■□■□□■ 柔
耐久性8〜12年
保証2年間品質保証
サイズの種類セミシングルシングルセミダブルダブルクイーン
フランスベッドはボンネルコイルに分類されますが、ボンネルコイルの欠点を克服したマットレスです。独自技術の高密度連続スプリングにより、本来、面で支えるボンネルコイルの働きを、点で支える働きに近づけます。ボンネルコイルの通気性・耐久性・寝返りのしやすさを残しつつ、ポケットコイルの体圧分散性能を取り入れた、寝心地の良いマットレスです。
関連記事

6位【高性能ボンネルコイル】シーリーマットレス

価格150,000円
寝具の種類ボンネルコイル
使い方ベッドマットレス
厚さ30~40cm
硬さ硬 □□■□□□□ 柔
耐久性8〜10年
保証2年間品質保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルワイドダブル
シーリーマットレスはの種類はボンネルコイルに属しますが、重みに応じて反発力の変わるポスチャーテックコイルで、点に近い支え方をするので、ボンネルコイルの耐久性・寝返りのしやすさと、ポケットコイルの体圧分散を取り入れたトップクラスのマットレスです。腰痛持ちの方におすすめのブランドです。
シーリーマットレスの口コミ
関連記事

7位【腰痛対策】サータマットレス

価格167,400円
寝具の種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
厚さ30~40cm
硬さ硬 □□□■□□□ 柔
耐久性8〜12年
保証2年間品質保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーンキング
体の一番重い腰を支えるマットレス部分を硬めにし、コイルの密度が高くなるよう交互配列にしたことで、体圧分散を向上。腰への負担が小さいので腰痛対策のマットレスとしても良いです。高級ブランドの3S(サータ・シモンズ・シーリー)の中で最もコイルの耐久性が高いのがサータマットレスです。
関連記事

8位【高品質コイル】日本ベッドマットレス

価格150,000円
寝具の種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
厚さ22~25cm
硬さ硬 □■□■□■□ 柔
耐久性4〜6年
保証2年間品質保証
サイズの種類セミシングルシングルセミダブルダブルクイーンキング
日本ベッドのマットレスは、1200個ものポケットコイルを使用して、しっかりと体を受け止め、細かな動きに反応し、体圧分散の高いマットレス。詰め物にほとんど頼らず、コイルで寝心地を生み出す高級ブランドです。
関連記事

9位【腰痛対策】東京ベッドマットレス

価格156,000円
寝具の種類ポケットコイル
使い方ベッドマットレス
厚さ26cm
硬さ硬 □□■□□□□ 柔
耐久性6~8年
保証2年品質保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルワイドダブル
東京ベッドのマットレスは、腰の位置のポケットコイルを硬めにしているのが特徴。腰の沈み込みを抑えることで、寝姿勢がきれいになり、寝返りもしやすくなります。腰痛対策に向いているマットレス構造です。また、マットレスの端も硬めのコイルにしているので、端で落ち込みが起きず、睡眠の取れる有効面積が広く取れます。
関連記事

10位【独自素材】アスリープ ASLEEP

価格173,300円
寝具の種類低反発マットレス
使い方ベッドマットレス
厚さ25cm
硬さ硬 □□□□■□□ 柔
耐久性6~10年
保証2年間品質保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルワイドダブルクイーン
アスリープはウレタンでもコイルでもないファンレボという独自素材を使用したマットレス。スプリングとは違い、縦方向以外のヨコからナナメの圧力にも反発するので、人の細かな体格や動きに反応します。体圧分散が高く、反発力もあって寝返りがしやすく、寝姿勢も綺麗になるマットレスです。
関連記事

11位【NASA公認】テンピュールマットレス|低反発&高反発

価格190,000円
寝具の種類低反発&高反発マットレス
使い方ベッドマットレス
厚さ21~30cm
硬さ硬 □□□□■□□ 柔
耐久性10〜15年
保証10年間品質保証・60日間返品保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーン
テンピュールマットレスは、独自のテンピュール素材を使用した2層構造のマットレスです。上層が体圧分散を高める柔らかめのテンピュール素材、下層が寝姿勢や寝返りをサポートする硬めの高反発素材になっています。耐久性はトップクラスで10年~20年は購入当時の寝心地のまま。10年保証もついているので安心してお使いいただけます。
関連記事

床置き薄型マットレスメーカーランキング

1位【腰痛対策】モットン|高反発マットレス

価格39,800円
寝具の種類高反発マットレス
使い方床に敷く/ベッドマットレス
厚さ10cm
硬さ硬 □■■■□□□ 柔
耐久性5〜8年
保証90日間返品保証
サイズの種類シングルセミダブルダブル
\こんな人におすすめ/
  • 腰痛持ちの方
  • 体重の重い人でもOK
  • マットレス選びに迷っている方
  • とりあえず試してみたい方
モットンは体重ごとに設計された3種類の硬さからマットレスを選ぶので、適度な沈み込みと反発力で、体圧分散が高く、寝姿勢がきれいになります。90日間お試しで使用でき、もし自分に合わなければ無償で返品ができるので安心。腰痛や肩こりでお悩みの方におすすめ。
モットンの口コミ
関連記事

2位【コスパ最高】エムリリー優反発マットレス

価格29,980円
寝具の種類高反発&低反発マットレス
使い方床に敷く/ベッドマットレス
厚さ11cm
硬さ硬 □□□■□□□ 柔
耐久性4~6年
保証3年品質保証
サイズの種類セミシングルシングルセミダブルダブル
\こんな人におすすめ/
  • 低コスト・コスパ重視
  • 肩こりで悩んでいる方
  • マットレス選びに迷っている方
エムリリー優反発は、高反発の寝返りのしやすさと、低反発の体圧分散のいいとこ取りをした、独自素材「優反発」を使用したマットレス。2層構造になっていて、上層の優反発で体圧を分散し、下層の高反発で綺麗な寝姿勢をキープ。低価格ながらも4年は使える耐久性で、かつ寝心地が良いので、コスパが高いマットレスです。コスパ重視、肩こりで悩んでいる方におすすめ。
エムリリー優反発マットレスの口コミ

3位【高性能】東京西川エアー|高反発マットレス

価格38,000円
寝具の種類高反発マットレス
使い方床に敷く/ベッドマットレス
厚さ8cm
硬さ硬 □■□□□□□ 柔
耐久性6〜8年
保証保証なし
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーン
東京西川のエアーマットレスは、他のマットレスにはない、凹凸構造と3層構造に技術が集約されています。上2層で点で支える耐圧分散効果を発揮し、下層でしっかり寝姿勢をサポートする役割を果たします。ウレタンフォームの欠点えあった通気性も、凹凸や通気口によって解決しています。エアーマットレス1枚だけでも、マットレスに重ねても十分な寝心地を生み出すマットレスです。
関連記事

マットレストッパーメーカーランキング

1位【コスパ最高】エムリリーエコヘルスシリーズ|マットレストッパー

価格14,980円
寝具の種類低反発&高反発マットレス
使い方マットレストッパー
厚さ5cm
硬さ硬 □□□□■□□ 柔
耐久性5年
保証1年間品質保証
サイズの種類セミシングルシングルセミダブルダブル
\こんな人におすすめ/
  • 腰痛持ちの方
  • 低コスト・コスパ重視
  • マットレス選びに迷っている方
  • 肩こりで悩んでいる方
エムリリーエコヘルスのマットレスの特徴は2層構造にあります。上層が柔らかい低反発、下層が硬めの高反発で、適度な沈み込みをし、しっかりとした寝姿勢のサポートをします。だいたいのマットレストッパーは2,3年でヘタってしまいますが、エムリリーエコヘルスは5年ほどは購入時と同様の寝心地を維持します。コスパ重視の方、マットレス選びに迷っている方におすすめ。
エムリリーエコヘルスシリーズの口コミ

2位【低反発の定番】トゥルースリーパープレミアケアプラス|マットレストッパー

価格34,800円
寝具の種類低反発&高反発マットレス
使い方マットレストッパー
厚さ5cm
硬さ硬 □□□□□■□ 柔
耐久性2〜3年
保証1年間交換保証・60日間返品保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーン
\こんな人におすすめ/
  • 寝心地重視
  • 痩せ型の人
  • 夫婦2人で寝たい方
トゥルースリーパーはネットやテレビで人気の低反発のマットレストッパー。低反発素材の中でも体圧分散に優れたウルトラ ヴィスコエラスティックを採用し、現在使用している寝具に重ねるだけで寝心地を向上させます。60日間返品保証もついているので、安心して購入できると人気があります。寝心地重視の方、夫婦2人で寝たい方におすすめ。
関連記事

3位【浅田真央選手でお馴染み】エアウィーヴ

価格64,800円
寝具の種類高反発マットレス
使い方マットレストッパー
厚さ6cm
硬さ硬 □□■□□□□ 柔
耐久性3~4年
保証3年間品質保証
サイズの種類シングルセミダブルダブルクイーンキング
エアウィーヴマットレスは、独自素材のエアファイバーを使用し、從來のウレタン素材の欠点であった、通気性の悪さ、水洗いできない不衛生さを解決。体圧分散と反発力もあり、浅田真央選手や錦織圭選手から始まる一流スポーツ選手も愛用しています。現在使用しているマットレスや敷布団の上にエアウィーヴを重ねるだけで、睡眠の質を向上させます。
関連記事
カツミン

マットレスが決まりませんか?こちらの「マットレスおすすめランキング」を参考にしてみてください。約3,000個のマットレスから選びました。

\失敗しない選び方を解説/
おすすめマットレスランキングバナー

マットレスの基礎知識

マットレスの種類
マットレスには主に次の4つの種類があります。

ポケットコイルボンネルコイル
ポケットコイル解説図ボンネルコイル解説図
ポケットコイルは、独立したコイル1つ1つが地面に垂直に並べられた、体を点で支える寝心地良い高級マットレス。ボンネルコイルは、コイル同士で連結して、体を面で支える安い硬めなマットレス。
高反発低反発
高反発ウレタン解説図低反発ウレタン解説図
高反発はウレタン素材の硬めで反発力が高く、体を泡で支えるマットレス。低反発はウレタン素材の柔らかめで反発力の小さく、体を泡で包み込むような寝心地のマットレス。


構造や素材の違いから、次のように寝心地が変わります。
種類体 圧 分 散寝 返 り耐 久 性通 気 性安 さ軽 さ
コイル
ポケットコイル
ボンネルコイル
ノンコイル
高反発
低反発


高反発ランキング
低反発ランキング
ボンネルコイルランキング
ポケットコイルランキング
硬さの選び方
  • 【硬め】体格の良い方/体重の重い方
  • 【少し硬め】とりあえず寝心地良いもの/男性/腰痛/仰向けで寝る方/ぽっちゃり女性/高齢者
  • 【普通】横向きに寝る方/女性
  • 【柔め】痩せ型の方
当サイトでは、硬さを次のようなステータスで表記しています。もし自分が選ぶべきマットレスが分からなかったら、少し硬めのマットレスを選ぶのがおすすめです。

硬め □□■□□□□ 柔め
※硬さが選べる製品は■が複数付いています

サイズの選び方
1人用が「セミシングル」「シングル」「セミダブル」、2人用が「ダブル」「クイーン」、親子用が「キング」です。サイズが大きくなると値段も上がります。予算に余裕があれば、横幅の広いものを選ぶと寝返りがしやすくて、快適に眠れます。
使い方の種類
  • 【トッパー】現在使用している敷布団やマットレスに重ねて使用する厚さ3~10cmのマットレス。
  • 【床置き】床に直接敷いて底付き感なく眠れる厚さ8~15cmのマットレス。
  • 【ベッドマットレス】底付き感が全くなく寝心地の高い厚さ15~30cmのマットレス。通気性をよくするためにベッドフレームやすのこベッドの上に置いて使う
マットレスの使い方の種類解説
床置薄型マットレスとは
床置マットレスとは、厚さ8~15cm程度の薄型マットレスです。ある程度の厚さなので、寝そべっても底付き感はなく、直接床に敷いて使用しても通気性を気にする必要がなく、折り畳んで押入れにしまったりできます。
ベッドマットレスとは
ベッドマットレスとは、ベッドフレームやすのこベッドの上に重ねて使用する、厚さ15~30cmの厚型マットレスです。厚いので底付き感がなく、マットレス内部は複雑な構造をしていて寝心地が高いです。厚い分、マットレス内の通気性を高めるために、直接床に敷くのではなく、必ずベッドフレームの上に敷いて使いましょう。
マットレストッパーとは
マットレストッパーとは、現在使用している敷布団やマットレスの上に重ねて使用する、厚さ3~10cm程度の薄型マットレスです。現在の寝具の上に重ねることで、体圧分散を向上させたり、寝心地を良くしたり、下のメインの寝具の耐久性を高めたりします。
マットレスと敷布団の違い
どちらも寝具としては共通ですが、素材に大きな違いがあります。マットレスの素材はコイルやウレタンで基本的に底付き感がなく、敷布団の素材は木綿や羊毛で床の硬さを感じやすいです。また一般的に、マットレスは洗ったり天日干しが不可能で、敷布団は洗ったり天日干しができます。從來の日本では敷布団が主流でしたが、近年は寝心地の良いマットレスのほうが主流になってきています。
体圧分散とは
体圧分散とは、寝姿勢で体の一部にかかる圧力を、体の全身に分散させる能力を指します。
ローテーションとは
ローテーションとは、マットレスの前後裏表の向きを2,3ヶ月に1回変えることで、マットレスの一部にかかる負担を分散して、マットレスの耐久性を高める手入れのこと。

よくある質問

高反発と低反発はどっちが良い?
高反発と低反発の2つで迷われる方も多いですが、ご自身の状況によっておすすめな種類が変わります。

●寝具を床まはたベッドに置く
必ず高反発にしましょう。低反発の場合、ふんわりして寝心地良さそうに思いますが、実は寝返りがしづらい点、寝姿勢が崩れる点によって、睡眠に悪影響を与えます。

●寝具に重ねる(今の寝具が硬い場合)
現在使用している寝具がボンネルコイルや、高反発マットレスで硬いと感じ、その上に重ねるマットレストッパーをお探しなら「低反発」で寝心地が上がります。

●寝具に重ねる(今の寝具が普通〜柔らかい場合)
柔らかめの寝具の上に、マットレスを重ねないようにしましょう。本来の寝姿勢が維持されずに腰痛になります。寝具を買い替えることを強くおすすめします。
高反発とポケットコイルはどっちが良い?
寝心地が良いマットレスの種類「高反発」と「ポケットコイル」で選ぶときに迷いますね。この2つは値段によって、どっちのほうが寝心地が良いかが変わってきます。なので予算によって種類を選びましょう。
予算が3~7万円であれば高反発ウレタン、予算が8万円以上であればポケットコイルを選ぶのがおすすめです。
店舗で寝てみるまで買わないほうが良い?
店舗で寝心地の良さを感じて購入しても失敗するケースが多くあります。ちょっと寝てみたら「寝心地が良かったから」という理由で購入するのは危険です。


重要なのは入眠時の寝心地よりも、長時間寝て朝起きたときの気持ちよさや体の軽さ。2~3ヶ月のお試し期間の付いているマットレスを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
何万円のマットレスを購入すればいいの?
安いものだと5,000円、高いものだと30万円のマットレスがあり、1日の3分の1を過ごす睡眠だから数十万円出すべきか、それとも3万円でもそこそこの寝心地を味わえるのか、選ぶときにかなり迷いますよね。

床置きのマットレスなら3~8万円、ベッドマットレスなら8~20万円、マットレストッパーなら1~3万円の間で、予算との相談をしながら購入しましょう。迷われる方は、4~5万円ほどのマットレスがベストです。
コスパの高いマットレスランキング
高級なマットレスの購入が怖いです
マットレスの中には、2~3ヶ月、お試しで使用できる製品があります。高級なマットレスを選ぶのであれば「返金保証」「お試し期間◯◯日」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。(➤返金保証のついた長期間お試しできるマットレス一覧
マットレス選びの相談をしたいです...
1人1人違う骨格、体重、体の悩み、好みのマットレスの硬さ、予算、、、自分にあったマットレスを選ぶのは素人だと至難の業。3,000個を超えるマットレスを調べてきた私にぜひ、お気軽にご相談ください。※24時間以内にご返信いたします。

\LINEで寝具相談/

addfriends_ja
line@追加コード
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • 記事タイトル: マットレスおすすめメーカーブランド15社比較ランキング
  • 記事URL: https://min-katsu.com/mattress/mattress-select/3052/

ご相談フォーム

眠活では、マットレスや枕などの寝具選びに関するご相談にお答えしています。ご自身の体調と、購入に迷っている寝具の種類をお伝えいただけますと、あなたに合った寝具をご紹介します。

※製品の不具合に関するお問い合わせに関しましては、各メーカーへのお問い合わせをお願いいたします。

モットン0120-740-771
エムリリー03−3660−5200
雲のやすらぎ03-6418-4875
マニフレックス03-5410-4137